ゴアテックス・サラウンドで防水透湿なトレッキングシューズ「ウエーブアドベンチャーBR」(ミズノ)

ゴアテックス・サラウンドのトレッキング・シューズが欲しいと思い、買ってきた。

世の中「ゴアテックス」のシューズは、山ほどある。
しかし「ゴアテックス・サラウンド」のトレッキング・シューズは、ほとんどない。

当方、「サラウンド」がいいのよ。全方位360°の防水&透湿。
外部からの水の侵入を防ぎつつ、内部から汗の蒸気を放出する。
GORE-TEX SURROUND

そこで、ようやく見つけて買ってきたのが、ミズノ「ウエーブアドベンチャーBR」

f:id:tonogata:20171225000056p:plain:w600
ウエーブアドベンチャーBR

早速開封。

見よ、このシャープ&たくましいフォルム。

f:id:tonogata:20171225000849p:plain:w600

横っ面には「ゴアテックス・サラウンド」のプレート。
ただのゴアテックスとは違うのだよ、サラウンドは。
と主張しているようだ。

f:id:tonogata:20171225001105p:plain:w600

靴の構造的には、シュータンも一体化した一枚生地のようになっている。
足を1枚生地でスッポリ包み込む感じ。

f:id:tonogata:20171225001438p:plain:w600

これは水の侵入を防ぐためだが、生地は全体がゴアテックス・メンブレン
つまり、360°の防水なのだ。

さらに「サラウンド」の場合は、透湿性(内部からの汗の放出)を図るため、靴底に穴が空いていたりする。
↓のモデルとかは、分かりやすい。

www.bousaid.com

しかしこの「ウエーブアドベンチャーBR」の場合は、アウトドア・シューズであるためか、さすがに放出口はついていない。
その代わり、靴の側面でメッシュを多用している。

f:id:tonogata:20171225001907p:plain:w600

これは、メッシュ生地の奥にゴアテックス・メンブレンがあるので、防水性は問題ない。
ゴアテックスは、「外からの水は防ぎ、中からの汗の蒸気は逃がす」のである。

ちなみにソールは、Vibram
登山シューズとかによく使われているらしい。

f:id:tonogata:20171225002559p:plain:w600

固くて、グリップがきく感じ。

1度山で履いてみた。
ゴツゴツした未舗装の道でも、Vibramが固く安定してグニャグニャしないので、歩きやすい。
その割に、ソール内部には「ミズノウェーブ」という板が入っていて、クッション性はよかった。

試してみたのは、屋久島で縄文杉を見に行ったとき。
往復8時間のトレッキングだった。

www.bousaid.com

雨に降られたり、泥水にずっぽりハマったり、何度か「やべ、水が靴の中にしみそう!」と思ったが・・・
無事。

全くもって無事だった。

さすがゴアテックス。

山から下りてきて、靴を洗うために水道の蛇口がある洗い場へ。

f:id:tonogata:20171225002923p:plain:w600

靴がずいぶん汚れてしまった。

「えい」っとそのまま蛇口をON。

f:id:tonogata:20171225003545p:plain:w600

ちょっとゴシゴシして汚れをとってから、さっと靴をふって水をきる。

f:id:tonogata:20171225003629p:plain:w600

多少キレイになりました。

メッシュの部分も下にゴアテックスがあるので、ちゃんと水を弾いてます。

f:id:tonogata:20171225003812p:plain:w600

念のため靴の中をのぞいてみると・・・

f:id:tonogata:20171225003916p:plain:w600

濡れてない!!

いや、履いてたから、知ってるけど(笑

しかしシミひとつないのは、驚いた。
いい感じの防水性能だな、と。


なお、この「ウエーブアドベンチャーBR」。
個人的には全く問題なかったが、レビューをみていると「くるぶしに当たって靴擦れになる」という人が、何人かいるようだった↓

基本的に購入する際には、リアル店舗で足をあわせて買うのが必須かと思います。

もしくるぶしに当たるような場合には、かかと裏に厚みがあるソールを入れたりすると、いいかもしれない。
分かんないけど。
自分は問題なかったので・・・。

そんな感じ。

ゴアテックス カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