ベトナムのビーチリゾート「シェラトングランド・ダナンリゾート」、全長250mの超ロングプールが最高だった

シェラトングランド・ダナンリゾート

ベトナムのビーチリゾート、ダナン。
そのノンヌオックビーチ(Non Nuoc Beach)にある、SPG系列のホテル「シェラトングランド・ダナンリゾート」に宿泊した。

f:id:tonogata:20180513161343p:plain:w800

このホテルは、2018/2に開業したばかり。
東南アジアで初めてのシェラトングランドとなる。

シェラトングランドは、シェラトンの中でもちょっとお高いイメージ。
このホテルについても、シャンデリアなど内装が豪華な空間に仕上がっていた。

f:id:tonogata:20180513161405p:plain:w800

立地的には、ビーチとゴルフ場に挟まれている。
後ろにあるゴルフ場「BRG Danang Golf Resort」のBRGグループが投資主となっている模様。

もう1つの特徴は、かなり大きめのプール。
全長250m、ビーチまで続くロングプールである。

f:id:tonogata:20180513162046p:plain:w800

これがまた、なかなか良かった。

今回は4泊ほどしたが、ほぼほぼプールサイドで過ごした。
プールでまったり系のホテルとしては、最高だったな、と。

以下、写真とともに、メモにて。

全長250mの超ロング・プール

このホテルの特徴は、細長い全長250mの超ロングプール。

海側はビーチに面した、インフィニティ・プールとなっている。
プールの向こうは、ピーチと海。

f:id:tonogata:20180513162733p:plain:w800

ぼんやりと海を眺めながら入るプールは、やはり良い。

自分の場合、朝から晩までプールから海を眺めていた。

f:id:tonogata:20180513162924p:plain:w800

後ろを振り返ると、遙か向こうまでプールが続く。

プールの左右に宿泊棟があり、2,3カ所に橋が架かっている。

f:id:tonogata:20180513163146p:plain:w800

この長いプールを、何度も泳いで往復した。

ダラダラと泳いで、片道9分程度であった。
ちなみに水中を歩いても、片道9分程度。

往復で20分程度かかるので、よい運動になる。
プールサイドで本を読む時間が多かったんだが「あまりダラダラしすぎても良くないな」と思い、たまにプールを泳いで往復していたんだな。

f:id:tonogata:20180513163750p:plain:w800

パラソルとビーチチェアは、たくさんある。

むしろ、ビーチチェかは余りまくっていた。
1割も使われていなかった印象。

f:id:tonogata:20180513163844p:plain:w800

ホテルが新しいので、プールのサイズに対して「まだ客が少ない」のか・・・

そもそも、まだ宿泊棟の半分が完成していない
プール左右に宿泊棟だが、片側は建設中で客が泊まっていなかった。

また、昼間は観光に出かける客も多い。
1日中プールにいると、貸切状態になる時間帯が何度もあった。


昼飯も、毎日プールサイドで食べた。

f:id:tonogata:20180513164554p:plain:w800

プールにはスタッフが常駐しており、メニューも置いてある。
料金は部屋付で、ルームナンバーとサインで注文できる。

よく食べたのは、バインミー(ベトナムのサンドイッチ)。
それとコーラ。

f:id:tonogata:20180513165153p:plain:w800

バインミーは牛肉が何切れかと野菜が入っており、美味かった。
お値段は22万ドン、1000円ちょい。
コーラ(250ml缶)が5万ドン、250円。

ベトナムの物価を考えると、かなり高い。
しかしこのシチュエーションで食えるとなると・・・食っちゃうんだなぁ。

ちなみにアイスコーヒーは、1杯500円くらいだった。

その他に食べたのは、スパイシー・ホットドッグ。
28万ドン、1300円くらい。

f:id:tonogata:20180513165336p:plain:w800

大量のポテトも付いてくるので、昼飯はサンドイッチ系で充分だった。
(ちなみに注文してから15~30分程度はかかるので、腹ぺこの場合は注意)

サンドイッチ以外にもパスタとか?カレーとか?色々あったが、そうしたメニューはもうちょい高い。
個別の値段は覚えてないけど。

またプールサイドにいると、午前と午後の1日2回、無料のウェルカム・ドリンクやデザートをスタッフが配り歩いていた。
アサイーだったり、ココナッツ・コーヒーだったり、チョコレートケーキ(小)だったり。

