グルメ

北海道「母恋駅」、憧れの駅弁「母恋めし」を食べる

北海道の室蘭駅の隣にある、母恋駅。 その母恋駅の駅弁「母恋めし」を食べてきた。これはテレビでもよく紹介されている、有名な駅弁。 今は遠く海外からも訪れる人がいるくらい、有名らしい。 (そういえば今回自分が母恋駅を訪れた際も、先客は若い中国系?…

遂にバンコクのカオサン通りでも屋台禁止、2018/8から屋台は別場所へ移動

バンコクのカオサン通りで、屋台営業が禁止となる模様。バンコクではここ数年、道路交通の安全性・食の衛生面の観点から、道路上での屋台営業が徐々に規制されてきた。 しかし「カオサン通り」など「屋台」(ストリートフード)が観光客のお目当てとなっている…

札幌で食べる、薬膳スープカレー「ピカンティ」、ミルク・スープカレー「カオスヘブン」

ピカンティ カオスヘブン ピカンティ 札幌のスープカレー名店「ピカンティ」に行ってきた。 食べログ ピカンティ 札幌駅前店伺ったのは「札幌駅前店」。 本家「ピカンティ」の姉妹店だが、本家は札幌駅からちと遠いので、こちらに再訪してきた次第。今のとこ…

北海道の最北、稚内「うろこ亭」で食べる海鮮丼・ウニ丼・たこザンギ

北海道の最北 稚内は、ANAから直行便が出ている。 その稚内の漁港で、地元の魚屋がやってる「うろこ亭」でメシを食べた。 食べログ 海鮮炉端 うろこ亭お店の裏は、最北の海。 雰囲気あります。このお店、稚内駅からも近いので、稚内に行った際にはよく食べに…

夜20時に開店する香川のうどん屋「鶴丸」で、飲んだ後の〆で有名なカレーうどんを食べた

うどん県の香川で、うどんを食べた。やはり「うどん県」ともなると、飲みの〆で「ラーメン」ならぬ「うどん」というカルチャーもあるらしい。「飲んだ後の〆に一杯、カレーうどん」で有名な「鶴丸」というお店に行ってきた。 高松の繁華街で、夜の20時~翌3…

宇和島駅に近い定食屋「とみや」(富屋)で、本場の「宇和島 鯛めし」が美味かった

電車で四国一周の際に、愛媛県・宇和島駅に寄った。宇和島駅は、終点の駅。 この先には線路ナシ、である電車乗換のため、1時間ほど時間が空いた。 せっかくの宇和島なので、「鯛めし」を食える店を探す。しかし中途半端な時間だったので、空いている店が少な…

徳島県の横田自販機コーナーで、昭和レトロな自販機うどん

徳島県のレトロ自販機といえば、「コインスナック御所24」が有名。 こちらには「日本で最後のカレー自販機」や、うどん自販機があった。しかし徳島県には、もう1つレトロな自販機コーナーがあり、そこでも「うどん自販機」が稼働しているのだという。 場所は…

苦戦する四国の駅弁、松山の「醤油めし」は製造元が事業停止、徳島は駅弁ゼロ県へ

愛媛の松山駅から「醤油めし」が消えた 徳島は駅弁ゼロ県へ 香川「高松駅弁」は廃業も駅弁は継続 まとめ 愛媛の松山駅から「醤油めし」が消えた 愛媛県の松山駅で、昭和35年から続くロングセラーだった駅弁「醤油めし」。製造元の鈴木弁当店が、2018年4月に…

バルセロナで手軽にパエリアを食べる。デパート「El Corte Ingles」(エル・コルテ・イングレス)のフードコート。

バルセロナで、パエリアを食べた。パエリアというのは、1人前で売っていることがほとんどない。 しかし有名デパート「El Corte Ingles」(エル・コルテ・イングレス)のフードコートに、美味いパエリアがあるというので行ってみたワケ。 Restaurante en El Co…

ホイアンのバインミー人気店「Banh My Phuong」(バインミー・プーン)と、小さな川辺のカフェ

ベトナムの中でも、ホイアンは特にバインミーのクオリティが高いと言われている。 そのホイアンの人気店、「Banh My Phuong」(バインミー・プーン)に行ってきた。 Banh Mi Phuong トリップアドバイザーバインミーというのは、フランスパンを使ったベトナム風…

