ブリティッシュ・エアウェイズが特典航空券の必要マイル数を価格連動に変更

f:id:tonogata:20180329235401p:plain:w400

Head for Pointsで、BAのCEOインタビューが掲載されていた。
EXCLUSIVE: Alex Cruz discusses changes to Avios

内容的には、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の「特典航空券の必要マイル数」が価格連動になるというモノ。

同様のことが、投資家向けの資料にも記載されていたらしい。

British Airways Moving to Revenue-Based Redemptions Next Year - View from the Wing

Avios - Progressive intorduction of Dynammic Pricing from 2018


Head for Pointsのインタビューをみてみる。

So at the moment we have seen how a number of airlines around the world have changed the way in which they collect points and redeem points to be much more value driven.
If the ticket costs £1,000 you get more points than if your ticket cost £100.
Also, at the time of redeeming, finding more flights available for different amount of miles.
I think we are definitely going to go in that direction.

最近では多くの航空会社が、マイルの獲得/利用を「価格連動」に方針変更している。
つまり、100ユーロのチケットを買った場合より、1000ユーロのチケットを買った方が多くのマイルが獲得できる、といった風に。
またマイルの利用(特典航空券)については、柔軟な必要マイル数で「特典航空券での空席を見つけやすく」なっている。
BAは、基本的にその方向を目指す考え。

前半で言っているのはフライトマイルの「金額ベース」のことですね。
これについては、BAがどうするのかイマイチ分からない。

以降の話は、マイルの「利用方向」=「特典航空券の必要マイル数」にフォーカスされている感じ。
必要マイル数が、チケット代に連動した形になる。

As a consumer, I was looking at it and I wasn’t given an option to buy the whole ticket or pay half of the price.
What I really wanted was a slider.

(現在でもチケット代の一部をマイルで払う制度はあるが)
全額を現金で払うか、半額+マイルで支払うしか選択肢がなかった。
欲しかったのは、(現金とマイル数の支払いバランスを調整できる)スライダーだ。

The point we are moving to is that if there is a seat for sale, you should have access to it.
You should make a decision how many points you use and how many money you pay.

空席があるならば、マイルでも予約できるようにしたい。
ユーザーが現金とマイルの支払いバランスを、自分で決めた上で。

一般的に「特典航空券」で予約可能な座席数は決まっており、現金で予約可能な空席があっても「マイルでは取れない」場合が多々ある。

BAは上記のように「現金とマイル数の支払いバランス」を自由に設定することで、空席がある限り特典航空券でチケットをとれるようにする感じ?
また「必要マイル数」自体を価格連動にもする、と。

本当に「スライダー」を導入するかは分からないが、ホテル業界だとヒルトンがやってますね。

www.bousaid.com

距離ベースのアワードチャート自体が完全になくなって「価格連動の必要マイル数」になるのかは、イマイチわからない。
そうなりそうな雰囲気だけど。

ちょっと関係ないが、例えばANAのSKYコインやJALのeJALポイントで、似たようなことができる。
この場合、マイルをコイン/ポイントに変えて現金のように使うことで「チケットはとれる」が、1マイルの価値は1~1.5円程度に落ち着く。
(マイルとのセット利用はできない)

つまりマイルを(航空会社側のレートで)金額ベースに換算しちゃうと、マイルとしての「旨味」はちょっと控えめになる。

「Pay with Avios」の場合は「マイルをポイント/コインに交換する」というより、そのままマイル+キャッシュを支払いにあてる感じだ。

BAのマイル価値がどの程度になるかは、分からない。
従来の「距離ベースなアワードチャート」よりは、残念な感じになる可能性がある。

しかしまぁ、繁忙期でも「マイルを使える」というメリットも、ある。
必要マイル数は、多少高くつくかもしれないが。

ちょっと注意しないとイケないのはJAL国内線=4500マイルのあたりすね。
まぁ今でも、繁忙期はとりにくいのでアレだけど。


なお、変更の実施時期については「未定」としながら、「来年のはじめか、今年の年末」というワードは出てきている。

I am not sure if we make it by the beginning of next year or the end of this year

ただ投資家向けの資料では「2018」とあったので・・・

どうなるものかな。


そんな感じ。

www.bousaid.com