マリオットとSPGの統合は8月に決定、制度変更の詳細も発表

マリオットとSPGの統合

マリオットとSPGの統合について、正式な予定がでた。

公式サイトはコチラ。
Marriott Members

f:id:tonogata:20180418065033p:plain:w300

さて。

ロイヤリティ・プログラムの統合は8月。
そして2019年に、プログラムの名称が変更になる。

f:id:tonogata:20180418000116p:plain:w300

公式サイトによると、統合による変更内容については「今回の発表内容が全て」となる。

Q:変更点はすでに発表されている内容ですべてですか? あるいはほかにもまだありますか?
A:プログラムの主な変更点は、4月に発表された内容がすべてであり、8月から実施されます。
従来通り、新たな変更が生じた場合は、できるだけ早急に会員の皆様にご案内いたします。
よくあるご質問 Marriott Members

ただまぁ下述の通り、詳細についてまだ決まってないところが散見されるけど。

それはともかく。

れっつら・ごー。

www.bousaid.com



会員ステータスの移行

8月から会員ステータスも新制度に移行する。
ステータスは、全部で5段階に増える。

統合後 現マリオット 現SPG
新シルバー(10~24泊) シルバー 下記以下
新ゴールド(25~49泊) シルバー(25泊) ゴールド
(現SPGアメックス)
新プラチナ(50~74泊) ゴールド プラチナ
新プラチナプレミア(75~99泊) プラチナ プラチナ(75泊)
新プラチナプレミア(100泊&2万ドル) プラチナ(100泊&2万ドル) プラチナ(100泊)

もともとマリオットのステータスはSPGよりハードルが高いので、それを反映した移行テーブルになっている。
(例えば同じ「ゴールド会員」でも、旧マリオット=50泊必要、旧SPG=10滞在or25泊必要だった)

新ステータスは、上表通りに「自動的に移行」される。

ただしユーザーが8/1以降にアカウントを統合したタイミングの宿泊数で、ステータスが更に上がる場合はそちらのステータスにアップする。

「アカウント統合」というのは、8/1以降にユーザーによる「ポチッと承認」などが必要になる感じ。

統合後のステータスで特典を受けるには、ホテルご到着前にオンラインでお客様の2つのアカウントを統合する必要があります。

アカウント統合タイミングで集計される宿泊数の対象は、2018/1/1~8月におけるマリオット/SPG/リッツカールトンの全ての「合計」宿泊日数
(旧SPGにおける「滞在数」基準はなくなる)

リワードとSPGリワードアカウントを統合した会員は、2018年1月1日以降の29ブランドのホテルでの合計宿泊日数に基づいて、より高いエリート会員資格の獲得が可能になります。

8月以降も「アカウント統合」をしなかった場合は、ちょっとどうなるか不透明。

あとSPG会員については、2019/1までは「SPG基準=滞在回数」(対象はSPG系列のみ)でも、「新基準=宿泊数」(対象は全ブランド)でも、エリート資格を獲得できる。
(取得できるステータスの高い方をとれる)

2019年1月1日から、エリート会員資格の獲得はご滞在数ではなく宿泊日数によって計算されます。
それまでSPG会員のお客様は、SPGのブランド限定で滞在回数に基づいて会員資格を獲得できます。
ただしその間も、全29ブランドを対象に宿泊日数に基づいて資格を獲得することもできます。
最新情報 SPG Marriott Members


そのほか個人的な注目点としては、SPGアメックスに付帯する「SPGゴールド会員」がどのような扱いになるか。

SPGアメックスについては、8/1以降も新制度上の「ゴールド」が付与される可能性が高そう。
すでに「8月以降のカード特典」についてアメックスからお知らせがでているが、ステータスについては「ゴールド付与」で変わっていない。
Benefitslist_SPG_20180410.pdf
(一応、今後更新される可能性はある)

ちなみに現在、SPGとマリオットのステータスマッチが可能なため、SPGゴールドは自動的にマリオット・ゴールドになる。
マリオット・ゴールドは、新制度では「プラチナ」。
そのため「SPGアメックス経由でゲットしたマリオット・ゴールドで、新制度プラチナになれるか?」というと・・・

