ホテル華乃湯 山沿い露天風呂

仙台の秋保温泉「ホテル華乃湯 別館 Ren 簾」に泊まった。川ビューの露天風呂を含む3つの湯巡り。

ホテル華乃湯 山沿い露天風呂

ホテル華乃湯 別館 Ren 簾

仙台から近い秋保温泉にて、「ホテル華乃湯 別館 Ren~簾~」に泊まった。
「ホテル華乃湯」はちょっとお高めだったので、安めの「別館 Ren~簾~」に泊まった形。
仙台 秋保温泉 別館 Ren〜簾〜

ホテル華乃湯 外観

チェックインは「ホテル華乃湯」へ。
ホテルに入ってみると、広くて豪華なロビー空間が広がっていた。
ロビーの片隅にはラウンジ・コーナーがあり、ドリンク・おつまみが無料で楽しめる。

ホテル華乃湯 ロビー

ラウンジ・コーナーにあるのは、アルコール(ビール・ハイボール・ワイン)やソフトドリンク。
健康志向の宿らしく、凝ったお酢入りのフルーツジュースがあり美味かった。
そのほか、日替わりラスク、ソフトクリーム、コーヒーなどもあり。

ホテル華乃湯 ラウンジ おつまみ

ラウンジの横には、焚き火コーナーがある。
夜になると火が灯され、マシュマロを焼いて食える(無料)。

ホテル華乃湯 焚き火コーナー

風呂上がりに焚き火を眺めながら、ボーッとしていた。
素晴らしい。良い宿だな、と思いました。

なお、「ホテル華乃湯」は呪術廻戦の10巻に登場もしたらしく、その旨の宣伝もあった。
本編じゃなくて、コラム的なコーナーで登場したみたいですね。

ホテル華乃湯 呪術廻戦 10巻に登場

自分が泊まったのは別館「簾」なんだが、別館にあるのは客室のみ。
温泉を含め、「ホテル華乃湯」の各施設を全て利用できる。

ホテル華乃湯 別館 Ren~簾~ 外観

築40年の別館「簾」だが、トイレ・バスなしの部屋もある。
当然お安いが、自分が泊まったのは「トイレあり・バスなし」のお部屋。
※トイレなしの部屋の場合、別館の1階にトイレがある(↓写真参照)

別館「簾」は、本館と屋根付きの外通路で繋がっている。
一度外に出る形となるので、冬はちょっと寒い。

別館「簾」への通路

築40年といっても内装はリニューアルしているらしく、いたって普通&キレイ。
通路の奥には使われていないレトロな雰囲気の受付・ロビーもあったりして、なかなか趣のある建物だった。

別館「簾」 内観

山沿い露天風呂・川沿い露天風呂

「ホテル華乃湯」には、3つの風呂がある。
山沿い露天風呂・川沿い露天風呂・内風呂。

自分が一番気に入ったのは、川沿い露天風呂(地下4階)。
ホテルが崖際に建てられており、地下4階に川がある形。

横長の風呂でそこそこ広く、目の前に名取川が流れる。

ホテル華乃湯 川沿い露天風呂

朝・昼は、ゆるりと流れる清流の眺望。
小鳥が水辺でエサを漁るのを眺めながら、川ビューを満喫できる。

もう1つの山沿い露天風呂は、1階にありアクセスがよい。
そのため、比較的に人も多いように感じた。

ホテル華乃湯 山沿い露天風呂

扉を開けると、いきなり露天風呂。
服を脱いでカゴに入れ、洗い場がないので桶で体を流して入浴する。
※近くに内風呂があるので、そちらから回遊してくる

目の前に木々があり、視界は「木」のみの「葉っぱビュー」。
熱湯とぬる湯があり、乾き処のようなスペースの余裕もある。
こちらはこちらで、居心地が良かった。

あとは、普通の内風呂
これは山沿い露天風呂のスグ近くにあるが、露天風呂に行くには一度服を着て移動する必要あり。

ホテル華乃湯 大浴場

なお、山沿い露天風呂・内風呂から客室に戻る途中でラウンジ・コーナーがある。
そのため、風呂上がりにラウンジで一杯ひっかけてソファで寛いだり、焚き火を眺めたり、、、
導線もなかなか良かったです。

朝食(ブッフェ)

朝食ブッフェには、天ぷらや「ずんだ餅」があった。
品数は、そこそこ。

ホテル華乃湯 朝食

  • 天ぷら
  • 五目ご飯
  • おくずかけ
  • 笹かま
  • とうもろこしのパンナコッタ
  • カレー
  • ずんだ餅
  • フルーツ

あと和食系やパンなど、一通りある。

自分が食べた朝飯は以下。

ホテル華乃湯 朝食 実際に食べたメニュー

コーヒー・マシンが一機しかなく、混雑していたのが残念。

ホテル華乃湯 朝食 デザート

メニューがめちゃくちゃ多いってワケではないが、朝食としては十分。
ちょっとテンションが上がったのは、天ぷら・おくずかけ・ずんだ餅あたりかな。

夕食(ブッフェ)

朝食は品数が大人しめな印象だが、夕食ブッフェは充実していた。
今回は、2食付きのプランで予約したんだな。

寿司・天ぷら・ステーキ。
ミニステーキが美味かった。

ホテル華乃湯 夕食

  • ステーキ
  • 寿司(イカ・マグロ・サーモン)
  • 天ぷら(エビ・ズッキーニ・パプリカ)
  • 刺身(鯛・エビ)
  • エスカルゴ
  • ピザ
  • ムール貝
  • ミイラドック
  • ズッキーニの肉巻き
  • 茶碗蒸し
  • 海鮮マリネ
  • もずく酢
  • 茶碗蒸し
  • 鯛めし
  • 牡蠣のアヒージョ
  • おでん
  • エビチリ

色々あった。

実際に食べたメニューは以下。

ホテル華乃湯 夕食 実際に食べたメニュー

デザートも、一通り食っちゃった。
食い過ぎたかもしれない。

ホテル華乃湯 夕食 実際に食べたメニュー2

なお、このホテルは「オールインクリーシブ」を謳っており、夕食でのアルコールは別途料金ナシ。
あとラウンジでも、アルコール類が無料となっている。

部屋(別館 Ren~簾~)

自分が予約したのは、「8畳和室(バス無・トイレ付)」
トイレはあるけど、部屋に風呂はナシ。

ホテル華乃湯 別館 Ren~簾~ 【訳あり】8畳和室(バス無・トイレ付)

そこそこ広くて、寛げた。

なお布団は押し入れに入っており、自分で上げ下げする形。
と言っても、最初に布団を出した後は、敷きっぱなしにしていた。

ホテル華乃湯 別館 Ren~簾~ 部屋の設備

内風呂がない以外は、いたって普通の和室。
畳でゴロゴロできて、良い部屋でした。

周辺の観光

ホテルから徒歩五分ほどのところ、観光名所「磊々峡」がある。
遊歩道も整備されている。

磊々峡 遊歩道

遊歩道を歩くと、「秋保・里センター」の方まで行ける。
この遊歩道は民家群の真裏を通っており、ちょっと生活道路の延長感がある。

磊々峡はゴツゴツした岩の峡谷ですね。
観光用に名前のついた奇岩が数カ所にある。

磊々峡

観光名所秋保大滝には、バスで行ってきた。
バスの本数が少ないのが注意点。

秋保大滝

今回、二口峡谷自然歩道の方にも行こうと思ってたんだが、雨がパラついたりしてたので断念。

近場でいろいろ見て回ったのでありました。

ほい。

そんな感じ。