IHGクラウンプラザホテルの宿泊ルーム「ワークライフ・ルーム」が米国特許を取得

IHGグループの「クラウンプラザ・ホテル」で導入されている宿泊ルーム「ワークライフ・ルーム」が、米国特許を取得したというニュース。
詳細は、下記など参照。


特許の内容としては「ビジネス旅行客向けの快適な睡眠に特化したホテルの部屋」
詳細は、下記で確認できる。
Google Patents US20160076266A1 - Business productivity room

「ビジネス旅行客」、「快適な睡眠」・・・
なるほど。

自分もちょっと、特許のテキストを読んでみた。

しかし、哀しいかな。

当方の理解力・英語力の乏しさからか、「どこからでもテレビが見れて、素敵にダラダラできる部屋」という印象しか残らなかった。

例えばこの部屋は、ベッドからも、ソファからも、テレビ(とデスク)が見やすいように設計されている。
ベッドの角度的に、テレビ画面に正対する形である。

f:id:tonogata:20180828233653p:plain:w600

なんて素敵な部屋。
どこからでも、テレビがみえるなんて。

部屋を上から見ると、こんな感じ。

f:id:tonogata:20180828234308p:plain:w600
http://pearsonlloyd.com/worklife-room/

別の角度から見ると、こんな感じ。

f:id:tonogata:20180828233854p:plain:w600
http://pearsonlloyd.com/worklife-room/

しかし、これ・・・
ベッドが2つある部屋は、どうなるのか?

ご安心ください。
それぞれのベッドで、テレビ or デスクが見やすいように、角度が調整されております。

f:id:tonogata:20180828234355p:plain:w600


さて。

この「ワークライフ・ルーム」についての、公式サイトでの説明は、以下。
Crowne Plaza Worklife Room

公式動画も用意されている。
「ワークライフ・ルーム」の概要は、動画を見た方が分かりやすい。

www.youtube.com


クラウンプラザのどのホテルに導入されているかは分からないが、少なくとも米アトランタの「Crowne Plaza Atlanta - Midtown」については、導入されているようだ。

GIGAZINEによると、2019年にはアメリカでは3000室の導入となる見込みとのこと。

今後もワークライフルームの提供室数を増やしていく見込みで、2019年の初めにはアメリカ各地のクラウンプラザホテルで、合計3000室を超えるワークライフルームを利用可能にするとしています。

そのうち、日本のクラウンプラザでも導入されそう。


別件。

IHGの出願している特許をチェックしていたら、面白いのがあった。
名付けて、「マカロニ・チーズのサンドイッチ」
Google Patents US20130295234A1 - Macaroni and cheese sandwich

なんと、マカロニとチーズを使った、サンドイッチの特許である。
特許として承認されてないようだが、なかなか面白い出願だな、と。

なんでIHG(=SIX CONTINENTS HOTELS)が、サンドイッチの特許を?
「背景」の記載によると、「ホテルにはレストランがあり、レストランは常にユニークで美味しいメニューを探しているから」とのこと。

Most hotels have a restaurant. Hotel restaurants and restaurants that are not associated with hotels are constantly looking for unique and tasty food service items, either for use as entrées or appetizers. Very often, the emphasis is on inexpensive, filling food.

さて。

この出願の構成要件は、「ワッフル成形のパンで、マカロニとチーズを挟むサンドイッチ」。

マカロニとチーズを、パンに挟む。

f:id:tonogata:20180828235959p:plain:w400

ワッフル成形のプレートで挟んで、焼き上げる。

f:id:tonogata:20180828235934p:plain:w400

サマリーを訳してみると・・・

A macaroni and cheese sandwich.
これは、「マカロニ・チーズのサンドイッチ」である。

The sandwich includes a top slice of bread, a bottom slice of bread, and macaroni and cheese between the top slice of bread and the bottom slice of bread.
2枚のパンで、マカロニとチーズを挟み込む。

The ingredients are toasted in and impressed by a waffle iron to create waffle patterns on the outside of the two slices of bread.
そしてワッフル成形プレートで、焼き上げる。

Cheese slices can be added between the bread slices and the macaroni and cheese to add cheese flavor and to bond the macaroni and cheese to the bread during toasting
ここでチーズは、パンとマカロニを接着する役割を果たすことができるだろう。

素晴らしい。

チーズの接着が活きてくる。


残念ながら、このワッフル・サンドイッチが実際のメニューとしてIHG内レストランで提供されているかどうかは、確認できなかった。
30分以上探してみたが、見つからなかった。

まぁ、なんというか、ありがちな構成にみえなくもないし・・・


ほい。

そんな感じ。