廉価版の「GoPro Hero」が登場、HERO6・HERO5との違いをチェック。

廉価版GoPro

f:id:tonogata:20180416221007p:plain:w400

この4月、アクションカメラ「GoPro」に廉価版が出た。
無印の「GoPro HERO」(CHDHB-501)。

【国内正規品】GoPro HERO CHDHB-501-RW

【国内正規品】GoPro HERO CHDHB-501-RW

「おっ」と思ったので、もろもろチェックにて。

ここまでアクションカメラの「GoPro」1本できたGoPro社だが、数年前から経営が悪化している。
Xiaomiへの買収が噂されたり、他社にカメラ技術をライセンス供与し始めたり、ドローン「Karma」から撤退したり・・・

そんな中、廉価版が出たということで「さもありなん」という感じだが・・・
値段が安くなるのは、大歓迎である。

自分はGoPro HERO5→6と所有してきたが・・・
今回の廉価版も気になる。

以下、個人的な感想にて。


静止画の違い

個人的にGoProのメイン用途は、静止画。
アクションカメラ本来の用途としては「動画」だが、静止画の広角撮影がしたくてGoProを使っている。

GoProは楽勝でポケットに入る、超小型の「超広角カメラ」なのだ。

それで、その静止画の性能差はどうだろうか?

静止画 HERO6 HERO5 HERO
画質 12MP 12MP 10MP
Protune ×
ナイトフォト ×
HDR形式 × ×
RAW形式 × ×
タイムラプス
ナイトラプス ×


画質的には、廉価版HEROのみ「10メガピクセル」

まぁGoProはサイズが小さい分、もともと画質がさほど良くない。
昼間の空はキレイに映り込むが暗所に弱いし、細部はやはり高級なデジカメにはかなわない。

そーゆー意味では、もはや12MPも10MPも大差ないかも。
作例とか見てみないと、分かんないけど。

あと「5」からは、「夜景モード」(ナイトフォト)がついた。
ただしGoProは暗所に弱いので、「マシになった」というレベルかな。

自分はソニーRX100M4も持っているので、夜は基本的にソチラを使う。
やはり夜景となると、レンズやチップの性能差がもろにでる。


いずれにしろ、GoProの静止画がどんな感じか。

↓は、「5」と「6」の静止画比較。
(5/6で多少色味も異なる)

www.bousaid.com


その他、以下は自分の撮った写真。
さほど画質が必要ないスナップとしては、やはり「広角」が便利。

例えば宿泊したホテルの部屋を、記念に撮っておきたい場合。
部屋の大部分をカメラに収めることができる。

f:id:tonogata:20180328232709p:plain:w600

被写体までの距離がとれない屋内は、特に広角が活きる。
サグラダ・ファミリアの内部も、ワイドに撮れる。

f:id:tonogata:20180318223427p:plain:w600

屋外でも、広角は便利。
例えばサッカースタジアム(カンプノウ)の全貌を、1枚の写真に収めたい時。

f:id:tonogata:20180324143020p:plain:w600

魚眼ライクな「ゆがみ」もでるが、それがいい味を出すこともある。
海なんかは、「丸い地球」感がでて面白い。

f:id:tonogata:20180121165228p:plain:w600

なお広角の度合いはメニューで選べる。
「ゆがみ」のでない範囲でなるべく広角で撮る設定もある。

自分は「多少」歪んでても、広けりゃいい派。


動画の違い

GoProは本来アクションカメラなので、動画が重要機能。
自分は静止画中心だが、動画にも使っている。

動画 HERO6 HERO5 HERO
画質 4K
60fps
4K
30fps
1080p
60fps
ブレ防止

まず、ブレ防止の機能が「6」で大きく向上した。
らしい。

スタビライザーなしでも結構イケる。
らしい。

自分は5/6ともに、別売りの電動式3軸スタビライザー(G5)を使っているので、GoPro本体のブレ防止機能の向上はあまり恩恵を受けていない。


あと動画の画質的に、廉価版だと4K撮影ができない。
ただ、4Kってファイルがムチャ重くなるし、加工にも時間がかかるようになるし、YouTubeとかアップしても4Kで見られる確率は低い。
ぶっちゃけ4Kの必要性は低いかも。
「どうしても4Kで残したい」ということでなければ・・・。


参考までに、以下は自分が撮った動画。
(4Kで撮っているが、YouTubeへのアップ時に画質を落している)

アウトドア(山登り)by GoPro
www.youtube.com

ホテルの部屋撮りからビーチまで by GoPro
www.youtube.com



ハードウェアの違い

GoPro HERO5,6、そして今回の無印「HERO」。
本体のサイズや重量、防水性能は変わらない。

ハードウェア HERO6 HERO5 HERO
サイズ/重量 同じ 同じ 同じ
防水 10m 10m 10m
GP1チップ × ×
タッチ・ズーム × ×
GPS × ×
Karma対応 ×

個人的に「大きく違う」と思うのは、6のみについている「GP1チップ」
6から、処理系のチップが新しくなった。

これは操作系全般のサクサク感が、結構変わってくる。
自分の場合、5→6で大した性能差がないのに買い換えたのは、この「GP1チップ」の存在が大きい。

動画・静止画の切り換えや、画像保存完了までの速度など、全般的な処理能力が体感レベルで向上。
そーゆー意味では、やっぱ最新の6がオススメではある。

ただまぁ、やはり6は値段が高すぎる。
GP1チップだけで廉価版「HERO」と「6」の価格差を説明できるかというと、かなり微妙。

【国内正規品】GoPro アクションカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

【国内正規品】GoPro アクションカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW


初めてのアクションカメラなら、廉価版HEROはコスパ良いんじゃないかな、と。

その他、「タッチズーム」については、個人的にはあまり使わない。
液晶画面をスマホのようにピンチインしてズームできるんだけど・・・
ズームして撮りたいようなシーンは「デジカメの出番」なので、GoProは使わないかな。。。

「GPS」については、6所有の当方は「OFF」にしている。
なぜって、GPSつけると電池を食うから。


まとめ

廉価版も、悪くないかなと思いました。

個人的には「GP1チップ」つきの「6」が、やっぱ良いんじゃないかなと思うけど。
価格がねぇ・・・。

5と廉価版だったら、それほど差はないかな。
個人的には。


そんな感じ

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|