ANA「アップグレード・ポイント」を使った国内線プレミアムクラスUPG、搭乗2日前から可能

ANA国内線での、普通席→プレミアムクラスのアップグレードは、2018/4/1から制度変更がある。

  • 今まで、当日UPGは路線に関わらず9000円だった
  • 今後は、路線毎に異なる値段、事前UPG割引もあり
  • UGP料金はだいたい3000円~1.5万円
  • 搭乗2日前からWEBでUPGが可能に

詳しくはコチラ。
www.bousaid.com


さて、国内線が搭乗2日前からアップグレードが可能になるワケだが・・・
現金のほか、「アップグレード・ポイント」でのアップグレードも利用可能。

f:id:tonogata:20180301230252p:plain:w400

現金でのアップグレードは、路線毎に価格が異なる。
アップグレード・ポイントなら固定で4ポイント
(その代わり現金と違って「事前予約」の割引はない)

アップグレード・ポイントは1ポイント=1000SKYコインに交換できるが、大抵の場合アップグレードに使った方が価値を活かせる。
個人的に、国際線のアップグレードに使うほどポイントを持ってないので、現実的なのは国内線アップグレードかな。

国際線・国内線の必要アップグレード・ポイントは以下。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/premium/detail/comfort.html#section04

路線 アップグレード 必要ポイント
欧米 エコノミー→ビジネス
ビジネス→ファースト
10
20
東南アジア
ハワイ
エコノミー→ビジネス
ビジネス→ファースト
8
16
中国・香港
台湾・韓国
エコノミー→ビジネス 6
オーストラリア エコノミー→ビジネス 10
国内線 普通席→プレミアムクラス 4
  • 国内線:2日前からアップグレード可能
  • 国際線:予約時点からアップグレード可能

最も必要ポイント数が少ないのは、国内線=4ポイント(片道分)。

アップグレードポイントは、SFC会員なら毎年4ポイントもらえる。
(SFCじゃなくても、ステータス持ちなら4ポイントもらえる)

そのほか、前年のプレミアムポイントの実績で、アップグレードポイントが加算される。
SFC修行に必要な5万PPの場合、20ポイント=2万円分。
アップグレードポイントとは


さて。


なんでアップグレード・ポイントの話になったかというと・・・

これ、有効期限が1年で、3月末までなんですね。

あぶねぇ。
存在自体を忘れてた。

とりあえず、有効期限前にSKYコインに交換せねば。
1ポイント=1000円分。

一応このSKYコインへの交換レートは「キャンペーン」扱いだが、毎年やっている。
ANAアップグレードポイントANA SKY コイン交換キャンペーン

f:id:tonogata:20180301230457p:plain:w600

おーけー。

交換完了。


いやー、しかし。

4月からは「搭乗の2日前」からアップグレード・ポイントでUPGができるようになるので、今度こそはSKYコイン交換でなく、アップグレードに使いたい。

なんつーか、いつも存在を忘れちゃうんですよね。。。
もしくは、「もっと長い路線に乗った時に使おう」とか思って、差し控えちゃう。
「沖縄路線とかで使った方がお得じゃん?」みたいな。

でも、もう迷わない。
当方は学んだ。

「もっと長い路線」に乗ることなんて、ない。
そんな明日は、やってこない。

ねーちゃん!
あしたって、いまさッ!!

ポコ少年も言っていた。
この精神で、中距離でもいいので即UPGを心がけたいと思います。

来期こそは。


そんな感じ。