SNSで「ビジネスクラスに乗る俺」アピール、「機内シャンパン投稿おじさん」になれるANAオリジナル・シャンパングラス

最近、「エアポート投稿おじさん」なるニュースが話題を集めた。なぜかオジサンだけが、空港内で航空券の写真を撮りSNSにアップするのだという。 その航空券の写真がSNSのタイムラインに流れてくるのを、若い女性が「ウザいと感じている」という構図。nikkan…

17世紀に日本からベトナムに渡った「伊勢うどん」がルーツのホイアン名物「カオラウ」を食べる

伊勢うどんがルーツの「カオラウ」 ホイアン旧市街「Khong Gian Xanhh」 アンホイ島「Lien Thao」 伊勢うどんがルーツの「カオラウ」 ベトナムで、ホイアン名物の麺料理「カオラウ」を食べた。カオラウは、17世紀に日本人が持ち込んだ「伊勢うどん」がルーツ…

マドリードのソウルフード「カラマリ・サンド」(イカフライ・サンド)が最高に美味かった

スペインのマドリードで食った「カラマリ・サンド」が美味かった。 最高だ。これは、イカフライである。 大量のイカをオリーブオイルで揚げて、パンに挟む。 たったそれだけの、B級グルメ。 Bocadillo de calamares - Wikipedia(スペイン語)マドリード中のお…

バルセロナで行ったピンチョス・バル、回転寿司のように気軽に使えて便利だった。

バルセロナのピンチョス・バル IRATI Taverna Basca(ランブラ通り近辺) La Tasqueta De Blai(ブライ通り) Txapela(カサミラ・カサバトリョ付近) まとめ バルセロナのピンチョス・バル バルセロナのピンチョス・バルはふらっと入って、一杯飲みながらサクッ…

大分名物「りゅうきゅう丼」(ひゅうが丼)の食べ歩き

「りゅうきゅう丼」(ひゅうが丼)とは 二代目与一 寿しまどか 大分空港「なゝ瀬 」と「スカイライン」 「りゅうきゅう丼」の名前の由来 「りゅうきゅう丼」(ひゅうが丼)とは 大分の郷土料理「りゅうきゅう」が美味いので、大分に行った際には好んで食べる。 …

「富山やくぜん」の認定メニューを食べる

「富山やくぜん」とは 癒楽甘 春々堂「やくぜんカレー」 大黒や「氷見牛 薬膳カレーうどん」 富山ブラック「麺屋いろは」 まとめ 「富山やくぜん」とは 富山市では、飲食店における「薬膳メニュー」の認定リストを公開している。 富山やくぜん 認定一覧認定…

秋田の老舗「佐藤養助」で稲庭うどんの「温」と「冷」、「味くらべ天麩羅付」

秋田には、「佐藤養助」という稲庭うどんの老舗があるという。麺は、職人による手作り。 150年の歴史をもつ伝統的な製法で、手練りと熟成を何度も繰り返すこと3日。 機械練りではできない気泡が麺に多く含まれ、独特のコシの強さを生むという。 佐藤養助商…

コーヒー限界を超えた唯一無二の喫茶店「ザ・ミュンヒ」(大阪)。氷温熟成22年物コーヒーは1杯10万円。

「ザ・ミュンヒ」(大阪・八尾市) 店内の様子 スパルタン(1300円/シングル20cc) No.13 焙りたて超フレッシュコーヒー(2000円) 熟成樽仕込み氷温コーヒー20年物(10万円) そして伝説へ 「ザ・ミュンヒ」(大阪・八尾市) 大阪で有名な喫茶店「ザ・ミュンヒ」に行…

ハノイの屋台で、炙った焼き鳥を挟んだ「バインミー」が美味かった

ハノイの夜、ホエンキアム湖の近くで開かれるナイトマーケットに向かった。 ハノイ ナイト マーケット - トリップアドバイザー歩行者専用道路の左右に、土産物・衣服を中心とした屋台がズラリ。このナイトマーケットは、大きい。 端から端まで歩こうとすると…

ハノイ「CONG CAPHE」で名物のヨーグルト・コーヒー(Sua chua ca phe)を飲む

ベトナムのハノイには、ヨーグルト・コーヒーというものがあるらしい。 その名も、Sua chua(ヨーグルト)・ca phe(コーヒー)。ベトナムと言えば、コンデンス・ミルクをいれた甘ったるいコーヒーが思い浮かぶ。 特に、暑い現地で飲むベトナム・コーヒーは格別…

