SPGアメックスの新しい特典内容が決定、新旧特典の比較とカード継続を考える

SPGアメックスの新特典

2018/8にマリオットとSPGが統合することをうけ、SPGアメックスの特典内容が変更となる。
その変更内容の全貌が決定した。

特典内容変更についての、公式サイトでのお知らせはコチラ。
SPGプログラム変更に伴う特典改定のご案内

f:id:tonogata:20180801080226p:plain:w600

新旧の特典比較は以下。

特典
SPGアメックス(日本)

SPGアメックス(日本)
年会費 3.1万円+税 3.1万円+税
ポイント(通常) 3pt/100円 1スターポイント/100円
(新3pt/100円相当)
ポイント(宿泊) 6pt/100円 2スターポイント/100円
(新6pt/100円相当)
無料宿泊 50,000pt分
カテゴリー6の
スタンダード相当
カテゴリー6
(シーズン規定なし)
ホテル
レストラン
15%割引
国内直営レストラン
15%割引
国内直営レストラン
付帯資格 ゴールド ゴールド
宿泊実績付与 5泊 2滞在+5泊

獲得ポイントについては、実質変更ナシ。
(獲得ポイント数は変わるが、ポイント自体の価値が変わるため、実質変更ナシ)
マイルへの交換レートや、複数航空会社のマイルに交換可能な点も、変わらない。

大きく変更があったのは、「無料宿泊特典」

良くなった点として、今までSPGホテルのみ対象だったのが、今後はSPG・マリオットのホテルに対象が広がること。

微妙な点としては、宿泊権利が「50000ptまで」となったこと。

新マリオットでは、必要ポイントにシーズン制が導入され、ピーク・シーズンには必要ポイントが増え、オフピーク・シーズンでは必要ポイントが減る。
50000ptは、「カテゴリー6のスタンダード相当」であり、その意味では「カテゴリー6まで」だった今までと変わらない。

カテゴリー スタンダード
8月1日有効
オフピーク
2019年予定
ピーク
2019年予定
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000
  • ピーク/オフピークの設定は2019年からなので、それまではスタンダードの必要ptで宿泊可能
  • カテゴリー8も2019年開始なので、それまでは上記と合わせ「最大でも6万ポイント」で無料宿泊できる

ただし「カテゴリー6のハイシーズンには泊まれない」という意味では、ちょっと微妙。
「無料宿泊特典の1泊」が最大に活きるのは、ピーク時=「現金予約だと価格的に高い時」に使うことなので・・・。

50000ptだとオフピークのカテゴリ7にも泊まれることになるが、果たしてオフピークに使うかなぁ、というのもある。
そこら辺は「ピーク時・オフピーク時」の設定期間がいつになるか次第ではあるけども。

ちなみに、自分の過去2回の無料宿泊の利用は、カテゴリー6だった。
いずれも「ピーク時」ではない気がする。現金予約の場合の価格的に。

- SPG無料宿泊特典 カテゴリー 現金予約の場合
1回目 W ニューヨーク タイムズスクエア カテゴリー6 2.7万円
2回目 セントレジス大阪 カテゴリー6
(当時)
2.5~7万円程度

SPGアメックス「無料宿泊特典」をセントレジス大阪で使って得した金額をチェック

ただまぁ今後のことでいうと、ピーク時に使えるなら使いたいけど。

ま、ピーク/オフピークの設定開始は2019年からだし、どうなるかちょっと分かんないな。

少なくとも、無料宿泊の選択肢にマリオットが増えるのは嬉しい。
個人的な経験上、「利用できる対象ホテルが増える方が重要」というのが正直なところ。

結局「無料宿泊」はスタンダード・ルーム&朝食ナシなので、そうでない予約をしたい場合に使いにくい。
上手く活用できるチャンスがそれほど多くないというのが、個人的な所感なので。
(朝食は、必要なら現地でつければいいとしても、スタンダード・ルームというのが・・・)


ちなみにこの「50000pt分」、2泊に分けての利用はできない。あくまで「1泊分の権利」。
また既に付与されている無料宿泊特典も、今後この「50000pt分」の扱いに変更される。


そのほか、付与されるステータス=ゴールドについては、ステータス自体は「ゴールド」で変わらない。
ただし8月にステータス自体の特典内容も変更になるため、その影響は受ける。

以下、そこら辺の「ゴールド」ステータスについて。


新マリオットのゴールド特典

SPGアメックスで付与されるステータスは、いままでと同じ「ゴールド」。
ただしロイヤリティ・プログラム自体が変更されるため、ゴールド・ステータスでうけられる特典内容はちょっと変わる。

