プライオリティパスのアプリに「空港フロアマップ」とルート検索機能が追加

空港ラウンジを無料で使えるプライオリティ・パス。
そのスマホアプリに、「空港フロアマップ」とルート検索機能が追加された。
ただし現時点では、iPhoneアプリのみ。Androidにもそのうち搭載されると思う。

アプリのダウンロード・ページはコチラ。
プライオリティ・パス アプリ

今回のニュースリリースはコチラ。
Priority Pass Is Pleased To Announce App Updates With New Key Features

Indoor Airport Maps: iOS users can now navigate the airport terminal more swiftly with our brand new wayfinding technology.
(空港フロアマップとナビゲーション機能を追加した)

Favorites: Have a preferred or ‘must visit’ lounge? Save your favorites for easy access whenever you use the app.
(ラウンジのお気に入り機能を追加した)

Biometric login: Log in to the app quicker than ever before using your Fingerprint, Touch ID or Face ID, supported across Android and iOS.
iPhoneのTouch ID(指紋認証)とFace ID(顔認証)でのログインに対応した

さて。

今回の空港フロアマップ機能は、「LocusLabs」の技術を使っている。
http://locuslabs.com/LocusMaps/

プライオリティ・パス(コリソン・グループ)がLocusLabsの技術を利用することがリリースされたのは半年くらい前だった気がするが、実際に機能が実装されるのを楽しみに待っていたんだな。個人的には。

実際のアプリ画面をみてみる。

まず、アプリのメニューから「その他」→「空港フロアマップ」へ。

f:id:tonogata:20180713222114p:plain:w600

現在利用できる空港のリストが表示される。
まだ、それほど数は多くない。

アジアだと、シンガポールや香港など。
日本は未対応。

空港を選択すると、フロアマップが表示される。
地図の拡大・縮小と、フロア(階数)の選択が可能。

f:id:tonogata:20180713222258p:plain:w600

フロアマップでは、お店の名前までちゃんと表示される。

検索ボックスでラウンジ(lounge)を検索すると、赤丸で検索結果が表示された。

f:id:tonogata:20180713222504p:plain:w600

施設を選択すると、詳細説明が表示される。

この詳細説明画面で「行き先」をタップすると、その施設を目的地としてルート探索開始。
出発地は、自分の近くにある施設を選択する必要がある。

f:id:tonogata:20180713222621p:plain:w600

出発地はGPS情報が使われるワケではなく、わざわざ自分で指定する必要があるのがちょっと残念。

しかし1度ルートをひくと、割と細かく道案内はされる。
(ただしこのナビゲーション機能も、GPSによる現在地追従はしないっぽい)


ほい。


ちょっと、使い方が難しいかなぁ。。。


なお、このフロアマップ機能については、iPhoneであれば全ユーザーが利用可能。

最近のプライオリティ・パスのアプリでは、デジタル会員証ラウンジ利用履歴機能など、一部のプライオリティ・パスでしか使えない機能がある。
(非対応の場合は、メニューすら表示されない)

端的にいうと、楽天カードで入手したプライオリティ・パスの場合、デジタル会員証機能やラウンジ利用履歴機能は使えない。
アメックス・プラチナなど、年会費高めのクレカから入手したプライオリティ・パスの場合は、使える。

f:id:tonogata:20180713223508p:plain:w600


まぁ・・・
楽天カードでPPを入手した自分には、関係のない話でござる。


そんな感じ。

www.bousaid.com