バリ島のクタビーチに吉野家がオープン、オリジナルメニューもめっちゃ美味かった

バリ島のクタビーチ。
波が高い、サーファー向けのビーチだ。

波乗りでなくても、サンセットは楽しめる。
夕方になると、長大なビーチにぞくぞくと人が集まり始め・・・

f:id:tonogata:20180824002429p:plain:w800

夕陽を眺めながら、ぼんやりと佇む。

やはり夕陽は、いい。

f:id:tonogata:20180824002751p:plain:w800


そんなクタビーチに去年の10月、吉野家ができた。
待望の<吉野家>がパンタイクタ通り沿いにオープン! バリ島情報誌GOHバグース

ショッピングモール「ビーチウォーク」から徒歩3分。
マクドナルドの隣。
Google マップ

なぜかドリンクコーナーまで備える、大型の吉野家店舗である。

f:id:tonogata:20180824004414p:plain:w800

店内は広々としており、清潔な雰囲気。
クーラーもバッチリ効いている。

しかし、いつも空いていた(笑

f:id:tonogata:20180824004547p:plain:w800

メニューを拝見。
牛丼(ORIGINAL) = 40909IDR (310円)。

f:id:tonogata:20180824004908p:plain:w800

「うどん」や「からあげ丼」もある。
一応「うどん」は「beef udon」で、牛肉入り。

f:id:tonogata:20180824005343p:plain:w800

「プレミアム・トッピング」メニューも発見。
せっかくなので、今回はこちらをいただいた。

f:id:tonogata:20180824005544p:plain:w400

店員さんのオススメは、「RENDANG & Green Chili」とのこと。
※RENDANG =カレー味

店員さんに「辛い?」ときいたら、「そんなに辛くないよ」。
その言葉を信じて、いってみます。

f:id:tonogata:20180824005946p:plain:w800

RENDANG 牛丼(ラージサイズ)+冷たいお茶のセットメニューを注文。
お値段は6万IDR = 450円。

食ってみると、美味い。
すこぶる美味い。

f:id:tonogata:20180824010309p:plain:w600

まぁ一種のカレー牛丼なんだけど、日本のカレー牛丼とは全然違うんだな。
なんというか、RENDANG味。

伝わりますでしょうか?

ありがとうございます。

大量にGreen Chiliも乗ってるが、さほど辛くない。
牛肉の量は、日本より多めで満足感あり。

それから「冷たいお茶」も、いいですね。
南国の暑い日に、グビッと爽やか。


別の日には、せっかくなので別メニューをチョイスした。
迷った挙げ句、「卵と海苔」の牛丼。

f:id:tonogata:20180824011329p:plain:w600

しかし残念!
食ってみると、こっちは普通なんだな・・・。

「こんなことならRENDANG牛丼を、再度オーダーすれば良かったぜ!」
ちょっぴり後悔。

しかし、ご安心ください。

こんなこともあろうかと、第二陣を用意していある。
当方、こと吉野家にのぞむにあたって、その辺の抜かりはない。

f:id:tonogata:20180824081101p:plain:w600

サブメニューから、別皿の海老フライ(300円)。
鉄板の追加投入で、盤石の構え。

カリッとサクッと、海老フライ。
大満足!!


ほい。

バリ島の吉野家、良かったですね。

旅程の終盤は、どうしても日本食が恋しくなるもんで、ついつい和食チェーンがあれば行っちゃう。
再現度が高いので、チェーン店がいいのだ。

しかし1度和食を食うと、勢いが止まらず。
2回も吉野家に行ってしまった。

今回の吉野家は、良かったです。
クタビーチからアクセスも良く、行きやすかったしね。


そんな感じ。