「ジョジョフェス in S市杜王町」(2017/8/12~9/10)の仙台に行ってきた

2017/8/12~9/10、仙台で「ジョジョフェス in S市杜王町」があったので行ってきた。
ジョジョフェス in S市杜王町 公式サイト

その時の模様など。

「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017」

「せんだいメディアテーク」では、ジョジョフェスのメインとなる企画「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017」が開催された。
荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017

この「原画展」は有料(2000円)。
事前にローソンでチケットを買って、「せんだいメディアテーク」へ行ってみる。

しかし会場はやはり混雑を避けるため入場規制をおこなっており、まずは「入場可能な時間を渡されたレシート」を手渡される。
その時間まで、しばらく周辺をフラついて時間を潰すのであった。

そして、いよいよ入場。
残念ながら、原画展の中はほとんど撮影禁止なので、中の写真はあんまりない。

しかし何カ所かでは「撮影OK」となっており、その写真だけ。

まずは、4部杜王町の「地図にのっていない道」にあった郵便ポスト(とウン○)を再現したコーナー。

そして、「動くストレイキャッツ」。
(定期的にニャーニャー言いながら、フラワーロックのように動き出す)

大きく展示された絵も、いくつかあった。
なかなかの迫力です。

しかし基本的には「原画展」なので、小さめの複製原画が中心。
原画には荒木飛呂彦による?鉛筆でのメモのようなものが残っていたりして、興味深かった。

この原画展が良かったのは、第1部から時系列に、じっくり原画を眺めることができたこと。
よーく見るとやはり、デザインの「傾向」とか「遷移」はあり、「あー、こうやって変わっていったんだなぁ」と感じることができた。

原画の数は、大量にあった。
第1部から最新の「ジョジョリオン」(8部)まで見ては、また第一部の展示に戻ったりして。
3時間くらいは滞在していたと思います。

それにしても。
改めてみると、「やっぱ荒木飛呂彦のデザインはハンパないな」と。
芸術には縁のない自分だが・・・。

「荒木先生のスゴさを 絵の見た目ではなく 心で理解できた」(ペッシ)。

そーゆー意味で、いや、良かったです。
原画展。

ジョジョ・デザイン マンホール(9カ所)

イベント期間中、仙台市内にはジョジョのデザインをしたマンホールが設置された。

仙台市からの公式リリースはコチラ。
期間限定「ジョジョの奇妙な冒険」デザインの下水道マンホールを設置します|仙台市

なんと仙台市からは、マンホールの設置箇所をしめした地図もpdfで配布されており、これを元に街歩きをしながらマンホールを探すのであった。

全部で9カ所もある。
ちょっと離れた場所にあるモノもあったので、残念ながら全部は見れなかった。

例えば、原画展のあった「せんだいメディアテーク」前には、露伴先生のマンホール。

f:id:tonogata:20170924212914p:plain

広瀬通りには、広瀬康一デザイン。
ちゃんと設置場所とキャラクターをよせているらしい。

承太郎のデザインは、「江陽グランドホテル」の近く。
このホテルは、作中で滞在していた「杜王グランドホテル」のモデル。

「OWSON」の前には、杉本鈴美
(ローソン)

そう。

期間限定で「OWSON」も出現していたのだ。

「OWSON」(ローソン→OWSON)

作中にでてきた「ローソン」をモデルにしたと思われるコンビニ、「OWSON」

ローソン仙台柳町通店が、期間中は「OWSON」に模様替え。
『ジョジョフェス in S市杜王町』コラボ店舗開催! |ローソン公式

よーくみると、「LAWSON」でなく「OWSON」になっている。
看板と、入口自動ドアの上にある店舗表記。

店内に入ると、ジョジョ・アニメの主題歌がエンドレスに流れていた。
ジョジョのストーリーを思い出してメチャ感動した。

ジョジョ・アニメの主題歌は、どれも良かったよなぁ。
特に2部の「Bloody Stream」とか、個人的にはアツくて良かった。

店内にはジョジョグッズのコーナーがあり、オリジナルの「OWSON」Tシャツも売っていた。

何気に、このTシャツをきて街を歩いている人を、何人もみかけた。

その他、スタンプ台なども用意されていた。

街全体がジョジョ一色

期間中は、商店街も「ようこそ杜王町へ」と歓迎ムード。

ちなみに商店街の柱には、ハーヴェストのシールがいくつか隠れてました。
※500体いたらしい(笑)

ジョジョフェスに参加していた人も膨大にいたので、街全体の雰囲気が良かったですね。

イベントが開催されている会場のマップが配布されていたので、それを見ながら歩いている人がたくさんいて。
EVENTS -ジョジョフェス in S市杜王町 公式サイト-

各イベント会場をまわる巡回バスも運行していた。
バス亭の表記も、ちゃんとオリジナル。
http://jojofes.com/bus/

残念ながらこの巡回バスは使わなかったけど、歩きながら各スポットを巡っておりました。

お土産は「カメユーマーケット」で

「杜のイベントホール」が、特設の物販会場として使われていた。

自分も記念にいくつかアイテムを買って帰りました。

まずはアクリルキーホルダー(800円)。

マスキングテープ(1000円)。

ふむ。

なかなか良い買い物をしました。

その他、ジョジョフェス時の「再現グルメ」などの話はコチラ。
https://www.bousaid.com/2017-09-05-080636/

そんな感じ。

「ジョジョ」の聖地巡礼@仙台(2014年)。公式ガイドマップで杜王町を巡る。