夕日ヶ丘展望台から見る利尻富士

利尻島の甘露泉水・ペシ岬・夕日ヶ丘展望台を歩く、稚内からの日帰りフェリー旅

夕日ヶ丘展望台から見る利尻富士

稚内から利尻島へのフェリー

稚内から日帰りで利尻島まで行ってきた。
利尻島では、徒歩でのライトなトレッキングを敢行。
今回は、そのメモにて。

稚内から利尻島にはフェリーで向かう。
ネット予約にも対応しているハートランドフェリーで、1等席が5,180円、2等席が3,210円。

ハートランドフェリー サイブリア宗谷

自分はいつも1等席を予約する。
だいたい島ではトレッキングするので、フェリー内ではゆったり過ごしたいのだ。

ハートランドフェリー 一等席

フェリー内には売店もある。

ハートランドフェリー 船内売店

ここで稚内牛乳アイスクリームを買って・・・・
深々と一等座席に腰掛けて、アイスをペロペロするのが当方のお楽しみなんだが・・・

残念。この日は「アイス、品切れ中」の貼り紙。

ちなみにハートランドフェリーの船内では、「稚内港からの出港時」と「稚内港への帰港時」に、ダ・カーポ「宗谷岬」が流れる。

その美しい歌声に耳を傾けながら、目を閉じて・・・
稚内牛乳アイスを、レロレロする。

こんなに心が平安で満たされる瞬間は、他にありません。
これ、ホントのことです。

甘露泉水とポン山

到着した利尻島の鴛泊港から、車道を歩いて甘露泉水を目指す。

甘露泉水は名水百選にもなった湧水で、利尻山への登山道の3合目付近にある。
利尻山の頂上に登る根性はないが、その途中の甘露泉水を目指して、港から歩いてみようというワケ。

序盤は、普通の車道をテクテクと登っていく。
緩やかな上り坂が、まぁまぁ続きます。

利尻島 甘露泉水までの車道

車道の途中で分岐あり。
車道をそのまま進むか、山に分け入る「甘露泉水ハイキングコース」に進むか。

甘露泉水ハイキングコース 分岐

ちなみにアプリ「山と高原地図」(書籍の公式アプリ)は、港から甘露泉水までのルートも対応。
下図はこの分岐のところに現在地アイコン(人型)がプロットされている様子(GPS対応)。
※道の横に書いてある数字は推定の所用時間(傾斜も考慮されるので、往路と復路で時間が異なる)

山と高原地図 甘露泉水

行きは「甘露泉水ハイキングコース」(上図右側)を進んだ。
藪が高い箇所も多く、草を払いのけながら進む。
快適に歩けるとは言いがたい。

甘露泉水ハイキングコース

復路は車道(上図左側)を使ったが、こっちの方が快適でしたねー。
車道の横に、自然溢れる歩道が用意されており、全行程を通してこの歩道を歩いてる時が一番気持ち良かった。

甘露泉水 車道の横の歩道

港を出発して2.5時間、ようやく甘露泉水に到着。
暑い中を歩いたので、相当に喉が渇いた。

甘露泉水 遠景

写真の右奥にあるのが、甘露泉水。
利尻山への登山ルートにあるので、「ここから上には水はありません。甘露泉水を十分に補給してください」の立て看板。

甘露泉水の様子はコチラ。

甘露泉水 拡大写真

実際に「甘い」と評されることも多い甘露泉水だが、自分は甘いとまでは感じず。
硬度もちょっと高く感じたが、普通に飲める水だ。冷たくて美味しい。
暑い日だったので、ガブガブと飲んだ。

この甘露泉水から更に進むこと30分。
ポン山の頂上に辿り着く。

ポン山 頂上

ポン山の頂上は細長いスペースに、ベンチもあり。
正面には利尻富士の眺望だが、この日は霧も多く見られず。

とりあえず甘露泉水で水筒に汲んだ水と、おにぎり(山わさび)で休憩。

ポン山 頂上 おにぎり

モグモグしながら眺めていると、時折、利尻富士の頂上が雲の切れ間に姿を現すのであった。

ポン山から見る利尻富士の眺望

ペシ岬

鴛泊港から徒歩5分とスグ近くにある、ペシ岬
背を向けたゴリラのようにも見えることから、通称「ゴリラ山」。

ペシ岬 遠景

ちなみに「ペシ岬」の【ペシ】はアイヌ語「シペシ」(大きな崖)からきており、過去にはその兄弟山である「モペシ」(小さな崖)というのもあったらしい。
しかし、そのモペシは稚内にある北海道遺産「北防波堤ドーム」を作る石材を得るため、崩されてしまって今はない。
ペシ岬と消えたモペシ

ペシ岬は頂上に登ることができる。
距離は大してないが、勾配がかなり急だった。
登ってる最中に振り返ると、その景色に足がすくむ。

ペシ岬 登山道

頂上まで行くと、利尻富士と海の眺望。
眺め良し。

ペシ岬 頂上からの眺め

頂上は狭く、岩がゴロゴロしており、滞在性は良くない(特に人が多いと)。
しかし、ちょっとした達成感はある。

夕日ヶ丘展望台

ペシ岬から海沿いにちょっと歩くと、夕日ヶ丘展望台がある。
港からだと、徒歩20分の距離。

夕日ヶ丘展望台 遠景

こっちは勾配も大したことがないので、登るの楽ちん。

夕日ヶ丘展望台 登山道

登りきると、やはり利尻富士の眺望。
見事な眺めでした。。。

夕日ヶ丘展望台から見る利尻富士

景色とか楽さでいうと、ペシ岬よりコッチかな。

磯焼亭(生ウニ丼)

途中、昼飯を港前の食堂でいただいた。
コロナで休業の店もある中、選択肢は限られている。

今回伺ったのは、磯焼亭。

磯焼亭 外観

本当は「利尻ラーメン」が食いたかったんだが、残念ながら売り切れ。
利尻ラーメンを求めて、隣の「さとう食堂」をのぞくも、こちらは「本日営業終了」。

ラーメンが食えないとなると、、、

ウニですか。

生ウニ丼(5000円)。

磯焼亭 生ウニ丼

たっけー!!!

生ウニとはいえ、この価格で突っ込むのはちょっとアレなんだが、、、

せっかく利尻、他の選択肢も乏しいし、しょうがない。

甘くてコクのあるウニは最高だった。

ほい。

そんな感じ。