個人的には「無理だろうな」と考えている。
なんとなく。

※2018/05/11追記
公式HPに情報が追加された。
SPGアメックス経由のマリオット・ゴールドの場合、つまりステータスマッチして得たマリオット・ゴールドの場合、新制度では「ゴールド」となる模様。
詳しくは、以下を参照ください。

www.bousaid.com



ステータスごとの会員特典

会員特典の全リストは、公式サイトを参照ください。
会員特典 Marriott Members
※一部特典の詳細は、英語版のみに記載あり

以下は、自分が気になったポイントのみ。

まずは、「ラウンジ」と「無料朝食」。

会員特典1 ラウンジ 朝食
シルバー × ×
ゴールド × ×
プラチナ
プラチナ
プレミア
プラチナ
プレミア(100泊)

プラチナ以上は、「ウェルカムギフト」で朝食・ポイント・アメニティから選択。
「朝食」を選択すれば、無料朝食となる。
またホテルにラウンジがある場合は、「ウェルカムギフト」で朝食選択をしなくてもラウンジの無料朝食が使える。

今回、以下のホテルも新たに無料朝食の対象になった。

  • コートヤード
  • ACホテル・バイ・マリオット
  • モクシー・ホテル
  • プロテア・ホテル&リゾート

この変更は、プラチナ以上の会員にとってはいい感じすね。

なお下記のホテルでは、朝食オプションなし。

  • ザ・リッツ・カールトン
  • エディション・ホテル
  • マリオット・バケーション・クラブ
  • ゲイロード・ホテル
  • デザインホテル

ちなみにゴールドにも「ウェルカムギフト」があるが、選択肢は「ポイント」のみ。
そのため無料朝食はつかない。

ちなみにSPGアメックスのステータスマッチでマリオット・ゴールドを取得していた場合、今まではマリオットで朝食&ラウンジが付いていた。
新制度のゴールドでは、それがなくなる。


次に、「ルーム・アップグレード」と「レイト・チェックアウト」。

会員特典2 アップグレード レイトチェックアウト
シルバー × ×
ゴールド △プリファード 14時
プラチナ ○スイート含む 16時
プラチナ
プレミア
○スイート含む 16時
プラチナ
プレミア(100泊)
○スイート含む 16時

ゴールド会員のルーム・アップグレードは、プリファード・ルームのみ。

プリファード・ルーム(より良い部屋)=人気のビュー、高層階、リニューアル済み。
まぁ現場の運用次第だが、「あんまり期待できない」ってコトですね。

8月から、ゴールドエリート会員のお客様は、より望ましい客室へのアップグレードをご利用いただけます (人気のビュー、高層階、リニューアル済み)。
また、プラチナエリートおよびプラチナプレミアエリート会員のお客様は、セレクトスイートを含むより望ましい客室へのアップグレードをご利用いただけます。
よくあるご質問 Marriott Members

またゴールドだと、レイトチェックアウトは14時まで。
SPGゴールドなら16時まで可能だったので、残念な変更だ。


最後に、「宿泊時のボーナス・ポイント」と「スイートナイト・アワード」。

会員特典3 ポイント 5スイートナイトアワード
シルバー 10% ×
ゴールド 25% ×
プラチナ 50%
プラチナ
プレミア
75%
プラチナ
プレミア(100泊)
75% -

ホテル宿泊でもらえるポイントは、ステータスによってボーナスポイントが異なる。

ゴールド=25%なのは、ちょっとなぁ・・・
SPGゴールドの特典は50%だったのが、新制度では25%に目減りしてしまう。。。

なんというか旧SPGゴールド会員的には、ちょこちょこ残念な変更がありますね。。。


ポイントの獲得と利用

SPGスターポイントは、8月時点で新ポイントに1:3レートで自動交換となる。
=ポイント数が3倍になる

現在でも1:3レートで交換可能なので、まぁそんなもんかな、と。

また8月以降、ホテル宿泊でのポイント獲得は、従来のマリオットと同じ1ドル=10ポイントとなる。
ここまでは、あんま過激な変更はナシ。

ただしポイントの使い道については、まだちょっとフワフワしている。

ポイントの使い道は、大きく分けて3つ。

  • フリーナイトアワード(無料宿泊)
  • マイル交換
  • トラベルパッケージ

このうち、フリーナイトアワード(無料宿泊)については、以下の変更ある。

  • カテゴリーが8つになる
  • ピーク/オフピークで必要ポイントが変わる(2019年予定)
カテゴリー スタンダード
8月1日有効
オフピーク
2019年予定
ピーク
2019年予定
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

8月からこのレートになるが、ピーク/オフピークは2019年からなので、それまではスタンダードのみ。
カテゴリー8も2019年開始なので、それまでは「最大でも6万ポイント」で無料宿泊できる。
(SPGスターポイント換算でいうと、2万スターポイント)