以下、新・旧のゴールド特典について。

なお旧特典でも直近では、SPGとマリオットの両方でゴールドとなることができたが、SPGとマリオットでは「ゴールド」の特典内容が微妙に異なる。
それが新ロイヤリティ・プログラムでは、SPG・マリオットのゴールド特典が統一される。

特典 新ゴールド
(マリオット/SPG)
旧ゴールド
(マリオット)
旧ゴールド
(SPG)
無料WiFi
ボーナスポイント 25%
通常10pt/1ドル
→12.5pt/1ドル
25%
通常10pt/1ドル
→12.5pt/1ドル
50%
通常2pt/1ドル
→3pt/1ドル
レイトチェックアウト 午後2時
(新プラチナは4時)
午後4時
(旧プラチナと同じ)
午後4時
(旧プラチナと同じ)
ウェルカムギフト ポイント
(250~500pt)
×
(プラチナはptギフト)
選択制
ポイント(250~125pt)
ドリンク
客室アップグレード コーナールーム
高層階
眺めの良い部屋
(スイートは含まず)
コーナールーム
高層階
眺めの良い部屋
(一応スイート含む)
コーナールーム
高層階
眺めの良い部屋
(スイートは含まず)
ラウンジ ×
ラウンジ朝食も無料
×

「ゴールド」として享受できる特典についての大きな変更点は、レイトチェックアウトが2時までになった点と、ラウンジ利用(マリオット)ができなくなった点。

ボーナスポイントはマリオット・ベースでみると変わらないが、SPGに宿泊した場合で考えると50%→25%にダウン。
ベースとなる獲得ptは増えるんだが(SPG3pt=新9pt相当→新12.5pt)、一般会員との差が25%に減ってしまう。

その他、細かい話は以下なども参照。

www.bousaid.com

個人的には、レイトチェックアウト・ラウンジ利用がなくなったのは、ちょっと微妙・・・。


まとめ

「SPGアメックス」としての、クレカ自体の特典はさほど変わらないかな、と。
「通常の買物でマイルを貯める」という意味でも、1.25マイル/100円で変わらず。

ただし、付帯する「ゴールド・ステータス」の特典内容自体が変わる。
ゴールドとしての特典内容は、「結構ダウンするなぁ」というのが正直なところ。

うーん。

カードを継続するかどうか・・・


個人的に、このカードのメリットは大きく分けて3つ。
(旧スターポイントの「使い勝手の良さ」は別とした、換金計算しやすい金額的なメリット)

  • 無料宿泊特典
  • ショッピングで1.25マイル(&宿泊時のポイント増)
  • ゴールド特典(主にレイトチェックアウトとUPG)

ちょっと直近の例で試算すると・・・

「無料宿泊特典」は、少なく見積もっても2.5万円くらいで使えた感触。
(50000ptになる今後はまたちょっと分からないが)

「ショッピング・ポイント」は、例えば年間の利用額が100万円なら、よくある1マイル/100円との差額は2500pt
→2500pt×1.25マイル=3125マイル

自分の場合、ANA/JALカードのダブルマイルの店舗ではそちらを優先するが、それ以外はSPGアメックスを使っており、100万円は超える。
(具体的な利用額は、ちょっとここではアレだが)

「ゴールド特典」は、直近のUPGによる差額恩恵は1.6万円だった。
ベトナムのビーチリゾート「シェラトングランド・ダナンリゾート」、全長250mの超ロングプールが最高だった - やじり鳥
ただUPGは運次第だし、「UPG差額がそのまま金額分の価値を持つか?」というと微妙なトコロ。

ということで個人的な直近例でいうと、、、
「2.5万~」(無料宿泊)+「3125マイル/100万決済~○○」+「1.6万円?」(UPG/運次第)。

特に決済額が200万円を超えてくると、この例でもシンプルに「お得」ということになりそう(0.25%マイルの差額=6250マイル)
またUPGの回数が増えれば、もうちょいアレかな。
個人的に、最近はSPG・マリオットの予約を増やし始めたので、そこら辺の様子をみたいトコロ。

ということで。
自分の場合、とりあえずカード継続するかな、という。

ただし「換金計算しやすい金額的なメリット」だけで考えると、やはり「無料宿泊特典」に依拠する割合が大きい。
そのため、ピーク・オフピークが導入される2019年以降は、また利用実績をみて判断していく必要があるかな、と思った次第。


そんな感じ。

www.bousaid.com

www.bousaid.com