喫茶マロン 階段

青森市の喫茶店、雰囲気よくメシも美味し。喫茶マロン・喫茶クレオパトラ・珈琲茶館 麦藁帽子。

喫茶マロン 階段

雪の青森市へ

青森県は、青森市にやってまいりました。
弘前に滞在したことはあるが、青森市は初めて。

そして、雪が降っている。

青森市 景色

まだ、ギリ降らないかなと思っていたが、滞在中に降り始めた。
本格的な冬の始まり。

降り始めると、あっという間に積もる。
東京とは、雪質が違うね。

青森市 雪の路面

滞在中の観光計画もなくはなかったが・・・。
電車が止まったり、注意報がでたりして、交通機関や徒歩での移動は色々と支障がありそう。

割り切って、駅近にある喫茶店巡りをしつつ読書でもしようかと。

喫茶マロン(ジャマイカンカレー)

喫茶マロンは、ホテルの近くにあった。
2階建ての建物の2階に入っている。
喫茶マロン(食べログ)

喫茶マロン 外観

なんともレトロな敷材の階段を登り、入口へ。
人気店らしく繁盛していたが、なんとか席につくことができた。

喫茶マロン 階段

お目当ては、ランチサービス(11:00-14:00)。
全てコーヒー付きで、単品よりはお得なお値段になっている。

喫茶マロン ランチメニュー

イチオシとしてメニューに載っていた、「特製ジャマイカンカレー」(980円)を注文。
大量のひき肉と玉ねぎが入ったカレーだった。

喫茶マロン ジャマイカンカレー

カレーには福神漬けと、スライスしたゆで卵が3切れ。
割としっかりめのサラダスティックと、コーヒーもつく。

喫茶マロン 内観

カレーを食ってみると、かなり美味い。これは美味い。
口当たりは甘いが、ジワッとスパイスが効いてくる。
挽肉の食感も良し。

オマケにこのカレー、コーヒーとめちゃくちゃ合いますね~。
スパイスが残る口でコーヒーを啜ると、コーヒーの風味が際立ちグッとくる。

喫茶マロン レトロなランプ

店内は緑のカーペットに、深緑のカーテン。
壁際に古時計が多数ディスプレイされ、レトロな雰囲気を醸し出している。
BGMにはジャズが流れ、ずいぶんと優雅な雰囲気。

天井から吊り下がる、ガラス玉の照明は控えめ。
落ち着いたライティングの中、テーブル上にあるステンドグラスのライトが映える。

この日は混んでいて「待ち」もいたので、長居はできなかった。
しかしメシもコーヒーも美味いし、雰囲気も良かったので、別日にも再訪した。

今度のメシ(ランチ)は、「ツナカレートーストサンド」(830円)
カレーが美味かったので、カレー入りのトーストサンドも気になる。

喫茶マロン ツナカレートーストサンド

食ってみると、これまたレベルたっけー!!
美味いトーストサンドだった。

レタス・キャベツの千切り・ツナ・カレー。
ツナも混じって、柔らかめのコールスローを食ってるようなザクザク食感が嬉しい。
パンが極薄なのも素晴らしく、パリッとしたパンごとサクサクと食い進む。

そしてカレー。
やはり存在感を醸し出してくる。
大量の野菜で辛さはマイルドになるが、しっかりカレーサンドのお味。
そのカレー味が、うまい。

喫茶クレオパトラ(スコーン)

喫茶クレオパトラは、屋根付きの大通りにあった。
しかしこの日の雪は、屋根に関係なく横殴りでたたきつけてくる。
ちょっと喫茶店に避難して読書でもしようかと、いそいそとお邪魔したワケ。
喫茶クレオパトラ(食べログ)

喫茶クレオパトラ 外観

メニューに「英国風スコーンセット」(680円)があった。
「貴婦人たちがこっそり食べていた?」というスコーンである。
当方も英国紳士なので、こっそりとそちらを所望した。

喫茶クレオパトラ 英国風スコーンセット メニュー

スコーンには、季節のジャムとクロテッドクリーム(バターみたいなやつ)が付いてくる。
ジャムもクリームも、すごく美味い。
でもスコーン自体、何も付けずとも美味かった。

喫茶クレオパトラ スコーン

スコーンは、外はサクッと、中はフンワリ。
口内でとろけてクッキー生地のように粘性がでて、モグモグと長く楽しめる。
何もつけずともフワッと甘くて良い感じ。薫り高いジャムも合う。
これは、めちゃくちゃ美味いな!

スコーンというのを、自分はあまり食った記憶がないが・・・
これはかなりレベルの高いスコーンと思う。

今回の青森喫茶巡りで、「一品モノ」として一番印象に残ったのが、このスコーンだった。

喫茶クレオパトラ 内観

BGMにクラシックが流れる店内は、家具もお上品&レトロな基調。
居心地もよく、こちらでは1時間ほど読書しつつ雪が止むのを待ったのであった。

メニューをみてると他にも美味そうなケーキがあったが、今回はやめておいた。
スパイスシフォンケーキやシナモンケーキが気になった。

喫茶クレオパトラ ケーキのメニュー

コーヒーも色々あり、カフェロワイヤルやコピルアクなんかも置いてあった。
カフェカプチーノも気になるね。

喫茶クレオパトラ コーヒーのメニュー

珈琲茶館 麦藁帽子(ピザトースト)

珈琲茶館 麦藁帽子は、大通りから少し外れたところにあった。
珈琲茶館 麦藁帽子(食べログ)

珈琲茶館 麦藁帽子 外観

こちらでは、ランチメニューは平日のみ。
小腹が減っていたので、単品でピザトーストとコーヒーを頼んだ。

珈琲茶館 麦藁帽子 メニュー

ピザトースト(430円)と、麦わらブレンド(500円)。
麦わらブレンドは創業から40年以上、同じ味で提供しているらしい。

ピザトーストは、これまた美味かったな~。
青森の喫茶店のメシは、なんでもウマい気がする。

珈琲茶館 麦藁帽子 ピザトースト

かなりチーズの量が多くて、幸せなトースト。
ピザ味でもあるが、とにかくモチモチのチーズが前面にでてくる。
ボリューミーだし、良い一品だった。

店内にはジャズが流れ、ポコポコと気泡の上がるサイフォンが並ぶ。
赤いソファと、陳列されたサイフォンやコーヒーカップで大人の雰囲気。

珈琲茶館 麦藁帽子 内観

こちらもかなり居心地がよくて、長居してしまった。
コーヒーは、おかわり280円だった。

ほい。

そんな感じ。