そういうのも、結構美味かったな。


プールサイドでの注文は、夜8時くらいまで受け付けているようだった。

f:id:tonogata:20180513165908p:plain:w800


なおプールについては上記以外にも、子供用のかなり浅めのプールもあった。
また、他にも小さめのプールを建設中のようだった。


ノンヌオックビーチ(Non Nuoc Beach)

プールの目の前は、ノンヌオックビーチ(Non Nuoc Beach)。

かなり広いビーチだった。

f:id:tonogata:20180513170204p:plain:w800

ただし、波が高い。

そのため、あまり海では泳がなかった。

f:id:tonogata:20180513170242p:plain:w800

ダナンのベストシーズンは5~8月。
この時点では5月だったので「まだちょっと早かったかな」という感じ。

6・7月くらいだと、波が収まってくるのかもしれない。
海の透明度についても、しかり。


それにしても、左右見渡す限り続く長いビーチだった。
↓はパノラマで撮った写真。

f:id:tonogata:20180513170444p:plain:w800

このホテルの敷地の左右には、まだ他のホテル等がない。

そのため、ビーチを見渡してもひたすら無人なのであった。


部屋の様子(プール・デラックスルーム)

自分が宿泊した部屋は、プール・デラックスルーム
プール付きの部屋で、広さは47㎡。

f:id:tonogata:20180513171128p:plain:w800

予約したのはワンランク下の「デラックスシービュー」だった。
しかし自分はSPGゴールド会員のため、チェックイン時にアップグレードしてくれた。

こんなこともあろうかと、「予約した時点」で全ての部屋の価格をメモしていた。
その価格でいうと、1泊あたり4000円分のアップグレード(×4泊)。
ラッキー(笑

とはいえ、部屋にあるプールは使わなかった。

f:id:tonogata:20180513171637p:plain:w800

まぁ、目の前に長大なプールがあるので・・・。

プール・デラックスルームのメリットは、必然的に1Fにあることかな。
プールやビーチにアクセスしやすい。

部屋の広さは、「プール」と「シービュー」では変わらない。
別にシービューで良かった気がしないでもない。

夜は部屋のプールを使おうかと思ったが、蚊がでてきたのでやめといた。
このあたり、蚊よけグッズは必須


部屋の中に話を戻すと・・・

f:id:tonogata:20180513171937p:plain:w800

バスタブあり。
ただシャワーしか使わなかった。

無料の水は、部屋の中に合計6本くらいあった。
毎日、使った分だけ補充される感じ。

f:id:tonogata:20180513172154p:plain:w800

基本的に毎日ターンダウンがあり、夕方にも清掃が入った。
部屋の中にいる場合でも、水だけ補充にしてくれた。

ホテル周辺に売店等がないので、水の補充は助かりました。

電源コンセントは、日本のもの(A型)がささった。
WiFiも普通に使えた。


部屋についての不満点は、壁の薄さ。

自分が泊まった部屋はコネクテッド仕様で、隣部屋とはベッド脇のドア1枚(閉鎖)で繋がっているんだが・・・
隣で何を話しているか判別できるくらいの、壁の薄さだった。

プール・デラックスの全部屋がそうなっているワケではないと思うが、そこら辺は注意かな。


ビュッフェ朝食(Table 88)

今回は、朝食付きのプランを選択した。
ちなみに周辺に店がほぼ「ない」ので、朝食ナシのプランはオススメできない。

会場は「Table 88」。
ロビーの近くにあるホテル内のレストラン。

f:id:tonogata:20180514222005p:plain:w800

朝食はビュッフェ形式で、品数はかなり充実していた。

そして美味かった。

f:id:tonogata:20180513174058p:plain:w800

ベトナムのメシは、例えばフォーやバインミーなどがあった。

寿司やパン、カレーや焼きそば、中華系もあった。

f:id:tonogata:20180513174141p:plain:w800

南国と言えば、フルーツ。
フルーツは、5種類くらいあった。

ヨーグルトは2種類、アイスクリームも3種類くらいはあったかな。
シナモンアイスクリーム、ココナッツアイスクリーム、etc。
※オススメはココナッツのアイスクリーム

f:id:tonogata:20180513174235p:plain:w800

あとブルーベリーのアサイーが美味かった。

ここはコーヒーも美味かったし、ドリンク系がいい感じだな、と。

f:id:tonogata:20180513174409p:plain


ということで、朝食はなかなか良かったです。


夕飯(ビーチクラブ La Plage)

