機内に忘れ物をしたが、到着空港でちゃんと管理されており回収できた

先日ANA国内線に乗った際、うっかり飛行機の機内にiPadを置き忘れてしまった。
座席シート前にある網ポケットに入れたまま、存在を忘れていたのだ。

忘れ物に気付いたのは、空港をでてホテルに着いてから。
明らかに「機内に忘れた」という自覚があったので、スグにANAの問い合わせ窓口に電話した。
ANA 遺失物・手荷物破損および紛失についてのお問い合わせ窓口

上記ページには、「問い合わせ窓口」という空港毎の電話番号が記載されていた。
名称が「各空港窓口電話番号」とあるので「空港全体の遺失物管理センターかな?」と思ったが、電話が繋がった先は「当該空港のANAグランドスタッフ」だった。
航空会社毎に、忘れ物を管理してくれてるのね。。。

f:id:tonogata:20180309064615p:plain:w500

「機内に忘れ物をした」と伝えると、電話口で質問された内容が以下。

  • 忘れ物をした便名
  • 座席番号
  • 何を忘れたか

「便名」はともかく、「座席番号」も必要。
まぁ座席に忘れ物をしたんだから、そりゃそうか。
座席番号の記載がある「搭乗券」を捨てずに、ちゃんととっておいて良かった。


そして上記の情報を伝えたところ、すぐに「ありました」とのこと。
機内の忘れ物として、すでに空港内で管理されていたっぽい。

忘れ物の管理番号を教えてもらい、後日空港に行った際に回収することにした。
管理番号は8桁の数字なので、電話をする前にメモの用意をしておくとよい。

そして忘れ物を空港にとりに行った際には、管理番号を空港カウンター(ANA)で伝えればOK。
忘れ物を回収できる。


ちなみに忘れ物は、着払いの郵送で指定住所に送ってもらうことも可能のようだった。
ただその場合「早くても明日の発送」ということだったので、今回は空港にとりにいくことにした次第。

また空港にとりに行く場合は、取りに行く「日付と時間」を伝える必要あり。
たぶん、スグに渡せるようバックヤードで取り分けておくためかと。


ということで。

ちゃんと回収できて良かった・・・と。

まぁ、それだけなんだけど。

次からは忘れ物しないよう、気をつけたい。


そんな感じ。