夜20時に開店する香川のうどん屋「鶴丸」で、飲んだ後の〆で有名なカレーうどんを食べた

うどん県の香川で、うどんを食べた。

やはり「うどん県」ともなると、飲みの〆で「ラーメン」ならぬ「うどん」というカルチャーもあるらしい。

「飲んだ後の〆に一杯、カレーうどん」で有名な「鶴丸」というお店に行ってきた。
高松の繁華街で、夜の20時~翌3時までのみ営業

公式HPをみると、「『飲んだ後のシメに一杯』で営業32年」の歴史を持つらしい。

手打ちうどん 鶴丸
「飲んだ後のシメに一杯、食べられるうどん店があっても面白い」とオープンして約32年
毎日20時から翌3時まで営業しており、うどんは完全手打ちの生麺で、作り置きはせず、いつでも茹でたてが食べられます。
“昼うどん”ももちろんいいけれど、〆の一杯の“夜うどん”は格別です。
ぜひ、お立ち寄りくださいませ。


ちょうど当方も、夜遅くに高松に着いてメシを探していたところ。

繁華街を歩いていると、居酒屋からでてきたサラリーマン一同が「じゃあ、〆は鶴丸にいきますかぁ」と話している。
ホントに〆で、うどん屋に行くんだなと思った次第。

23時50分、お店に入店。

f:id:tonogata:20180628075510p:plain:w800

夜遅くまで開いてるって、ありがたい。
まぁこのお店の場合、夜しかオープンしてないが。

早い時間だと相当混雑するらしいが、この日のこの時間は比較的待たずに入れた。
それでも満席に近い状況。

カウンターに通され、メニューを拝見する。

f:id:tonogata:20180628075524p:plain:w800

食うモノは決まっている。
カレーうどん。

「飲んだ後の〆で、うどん」ならまだ何となく分かるんだが・・・
どうも香川では「飲んだ後の〆で、カレーうどん」というカルチャーもあるらしい。
こちらの名物も、カレーうどん。

なぜ、カレーうどん。
飲んだ後に・・・。

よく分からないが、注文。
こちらはセルフ式でなく、注文すると持ってきてもらえる。
おでんだけ、セルフ。

カレーうどん700円、ちくわ天100円。

f:id:tonogata:20180628075540p:plain:w800

やってまいりました。

麺は柔らかめ。
コシのあるタイプというより、柔らか麺。

具は控えめに牛肉、玉ねぎ、ニンジンが入っていた。

f:id:tonogata:20180628075556p:plain:w800

カレースープは、和風。
サラッと飲めちゃう。美味い。

柔らかい麺をスルスルと飲みこみながら・・・
合間合間で、カレースープをゴクゴクといただく。

あぁ、そうかもな。
飲んだ後に、いいかもな。
このゴクゴク飲めちゃう一杯は。

結局、スープも飲み干してしまった。

f:id:tonogata:20180628075612p:plain:w800

当方、別に飲んだ後でもなかったが、なんとなく合点がいった次第。
〆にカレーうどん。

美味いですね。。。

カロリー的に言うと・・・
深夜0時にラーメンを食うか、カレーうどんを食うか。
どっちがギルティなんだろうか。

どうなんだろうな。

まぁいいか、そんなことは。

とりあえず、美味かった。


そんな感じ。