秋田駅トピコ3F「秋田比内地鶏や」、「究極の親子丼」に「じゅんさい」「とんぶり」も加えた「極め膳」が豪華だった

秋田駅の駅ビル「トピコ」で、晩飯を探した。駅前商店街の衰退が著しいと言われる秋田だが、駅ビルは結構お店が入っている。 秋田駅前の商店街が壊滅寸前 振興組合解散、アーケード撤去向かったのは、トピコ3Fにある「秋田比内地鶏や」。 日本三大地鶏の1つ…

秋田県にあるレトロ自販機「BIGバーガー」が美味かったので調べてみたら、実にいい自販機だった。

3連休を利用して、秋田県に行った。秋田駅から男鹿線に乗って1駅。 隣駅の「土崎駅」。土崎には「道の駅あきた」や、展望台を備える「秋田ポートタワー セリオン」がある。 【公式】秋田の道の駅あきた港 セリオンついでだから、地図にメモしていた「レト…

新幹線のアイスはなぜ美味いのか。めいらく「スジャータ スーパープレミアムアイスクリーム」。

新幹線の「スジャータ スーパープレミアムアイスクリーム」 ハーゲンダッツとスジャータの比較 「帝国ホテルのアイス」もスジャータ? 新幹線の「スジャータ スーパープレミアムアイスクリーム」 仙台旅行の新幹線で、アイスクリームを買った。「スジャータ …

「ジョジョフェス」で食べる、ジョジョ再現グルメ「トニオ・トラサルディー監修 イタリアンミニコース」など。

トニオさんの「イタリアンミニコース」(Di VERDE) JOJO Fes CAFE in 仙台フォーラス TRATTORIAトラサルディー屋台 お土産「杜王に銘品あり 牛タンのみそ漬け」 サンジェルメンのサンドイッチ ジョジョフェス開催中の仙台に行ってきた。 ジョジョフェス in S…

稚内駅で買った駅弁を、稚内空港の展望室で食べる

日本最北の駅、JR稚内駅。 どんよりとした雲、沁みる寒風、北国である。稚内の駅ビル「キタカラ」内には、飯屋と土産物屋が入っている。 (ちなみに2Fには映画館もある) http://www.kitacolor.com/shop/土産でも買おうかと、稚内ブランド商品を取り扱う「ワッ…

稚内「うろこ亭」で「ウニ・うろこ市丼」と、「むらさきうに大名丼」を食べた。

北海道 稚内「うろこ亭」 「むらさきうに大名丼」(4900円) 「ウニ・うろこ市丼」(2980円) 食後のコーヒー(9-14時は無料) まとめ 北海道 稚内「うろこ亭」 北海道の稚内に行った際に、「うろこ亭」でウニ丼などを食べてきた。 公式サイト 海鮮炉端 うろこ亭 …

バンコクが街中の屋台を一掃する代わりに、フードマーケット(屋台村/ホーカーズ)を計画中

2016年に「ストリートフード(屋台)が魅力の旅行先No.1」に選ばれた、バンコク。 道ばたで食う屋台メシは、タイ旅行の醍醐味の1つとなっている。一方で、バンコク都は衛生面や安全面の問題から、2017年末までに屋台を一掃することを計画。 実際、以前から徐々…

創業1948年の老舗、銀座「カフェ・ド・ランブル」。10年以上寝かせた生豆のオールドコーヒーを飲んだ。

所用あり、久々の銀座。ちょっと休憩したい。 コーヒーが飲みたい。食べログを探したら、「カフェ・ド・ランブル」という店が見つかった。 カフェ・ド・ランブル (CAFE DE LAMBRE)どうも、コーヒー・マニアには有名なお店らしい。 東京の喫茶を代表する、…

JR四国「バースデーきっぷ」(3日間)で四国一周しつつ食べた、駅弁のメモ(2017年)

JR四国の「バースデーきっぷ」で、四国を周遊した。 バースデイきっぷ 四国旅行3日間、電車に乗り放題。 料金体系が少し変わったが、相変わらず魅力的なチケットではある。 JR四国「バースデーきっぷ」が2017年4月から値上げ今年もまた、3日間の旅行中の食…

西日本で最後の一台、昭和レトロなトーストサンド自販機、高知「コインスナック プラザ」。

高知に行った際に、「コインスナック プラザ」に行ってきた。 いわゆる、昭和レトロな自販機コーナー。コチラのお店の「トーストサンド自販機」は、設置から40年以上の稼働。 西日本で、最後の一台らしい。 coinsnack PLAZA コインスナックプラザ 高知県高知…