空港のJALブルースカイ「ファーストクラス・カレー」を食べて、ラウンジ・カレーの有り難みを知った

羽田空港の国内線ターミナル(JAL)にて。

国内線のサクララウンジにはメシがないので、空港内の店舗でメシを食うことにした。
フラフラと空港内を彷徨っていると、7番ゲート付近でブルースカイ「7番ゲートスナック」を発見。
BLUE SKY 羽田空港の店舗

f:id:tonogata:20180925001545p:plain:w600

近づいてみると、看板に「ファーストクラス・カレー」の文字。
ファーストクラス・カレー?

f:id:tonogata:20180925001922p:plain:w600

更によくみると、「グルメ ファーストクラス・カレー」とある。
グルメのファーストクラスって、なんですか。

f:id:tonogata:20180925002247p:plain:w300

ブルースカイといえば、JAL運営の店舗。
JALはラウンジのカレーが美味くて有名なので、このカレーはどうなんだろうな?と気になった次第。

早速カウンターで、ファーストクラス・カレーを注文してみた。
お値段は、880円。

f:id:tonogata:20180925002306p:plain:w600

食ってみると、なかなか美味しい。
ややスパイシーな印象。

f:id:tonogata:20180925002658p:plain:w600

ただサクララウンジのカレーとは、また違う味なんだなぁ。
まぁ当然か。

ちょっと気になったのは、肉が少ないこと。
小さいのが2切れくらいしか、入ってなかった。

イメージしてたのと、違うでござる。

f:id:tonogata:20180925003321p:plain:w600

どうも本品、レンジで調理するレトルト品らしい。
そういえば肉についても、よくレトルパウチに入ってそうなサイズ感だ。
羽田空港・BULE SKYでビーフジェットカレーのはずがグルメファーストクラスカレー880円
※昔は「ビーフジェットカレー」という名前だったらしい

まぁ空港の軽食店舗だから、肉のサイズはしょうがないか。
「JALカレーといえば、お肉がゴロゴロ」と、勝手にイメージしてしまっていた。

よく考えたら、「JALカレー=お肉がゴロゴロ」というワケでもない。

JALサクララウンジのカレーは、自分でルーを盛りつけできる。
自分の場合は、盛りつけ時に大きめの肉をチョイスして盛り付けていたんだな。
よく考えたら。

※昔撮った、サクララウンジのカレー写真
f:id:tonogata:20180925004242p:plain:w600

そう考えると、ラウンジのカレーってお得だよなぁ、と思った次第。
自分次第で、お肉の「ゴロゴロ感」を選べるんだから。

なので人によって、ラウンジカレーのイメージは違うかもしれない。
当方の場合は、ゴロゴロ・マシマシ派。

ちなみにココイチのカレーでは、2品インサート派。
パリパリチキン+ソーセージ、ロースカツ+チーズ、etc。

よく考えたらゴーゴーカレーでさえ、2品チョイスしている。
ロースカツ+ウインナーが定番。

そんな感じのボクなので・・・
ラウンジ・カレーで「ゴロゴロ・マシマシ」になるのは当然の帰結。

「なるほどなぁ」と自論に相槌をうちながら、再び目の前のカレーにとりかかる。
グルメ ファーストクラス・カレー。

f:id:tonogata:20180925002658p:plain:w600

・・・。

くぅ~ッ!!

またサクララウンジで、お肉ゴロゴロカレーが食いたいぜ!!

そう思いました。


そんな感じ。

www.bousaid.com