このホテルは、歩いて行ける範囲にお店がない。
タクシーで街まで行かないとダメな感じ。

1度周辺をフラフラと歩いてみたが、どこまで行ってもビーチ沿いの車道が続くだけだった。

f:id:tonogata:20180513175807p:plain:w800

微妙に道の反対側にローカルな店があったが、交通量が多く道を渡るのが難儀だったので諦めた。

ということで、毎晩ホテルのレストラン(ビーチクラブ)を使った。
ビーチの近くにある「La Plage」(かな?うろおぼえ)。

f:id:tonogata:20180513175929p:plain:w800

生ビールが5万ドン、250円。
銘柄は、Red Rockが美味かったので毎日飲んだ。

ダナン風の揚げ春巻きが28万ドン、1300円。
これが一番美味かった。ビールのおつまみ。

和牛ステーキが42万ドン、2000円。
量は少なめ、肉質はまぁまぁ。

その他、ちょくちょく食ったが値段はメモってない。

基本的にビール&肉を中心に食っていた。
そのうち店員さんに「ホントは海鮮がオススメなんですけど・・・」と言われたが、肉が食いたかったのでステーキとかチキンを食った。

このお店は半野外なので、いつも涼しい潮風にあたりながらビール&肉。
気分が良かったです。
※ただし蚊よけは必須

このレストラン以外にも、「The Grill」というのがあるっぽい。
そっちは行ってないので、よく分からない。


そのほかの情報

このホテルはできたばかりで、まだ一部の部屋は建設中のようだった。
↓写真でいうと、右側はまだ完成していない。

f:id:tonogata:20180513181752p:plain:w800

コテージ的な部屋や、小さめの宿泊棟をポツポツと作っている感じ。

f:id:tonogata:20180513181915p:plain:w800

そういう意味では、現段階ではまだ混雑しておらず良かったですね。
プールも空いてて、最高でした。


そのほか。

ルームサービスは、クリーニングだけ使った。
Tシャツ1枚10万ドン=500円。

空港にいく際に、メーター・タクシーを使った。
ホテル→空港で、23万ドン=1100円くらい。
(メーター・タクシーはホテルに待機車あり、フロントに頼めばまわしてくれる)
ホテルに送迎を頼む場合は、片道45ドル・往復80ドル。

帰りの飛行機が深夜23時だったので、レイトチェックアウトをしたかった。
しかしレイトチェックアウトは「無保証」(部屋の空き次第)なので、事前にメールで頼んでみることに。
できれば16時より、もっと遅い時間のチェックアウトがしたいが・・・

ホテル側の回答は、以下。

  • ゴールド会員は16時まで無料(ただし無保証)
  • 18時までのレイトチェックアウト保証は、1泊の半額
  • 18以降のレイトチェックアウト保証は、1泊の100%


まぁ弱小ゴールドなので、こんなもんでしょう。
もうちょっと甘い言葉を聞きたかったですが(笑

それで今回は、「18時まで保証=1泊の半額」を頼みました。
23時の飛行機&残り時間を観光で済ます気もないとなると、やはりお金を払ってでも長めに滞在したいな、と。

「半額」ってラックレートの半額じゃないよな?と不安だったんだけど、自分が有償予約した室料の半額くらいだったので良かったです。


部屋からビーチまでのウォークスルー動画

部屋からビーチまで、そしてプールのウォークスルー動画を撮ってきた。
早朝のため、やや暗い。

youtu.be



まとめ

個人的な「プール目的の滞在」という意味では、すごく良かった。
気に入った。

自分はダナンの前にホイアンで数泊して観光を済ませていたので、ダナンではひたすらゆっくりしたかった。
プールで適度にパシャパシャやりつつ、本を読んで勉強したり、長編の小説を読んだり、そーゆーことがしたく・・・。
(自分の場合、ビーチリゾートに行く場合の目的はほとんどソレなので)

いや、良かったですねー。

毎日、気が向いたら250mのプールをゆっくり泳いで往復して・・・。
割とよい運動にもなるという(笑


周辺に街もないことから、割とホテル・ステイに偏った目的の場合ならオススメかな、と。
あとゴルフをやる人にもいいかもしれない。

立地的に街から離れているので、その点は注意。

まだホテルが新しく全体的にキレイで、スタッフはみんな若くて愛想のよい人が多かった。
居心地のいいホテルでしたね。

また機会があったら行きたいかな、と。


そんな感じ。

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|