17世紀に日本からベトナムに渡った「伊勢うどん」がルーツのホイアン名物「カオラウ」を食べる

伊勢うどんがルーツの「カオラウ」

ベトナムで、ホイアン名物の麺料理「カオラウ」を食べた。

カオラウは、17世紀に日本人が持ち込んだ「伊勢うどん」がルーツという説がある。

ベトナムのホイアンには「カオラウ」という小麦を原料とする太麺の料理があり、17世紀前半の朱印船貿易時代の伊勢商人・角屋七郎兵衛が持ち込んだ伊勢うどんをルーツとする説がある。
※ただし石灰分の多いホイアンの水で作るカオラウは非常にコシの強い麺であり、現在の伊勢うどんとは似ても似つかない
伊勢うどん - Wikipedia

「うどん」にルーツをもちつつ、「うどんとは似ても似つかない」という。

はるか昔、17世紀に日本からベトナムに渡った「伊勢うどん」。

遠いベトナムの地で、独自に進化していったんだろうか。
味的にも、食感的にも、分かり合えないくらい「遠く」にいってしまったんだろうか。

もう1つの「うどん」。

興味ある。


ホイアン旧市街「Khong Gian Xanhh」

ホイアン観光地の旧市街にある、カオラウ専門店「Cao Lau - Khong Gian Xanhh」。
Cao Lau - Khong Gian Xanhh - トリップアドバイザー

狭い路地を入ったところに、お店があった。
そのものズバリ「CAO LAU」(カオラウ)の看板を掲げている。

f:id:tonogata:20180515231514p:plain:w600

店内に入ってみると、ローカルの人が多い。
どうも地元の人に人気のお店のようだ。

確かに、トリップアドバイザーなどでの口コミ評価はやたら高かった。

f:id:tonogata:20180515231558p:plain:w600

カオラウ(CAO LAU)は、3万ドン。

日本円でいうと150円くらい。安い。

f:id:tonogata:20180515231658p:plain:w600

お茶のボトルも注文 (1.5万ドン)。
しかし例によって、砂糖入りの「甘いお茶」だった。

久々にアジアにくると、このトラップにひっかかる。
飲んでみて、お茶の甘さに意表を突かれるという(笑


そうこうしてるうちに、注文したカオラウがやってきた。

f:id:tonogata:20180515231806p:plain:w600

麺の上に、いろいろ具材が乗っている。
チャーシューと、なんかパリパリに揚げたヤツ。

タレは底に少し入っている。
かき混ぜてみる。

f:id:tonogata:20180516064017p:plain:w600

野菜も結構入っていた。

表面がザラザラした、短めの太麺。
噛むとプチッと切れる。

「つるん」とした柔らかい日本の「うどん」とは、全然違う。

野菜と一緒に、ザクザクと食す。
ほんのり甘いタレ。

うん。
なんだろうな。

ぜんぜん「知らない味」なんだが・・・

なんだか「知っている」気がする。

日本でよく食った、何かに似ている。
いや、味は違うんだが、何かが足りない気がするというか・・・

何なんだ?

あの料理の名前が、思い出せんの・・・


アンホイ島「Lien Thao」

ランタンで有名な街、ホイアン。
美しい世界遺産の街だった。

あの日、星が降った日。

f:id:tonogata:20180508000819p:plain:w600

それはまるで夢の景色のように、美しい眺めだった。

ランタンの装飾は、橋を渡ったアンホイ島まで続く。

アンホイ島の街の外れ、ちょっと薄暗くなったエリア。
そこに飯屋が軒を連ねた一角があった。

f:id:tonogata:20180516070527p:plain:w600

何軒かある中で、自分が訪問したお店は「Lien Thao」。
Lien Thao - トリップアドバイザー

このお店も、口コミ評価がやたら高かった。

f:id:tonogata:20180516071113p:plain:w600

簡素な木製の椅子、安っぽいビニールのテーブル・シート。
この雰囲気が、たまりません。

まずは、ご当地ビール。
「333」と書いて、「バー・バー・バー」と読む。

そしてホイアン名物の揚げワンタン
(Fried Wonton)

f:id:tonogata:20180516071505p:plain:w600

これ、めっちゃ美味い。
パリッとした生地の上に、パイナップルやトマトなど甘酸っぱい餡が乗っている。
ちょっと初めての味。

次は「ホワイトローズ」(White Rose)。
こちらもホイアン名物。

f:id:tonogata:20180516071709p:plain:w600

これは見た目通りワンタンの味。
普通に美味い。

「〆は何にしようかなぁ」と思っていたら、メニューに「Fried Cao Lau」の文字。
焼きカオラウ?

通常のカオラウと並んで、メニューに載っている。
お店のおばちゃんに、「『焼きカオラウ』ってどんな料理?」と聞いてみた。

おばちゃん、笑顔で一言。
「焼いたカオラウだよ」。

そりゃそうだ。

注文してみる。

f:id:tonogata:20180516072259p:plain:w600

味付けは、ややタイのパッタイ寄り?

しかし、タレの感じや食感がパッタイとも少し異なる。
なんだろう?

・・・そうだ。

これって・・・
もしかして。

ホイアンでカオラウを食って以来・・・
ずっと何かを探していた気がする。

でも今、思い出した。


君の名は。


「焼きうどん」


f:id:tonogata:20180516072259p:plain:w600


全くもって、日本の「焼きうどん」の味。
香ばしく焼いた、太麺、野菜、甘いタレ。

17世紀に枝分かれした、2つの「うどん」。
いまココに、「焼きうどん」として再び運命の邂逅。

美味いにゃー。
焼きうどん(焼きカオラウ)。

うん。

カオラウを食った時に、ひっかかってた感触。
焼きうどんベクトルなんだよなぁ。

焼くと美味い。
そんな気が、してた。


さて。

お会計は、合計13万ドン。
約650円。

3品+ビールで?
やっす(笑


いやー。
実に美味かった。


そんな感じ。