ミュンヘン空港「ルフトハンザ ビジネスラウンジ」(T2/K11ゲート)と「エスプレッソ自販機」

ルフトハンザ 「ビジネスラウンジ」(T2/K11ゲート)

ドイツのミュンヘンで乗換をした際に、ルフトハンザ航空のラウンジを利用した。
ターミナル2のゲートK11付近にある「ビジネスラウンジ」。
ルフトハンザ ラウンジ検索

ANA SFC資格で利用できるルフトハンザのラウンジは、以下の2系統。

  • セネターラウンジ
  • ビジネスラウンジ

セネターラウンジの方が豪華。

しかし自分は今回「利用できるのはビジネスの方かな」と勘違いしていたので、ビジネスの方を使った形。

おー尿!!
(Oh,No!!)

ちゃんと事前に調べて、セネターラウンジにいけば良かったですね。

公式サイトでのラウンジ利用資格説明は以下。
ANA ミュンヘン・フランツ ヨーゼフシュトラウスラウンジ
ルフトハンザ ラウンジの種類とご利用条件

今回は、ふわっとラウンジに入ったんですよね。

当日、ミュンヘンの空港内を歩いていたら、ラウンジの案内を発見。
スターアライアンス・ゴールドのマークも入っている=SFC資格で使える。

f:id:tonogata:20180310052446p:plain:w600

お、こりゃ使えそうだな、と。
入口で搭乗券を提示。

中に入って、右がセネターラウンジ、左がビジネスラウンジ。

f:id:tonogata:20180310052715p:plain:w600

特に考えもなく、ビジネスラウンジに進む。

中は、いたって普通のラウンジ。
特に感想もなく。

f:id:tonogata:20180310052835p:plain:w600

ちょっと狭いな、と思ったけど。

f:id:tonogata:20180310052915p:plain:w600

アルコールがおいてあった。

ビールサーバーも。

f:id:tonogata:20180310052958p:plain:w600

飲み食いする気分ではなかったので、アップルジュースだけいただきましたね。

フードは、まぁ、なんかあった。

f:id:tonogata:20180310053048p:plain:w600

別段、食欲をそそるワケでもなく。

ザ・ラウンジ冷や飯という感じでしょうか。

f:id:tonogata:20180310053117p:plain:w600


座席数も少なくなく、なんか落ち着かないのでスグにラウンジを出た。


エスプレッソ自販機

ラウンジの近くに、コーヒーの自販機があった。

f:id:tonogata:20180310053215p:plain:w600

2ユーロ(260円)。

この機械は使ったことがないので、試してみることにした。
EUには、こんな感じのがよくあるのかな?

f:id:tonogata:20180310053237p:plain:w600

  1. まず一番左の機械①に2ユーロを入れる
  2. 隣の機械②でカブセルを選択(コーヒー、カプチーノ、etc)
  3. 一番右のマシンにカブセルと、紙コップをセット
  4. レバーを下げて、コーヒーかカプチーノのボタンを押す
  5. コーヒーが出てくる

なんてことはない、カプセル式のコーヒーですね。

マシンを無駄に3台も使ってる感じが、個人的には好きです。

この仕組みに3台必要か?
こんだけのスペース必要か?

っていう。

あと、ちょっと高いネ。

でも、手軽でいいネ。


そんな感じ。

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|