IHGが無料宿泊の必要ポイント数を変更

IHGがポイントによる無料宿泊で必要なポイント数について、2018年版の変更を発表した。
2018 Points Change Summary

f:id:tonogata:20180107020044p:plain:w300

サマリーは以下。

  • 最大ポイント数が6万ptから7万ptに引き上げ
  • 全体的に必要ポイント数増のホテルが多め
  • 日本も8件のホテルがポイント増

まぁ、この手の「変更」に関わる話でいうと、最近では基本的に改悪の方向にはなる。

必要ポイントの最大が7万ptに引き上げられたのは、残念。
自分がIHGをチェックし始めた2014年は、最大5万ptだった。

だいたい、2年に1万ptくらい引き上げられてるな。
この調子だとオリンピックがある2020年には、最大8万ptになってるんじゃなかろうか。

知らないけど。

今回の変更で、国内のIHGホテルのポイント数も変更があった。

必要ポイントが増えたホテルが8件
国内ホテルは28件あるので、おおよそ3割に変更があった形。

ホテル名 旧pt 新pt
ホリデイ・イン大阪難波 Osaka 30,000 40,000
ANAホリデイ・イン仙台 Sendai-shi 10,000 15,000
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル Tokyo 50,000 55,000
ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋 Nagoya-shi 20,000 25,000
インターコンチネンタルホテル大阪  Osaka 50,000 60,000
ANAクラウンプラザホテル大阪 Osaka-shi 25,000 30,000
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート Okinawa 60,000 70,000
ANAインターコンチネンタル石垣リゾート Ishigaki-shi 50,000 60,000

「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」は、栄えある7万ptである。
国内のホテルでは最も必要ポイント数が大きい。

IHGでは、2019年に別府や箱根にインターコンチネンタルができる予定あり。
ここら辺も、そこそこ高めのポイントになりそうな気がする。

www.bousaid.com

www.bousaid.com


さて。


グローバルでの変更の全容としては・・・

  • 必要ポイント増=502件
  • 必要ポイント減=187件

一応、必要ポイント数が減ったホテルもある。

  • 中国はIHGが最近力を入れてるからか、大幅なポイント数減
  • 治安の問題で観光客が減ってそうなトルコやメキシコ、国交断絶のカタールとかもポイント減
  • その他は需給にそって増減してるが、基本的に「増」基調

国ごとに、ポイント増/減のホテル件数をカウントすると、以下の通り。

地域 pt増
ホテル数
pt減
ホテル数
アジア China 8 28
アジア Hong Kong 3 0
アジア India 4 2
アジア Indonesia 0 4
アジア Japan 8 0
アジア Laos 0 1
アジア Macau 1 0
アジア Singapore 2 0
アジア Taiwan 0 1
アジア Thailand 4 0
欧州 Austria 2 0
欧州 Azerbaijan 0 1
欧州 Bulgaria 0 1
欧州 Denmark 0 1
欧州 France 9 0
欧州 Georgia 0 1
欧州 Germany 9 2
欧州 Greece 1 0
欧州 Ireland 1 0
欧州 Israel 1 1
欧州 Italy 4 2
欧州 Kazakhstan 0 1
欧州 Lebanon 1 1
欧州 Lithuania 1 0
欧州 Netherlands 9 0
欧州 Poland 1 1
欧州 Portugal 6 0
欧州 Serbia 0 2
欧州 Spain 9 0
欧州 Turkey 0 5
欧州 United Kingdom 26 9
オセアニア Australia 3 1
オセアニア French Polynesia/Tahiti 4 0
オセアニア New Zealand 3 1
オセアニア Papua New Guinea 1 0
中東 Qatar 0 1
中東 Saudi Arabia 2 1
中東 United Arab Emirates 1 0
中南米 Aruba 1 0
中南米 Colombia 0 3
中南米 Costa Rica 1 0
中南米 Jamaica 1 0
中南米 Mexico 6 14
北米 Canada 20 14
北米 United States 349 88
合計 - 502 187

はい。

個人的に気になったのは、メキシコ。

カンクンにある「InterContinental Presidente Cozumel Resort Spa」や「InterContinental Presidente Cancun Resort」。
ここら辺が上がってしまったのは、ちょっと残念かな、と。

ただ、もともと「InterContinental Presidente Cancun Resort」なんかは「お、意外に低いな」という感じだった。
今回の変更で3万pt→3.5万ptに増えてしまった。

メキシコは全体的にポイント減のホテルが多いのに、カンクンとかはメリハリつけてポイント増なんだな(笑、と。

まぁしょうがないか。

そんな感じ。