ただし各ホテルのカテゴリー振り分けが判明しないと、なんとも言えない。
今後、発表されるらしい。

※2018/06/30追記
必要ポイントのリストが発表された
マリオット統合後の無料宿泊特典に必要なポイント数とトラベルパッケージが発表 - やじり鳥


ポイントのマイル交換については、どうだろうか。
SPGベースで考えると「前と同じ」、マリオットベースで考えると「良くなった」。

8月からポイントは、マイルに3:1で交換できるようになる。
更に6万pt交換毎に、1.5万ptのボーナス(5000マイル分のpt)。

つまり6万pt→2.5万マイル。
これは旧SPGの2万pt→2.5万マイルと同じレートである。

SPGユーザー的には、マイル交換レートについての心配は不要になったかな。
(ただマイル交換にかかる日数は長くなりそうな気がするが・・・)

40社以上の航空会社のマイレージプログラムのマイルにポイントを変換できます。
新しいポイント交換レートは3ポイントで1マイルです。
ポイントをお好きなマイレージプログラムのマイルに変換すると、60,000ポイントごとに15,000ボーナスポイントが追加で提供され、合計25,000マイルを獲得できます。

旧マリオットからの観点で考えると、マイル交換レートはちょっと微妙な変則レートだったのでマシになった。
トラベルリワードプログラム マリオット


そして、マリオット最大の特徴ともいえる「トラベル・パッケージ」
これについては、まだどうなるか分からない。

View from the Wing(の引用)によると、トラベル・パッケージの新しいチャート(必要ポイント)は、6月に発表されるらしい。

We are planning to publish the new chart on our websites in June.
The Ultimate Guide to the New Combined Marriott Program and the End of SPG - View from the Wing

これが、どうなるかですね・・・。


その他、SPGで有効だった「ポイント購入」はどうなるか。

マリオットでもポイントの購入が可能で、内部的にpoints.comを使っているのもSPGと同じ。
1000ptあたり12ドル。

3:1でマイル交換が可能とすると、1マイル=4円くらい。
SPGと同じくらいの感覚。

ただし、マリオットではSPGのような「セール」をあまり見かけない。
もし35%セールが実施されれば1マイル=2.6円程度だが、果たして今後セールをやるかな・・・。
SPGポイント購入セール カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥


SPGアメックス

SPGアメックスについては、アメックスから特設ページでお知らせが出ている。
SPGプログラム変更に伴う特典改定のご案内

簡単にいうと、今のところカード側での実質的な変更点はない。

ただしマリオット側の制度変更の影響は受ける。
いい意味でも、悪い意味でも。

100円=1スターポイント→3ptに変更。
スターポイントは1:3で新ポイントに移行なので、今までと同じポイント付与率。

ポイントはマイルに3:1で交換できるので、マイル交換目的でも同じ感覚。
あとはトラベル・パッケージ次第で、ポイントの価値が大きく変わってくる。

ポイントを無料宿泊に使う場合、アワードチャート次第なのでやや不透明。

ゴールド・ステータス付与。
新制度の「ゴールド」は、上述のようにレイトチェックアウト=16時→14時になったり、ボーナスポイント50%→25%になったり、そもそも全5ステータスの中で下から2番目に位置する。
いろいろ期待できない。

無料宿泊特典は、引き続き付与。
SPGのみでなくマリオットでも使えるようになるので、利便性は上がる。


今後、SPGアメックスに新しい特典が追加される可能性は、一応あるのかな?
分かんないけど。

マリオット側にもSPGアメックス(JP)の特設ページができており、そこには「新特典-まもなくお知らせします!」の文字。
Marriott Rewards Credit Cards

f:id:tonogata:20180417234827p:plain:w300

「まもなく」って、いつのことかにゃ?

すでに「マリオット統合に関わる特典」は一通り記載されているので、それ以外に「新特典をまもなくお知らせ」と言われると、ちょっと期待しちゃうんだけど。
どうなんだろうな。


まとめ

自分の場合、SPGは宿泊というより「SPGアメックスでのポイント獲得とbuyポイントでのマイル関係」がメイン。

SPGアメックスは2014年からお世話になっているが、今回の制度変更の内容によっては、どうしようかな、と。
年会費、高いし。

www.bousaid.com

ただまぁ、すくなくともショッピング・ポイントの「100円あたり3pt=1マイル」→「交換時のボーナスで1.25マイル」は維持されたので、良かったかな。
ホテル・ステータスの面でいうと、ちょっと残念な感じがあるが。

まぁ、引き続きちぇけらっちょにて。

ちぇけちぇけ。