アラスカ航空 アワードチャート

アラスカ航空マイルによるJAL便特典航空券で必要マイル数が改悪

アラスカ航空 アワードチャート

アラスカ航空の必要マイル数が改悪

アラスカ航空の特典航空券について、日本発着の必要マイル数が改悪されたということで、大きなニュースになってますね。

個人的には使ってなかったのでアレだが、メモにて。

背景のサマリーとしては、以下。

  • アラスカ航空マイルは日本発着のJAL便が安く、スイートスポットとして有名だった
    • アラスカ航空はJALと同じワンワールド所属なので、マイルでJAL便予約ができる
    • 例)東京-アジアのJAL便ビジネスクラス往復:5万マイル
    • 例)東京-北米のJAL便ビジネスクラス往復:12万マイル
    • 例)東京-北米のJAL便ファーストクラス往復:15万マイル
  • アラスカ航空は2022年末に必要マイル数のアワードチャートを廃止、改悪が予想されていた
    • 北米発着のアワードチャートはあるが、最低必要マイル数の「参考値」という扱い
    • 「Miles shown are estimated starting values for one-way travel, and are for informational purposes only.」

※現在の北米発着アワードチャート(最低必要マイル数の「参考値」扱い・・・「starting from」)

アラスカ航空 アワードチャート

そして2023年3月、日本発着の必要マイル数が改悪された。
すでにアワードチャートはないが、それにしても事前告知ナシで大きく変わったことが、大きなニュースになった要因のようです。

米系ブログで、日本路線の改悪ニュースが大きく取りあげられたのが、ちょっと驚きました。
VIEW FROM THE WINGあたりから始まったようです。

日本語だと、Traicyの記事が分かりやすい。
アラスカ航空改悪 救いの神?”キャセイ”は使えるのか【橋賀秀紀のフカボリ!】

それで、結論としては以下のようになったとのこと。

  • JAL便の必要マイル数が、最大2倍となる改悪
  • 東京-アジアのJAL便ビジネスクラス往復
    • 5万マイル→10万マイル
  • 東京-北米のJAL便ビジネスクラス往復
    • 12万マイル→16万マイル
  • 東京-北米のJAL便ファーストクラス往復
    • 15万マイル→20万マイル

TraicyやTPGをみるに、アラスカ航空マイルの次の使い道としては、キャセイやAAが模索されている。

いずれにせよ、近年では一番甘いスイートスポットだったと思うので、大きな変更になりましたね。

GWをどうしよう

全然関係ないが・・・

久々に海外旅行をしたいと思い、最近ようやくGWのチケットを探し始めた。

「とりあえず近場の東南アジアでもいいかな」と思って航空券をみてみたら・・・

時すでにお寿司。

東南アジアで往復20万近くするんですね。。。
GWとかホリデーシーズンの価格、ハンパない。
動き出すのが、あまりにも遅すぎた。

しかし、めげずに連日チェック続行。
なんとか往復10万(直行便)というのが、チラホラみつかった。

カンパチ間に合った?

コロナ禍で3年ほど海外にいけてないので、がんばっちゃおうかな。

  • ベトナム10万・・・ANA、JAL
  • タイ10万・・・ZIPAIR

なんかベトナムは安いんですね。
ANA/JAL直行便で10万なら、他国と比べるとかなり安いな、と。

タイはZIPAIRが昨日いきなり値下げされてて往復10万になってた。
3月17日にGWのバンコク便を増便した影響の模様。
直行便でなければエバー航空も12万くらいであるけど。

でも、「アジアで10万かぁ、、、」という。
金、ないんだよな、、、今。

うーん。

なんだか、学生時代に初めて海外旅行に行ったときのことを思い出した。

あん肝、金がなくて、躊躇したよな~。

しかし、こういうのは、マヨたらGoですかね。

久々に、行っちゃおうかな。。。

ソイ。

サンマ 真アジ。