温度が見えて保温もできる電気ケトル「ティファール アプレシア エージー・プラス コントロール」

さくっと電気でお湯を沸かす、電気ケトル
すぐにコーヒーを入れたいときとか、カップラーメンを作るときとか、お湯をスグに作れるのが便利。

以前からティファールの電気ケトルを使っていたんだが、いくつか欲しい機能があり新製品に乗り換えた。
「ティファール アプレシア エージー・プラス コントロール」。

ティファール初となる温度コントロール機能を備えた電気ケトル。
作るお湯の温度を、95℃や90℃など設定することができる。

f:id:tonogata:20171226232833p:plain:w400

例えば、コーヒーを入れる際に、

  • 香りが欲しい場合は、95℃
  • エグミを減らしたい場合は、85℃

のように、温度を調整することができる。

コーヒーの味は、お湯の温度で結構変わるのだ。
コーヒーのドリップに使うお湯の温度調節の仕方

そこら辺の話は、公式動画も参照。
www.youtube.com


ただまぁ個人的には、「お湯の温度を決められる」ということより、

  • 温度が見える
  • 保温機能がある

という点が気に入っている。

温度が見えるのは、やっぱり便利だ。

f:id:tonogata:20171226232809p:plain:w600

まず、お湯を沸かす。
そして、1杯目のコーヒーを淹れる。

飲み終わる。

電気ケトルの温度表記を、チラッ・・・

まだ冷めてない。
85℃ならイケる!!

そのまま2杯目を淹れる。
(以降、繰り返し)


なお、最初から2杯以上飲むつもりの場合は、「保温ボタン」を押しておく。
最大1時間まで、95℃で保温してくれる。

楽ちん。
「温度が見える」+「ちょっとした保温ができる」ことで、今までの電気ケトルで不便だった点が一気に解消された。


ちなみにこの電気ケトル、半年以上前に買った。
結構満足して使っている。

なんで今頃この話になったかというと、↓のニュースを見たから。

kaden.watch.impress.co.jp

山善から、バルミューダの「The Pot」のようなデザイン=細口ノズルの電気ケトルが出るらしい。

バルミューダのは温度表示パネルがないので個人的な選択肢は入らないが、山善の方は気になる。
温度も1度単位で設定できるらしい。

まぁ、温度設定はどうせ使わないけど。
個人的に。

ただ細口ノズルは気になる。
やっぱ雰囲気あるし、お湯を注ぎやすそう。

実際のところ、どうなんだろうな。

買ったばかりで新製品を買うのは無駄な買物の極地なので、買わないけど。
ちょっと気になるな、と思ったのでメモにて。

そんな感じ。