FCバルセロナ「カンプノウ・エクスペリエンス ミュージアムツアー」で展示とスタジアム見学に行ってきた

カンプノウ・ツアー

世界有数のサッカーチームFCバルセロナの本拠地スタジアム「カンプノウ」
サッカーに興味がある人間であれば誰でも知っているような、憧れのスタジアムであります。
カンプ・ノウ - Wikipedia

f:id:tonogata:20180324135306p:plain:w800

そんなカンプノウでは、FCバルセロナの歴史を紹介する展示や、スタジアムの見学がセットになった「カンプノウ・エクスペリエンス ツアー」がある。
公式サイト・チケットの購入はコチラ。
カンプノウ・エクスペリエンス ミュージアムツアー - FC Barcelona

自分が購入したのは、普通の「STADIUM TOUR」チケット(20ユーロ)と、オーディオガイド・オプション(5ユーロ)。
合わせて25ユーロ(3300円)。

この場合、コース案内に沿って自分で会場内を歩き回って見学する感じ。
スタッフによるガイドが欲しい場合は、そのオプションを別途つける必要がある。

オーディオ・ガイドは、スマホ端末&イヤホンの貸し出し。
日本語の音声対応あり。

f:id:tonogata:20180324135022p:plain:w600

基本的にオーディオ・ガイドは、付けた方がいいかと思いました。
展示内容に関して、色々と音声で説明があったり、名シーンの試合動画などが表示できる。


カンプノウへの行き方・入場

カンプノウは、割とバルセロナ市街地から近かった。

例えばカタルーニャ広場から電車でいく場合、最寄駅「Les Corts」(L3ライン)まで15分。
2.2ユーロ(300円)。

駅からスタジアムまでは、徒歩10分。
スマホの地図があれば、迷うこともないかと思います。

見学の入口は、スタジアム敷地内にある公式ショップ「メガストア」の近くにある。
Google マップ

ツアーの入口については会場内に矢印案内が結構でてるので、特に問題ないかと。

f:id:tonogata:20180324135338p:plain:w800

購入したチケットを印刷して持っていくか、スマホ画面で表示する。
入口では、まずチケットのQRコードを読み取られ、次に隣のカウンターでオーディオガイドを借りる。

オーディオ・ガイドを借りる場合、料金支払い済みでもクレカでデポジットが必要。
(クレカを1度通す。オーディオガイド返却しなかった場合、何らか請求がある。問題なければ特に課金はされない)

オーディオガイドについてくるイヤホンは安っぽい感じなので、自分で持ち込むのがいい感じ。
普通のイヤホンジャックでささる。


なお、入場はチケット予約時に「日時指定」だが、実際にはさほど気にされてない感あり。

チケット読取りが済んだら、いったん2Fに上がって展示スペースに向かう。

f:id:tonogata:20180324140024p:plain:w800

展示スペースに向かう途中、スタッフからリストバンドを着けられる。

これは会場内にある複数の撮影スポットで、スタッフに記念写真を撮ってもらう際に使う。
リストバンドを読み取ってもらう→写真撮影→会場をでる際にリストバンドを読み取って欲しい写真をピックアップ。

撮影は無料、写真を受け取るのは有料。

なお撮影スポットでの撮影は強制ではなく、笑顔で「のー・ふぉと・さんきゅー☆」で素通りOK。
不要ならツアー中に自分でリストバンドをとってしまってもOK(引きちぎる)。
(最初からリストバンド装着を断ってもいいが、結構しつこく勧められるので断るのも面倒)


