北海道の最北、稚内「うろこ亭」で食べる海鮮丼・ウニ丼・たこザンギ

北海道の最北 稚内は、ANAから直行便が出ている。
その稚内の漁港で、地元の魚屋がやってる「うろこ亭」でメシを食べた。
食べログ 海鮮炉端 うろこ亭

f:id:tonogata:20180704230528p:plain:w600

お店の裏は、最北の海。
雰囲気あります。

このお店、稚内駅からも近いので、稚内に行った際にはよく食べに行くんですね。
食いたいモノも、決まっている。

f:id:tonogata:20180704230705p:plain:w600

海鮮丼の「うろこ市丼」、1980円。

今回はウニもつけて、「ウニ・うろこ市丼」=2980円。

f:id:tonogata:20180704230734p:plain:w600

どうでしょう。

ウニ・カニ・エビ・ホタテ・イカ・イクラ、etc、etc。

いいです。

実にいいですねぇ。

掘っても掘っても、海の幸がでてきます。
満足感、高いです。

しかし、その中でもひときわ輝きを放っているのが・・・
やはり、ウニ。

「ウニ丼、食いてぇなぁ」と思い・・・

後日再訪。

改めてメニューをみると、ウニはやっぱりお高い。
特に「ばふんウニ丼」は、なかなかのお値段。

f:id:tonogata:20180704231352p:plain:w400

しかし今回、在庫をきいてみると「ばふんウニもまだある」と言うことなので・・・

思い切って、いってみます。
ばふんウニ丼、4300円・・・。

f:id:tonogata:20180704231336p:plain:w600

食ってみると・・・

舌の上でのトロけ具合、ハンパない。
まろやかにも、ほどがある。

めっちゃ美味いやんけ!
値段的に、2度は食えないけど。


ペロッと感触。

しかし、止まらない。
「俺は4000円オーバーの丼を食った」という興奮、未だ静まらず。

もっとイケる、俺はもっとイケる。
よく分からない謎の自己肯定感に、突き動かされる。

まずは生ビール。

そして「ほっき」。

f:id:tonogata:20180704232248p:plain:w600

間髪入れず、「たこザンギ」。

「たこザンギ」って、タコの唐揚げ。

f:id:tonogata:20180704232658p:plain:w600

コレがまた、ジューシー&ジューシー。
めっちゃ美味いやん。

柔らかいタコ、ほどよい噛み応え。
噛むほどに、タコ汁が染み出す。

タコって、こんなに美味かったの?
ビックリしちゃう。


いやー。

食った。

やっぱり北海道、海鮮が美味いすなぁ。

今回は礼文島でトレッキングしようと稚内に行ってきた。
礼文島は、稚内からフェリーで日帰り可能。

礼文島自体は宿が少ないので稚内から行ってきたんだが、礼文島がこれまた、良かった。
また、稚内経由で行こうかな、と。
そう思いました。


そんな感じ。