展示スペース

まずは、展示スペース。

f:id:tonogata:20180324141109p:plain:w800

過去のトロフィーがズラッと並んでいる。

展示にヘッドフォンのマークと数字がある場合は、オーディオ・ガイドあり。
スマホ画面でその番号を打ち込むと、ガイド音声が再生される。

※「3」という数字が表記されている
f:id:tonogata:20180324141354p:plain:w800

最近の選手(↓はイニエスタ)と、大昔のバルサ選手のスパイク。
現役選手のスパイクは、顔写真つきで結構な数が展示されていた。

f:id:tonogata:20180324141807p:plain:w800

昔のユニフォームや、ボール。
時代によるユニフォームの細かな違いについては、音声ガイドで説明がある。

f:id:tonogata:20180324141903p:plain:w800

昔のカンプノウ。
山の斜面?にズラッと観客が並んでいるのをみると、やはりチームの歴史を感じる。。。

f:id:tonogata:20180324141927p:plain:w800

全体を通していうと、チームの創設事情や、戦争でチーム運営が困難だった時代についての展示・解説が、なかなか良かったです。
(そうした解説が欲しい場合はオーディオガイド必須)

また各時代におけるスター選手の動画も、展示でみることができた。
各選手のプレー動画をみてると、やっぱロナウジーニョってハンパなかったな・・・と思いました。


スタジアム見学

展示スペースをでると、コース案内(矢印)にそってスタジアム見学へ。

まずは、記者会見のプレスルームと、選手控え室。
もちろん本物。

f:id:tonogata:20180324142734p:plain:w800

そして実際の試合で、ロッカールームからグランドに向かう選手と同じコースで・・・

いざ、カンプノウのグランドへ。

f:id:tonogata:20180324142905p:plain:w800

ドジャーン!!

f:id:tonogata:20180324143020p:plain:w800

いったんグランドにでると、観客席にも入ることができる。
↑は上の方から撮った写真。

グランドを間近でみたり、VIP席に座ったりすることもできる。

f:id:tonogata:20180324143123p:plain:w800

この日は試合がなかったので、観客席に座ってオーディオ・ガイド(スマホ端末)をみていた。
展示物と関係なく、自分で勝手に番号を押して動画再生するという(笑

29番・・・過去のチャンピオンズリーグ優勝時のゴール動画
31番・・・メッシ動画

ひととおりグランドの雰囲気を味わったら・・・

観客席の最上段にのぼって、メディアが使う放送席へ。

f:id:tonogata:20180324143302p:plain:w800

これでスタジアム見学は終了。


カフェ・スペース

スタジアム見学のあとコース案内にそって進んでいくと、再びカフェ・スペースあり。

座席数もさほど多くなく、たいていの人は素通りする。

f:id:tonogata:20180324143813p:plain:w800

自分は腹が減っていたので、ピザを食べました。
5ユーロ。

f:id:tonogata:20180324143850p:plain:w800

ハムのピザっすね。
味は普通。

f:id:tonogata:20180324143924p:plain:w800


そして出口へ

最後に、また展示スペースがある。
(最初に見た展示スペースとは別)

f:id:tonogata:20180324143411p:plain:w800

そこを抜けると、オーディオガイドの返却カウンター。

そして、記念撮影の写真ピックアップコーナー。
PC端末を操作して、自分で写真をピックアップ→レジに向かう感じ。

f:id:tonogata:20180324144032p:plain:w800

自分は素通りしたため、詳しくは知らない。
写真の受け取りは、有料らしい。


最後は、メガストアの店内(2F)にでて、ツアー終了。

f:id:tonogata:20180324144152p:plain:w800

お土産は、こちらで買えるかと思います。
自分は買わなかったけど、レプリカ・ユニフォームとか、そーゆーのが多かった。


まとめ

滞在時間は、さっと見て回るだけなら1.5時間くらいかな?
自分はオーディオガイドを全部みながら割とゆっくり見学したので、3時間近くかかった。

思ったより、良かった。
バルサの歴史を学んだ後で、そのままスタジアム見学できたのが、いい感じでしたね。

さて。

今回の旅程では、試合が見れなかった(試合がなかった)。
今度スペインにくる場合は、試合がある日程で旅行したいな、と思いました。

そんな感じ。