ホテルのパソコン貸し出しサービスを使ってみる。「パソコンはホテルで借りる時代です」の「HAPPY PC」。

ホテルのレンタルPC

ホテルには、パソコンのレンタルサービスが用意されていることも多い。

ホテルの部屋でパソコンを使いたいが、自分のパソコンが使えない(故障した・持ち合わせてない)場合に、便利なサービスだ。
フロントで申し込めば、パソコンを借りることができる。
だいたい、1日1000円くらいでPCレンタル可能。

PCがレンタルできるかどうかは、たいていホテルのHPに記載がある。
備品の項に「パソコン貸出しあります(予約不可・フロントでお申し付けください)」みたいに書いてある。

こうしたサービスは、レンタル業者のサービスを利用しているものと思われる。
ネットで探してもあまり見つからないが、業者の一例としては以下など。

こうした業者の中には、採用ホテルをHPで確認できるものもある。
シェラトンやマリオットなどグローバル・チェーンのホテルから、ダイワロイネットのような国内チェーンなどのホテルの名前が散見される。
「ホテル de パソコン」導入施設一覧


最近、自分が泊まったホテルでパソコンを借りたところ、「HAPPY PC」というサービス・ブランドだった。

f:id:tonogata:20180929090846p:plain:w400

ん?
なんか前にも見たことがあるなぁ・・・と。

ともあれ、まずはレンタルPCを使ってみた感想。


レンタルPCを使ってみる

某ホテルで、「HAPPY PC」というサービスのパソコンをレンタルした。

フロントでお願いすると、1日800円とのこと。
レンタル時に、免許証の提示が必要だった。

f:id:tonogata:20180929101433p:plain:w400

専用のケースで手渡され、中にはノートPC、有線マウス、LANケーブル、ACアダプタが入っていた。
PCは15インチで、やや大きめのサイズ感。

f:id:tonogata:20180929101458p:plain:w400

ケースにはマニュアルも同梱されていた。
ポイントは、履歴消去ソフトがインストールされていること。
パソコンの電源をきると、PCに保存した全てのデータが消去される(個人情報保護のため)。
データを保存したい場合は、自分所有のクラウドに逃がすか、USBメモリなどに入れる必要がある。

f:id:tonogata:20180929101714p:plain:w400

PCの起動時には、「HAPPY PC」の規約を踏む必要がある。

f:id:tonogata:20180929101923p:plain:w400

PCには、オフィスソフト(エクセル・パワポ・ワード)やスカイプが標準でインストールされていた。
ブラウザのChromeは自分でインストールした(ソフトのインストールは可能な模様)。

f:id:tonogata:20180929104738p:plain:w400

PCは、Acerの「TravelMate 5760」。
CPUはCore i3、メモリ4GB、OSはWindows 7 Pro (32bit)。

f:id:tonogata:20180929102128p:plain:w400

ちょっと動作が重いPCだった。
ただ自分がやりたい作業は問題なくできた。

ちなみにPCを再起動すると、自分が作ったファイルやインストールしたChromeは、キレイに消えていた。
作業を一時中断する時には、ノートPCを閉じてスリープさせてみたが、その場合はデータも消えず作業を続行できた。


「HAPPY PC」を探して

上記で自分が使ったPCレンタルサービス「HAPPY PC」は、どの業者のサービスか?
ちょっと気になったので、メモにて。

結論からいうと、確定的なことはイマイチ分からなかった。
(レンタルPC内にあるサービス規約や、ホテルにあるチラシからも、運営企業が分からなかった)

「HAPPY PC」の商材ページは見つからなかったが、それっぽいのは見つけた↓
WEBサイトの名前は「HAPPY WEB」。
HAPPY WEB

f:id:tonogata:20180929091544p:plain:w600

このページ自体は「HAPPY WEB」だが、ページ右上には「ホテル向けパソコンレンタル サービス HAPPY PC」とある。
また「HAPPY WEB」のロゴにある四つ葉のマークは、「HAPPY PC」と同じ。

「会社概要」のリンクは、「レオパレス21」のページに繋がっている。
このページ自体のコピーライトも、「レオパレス21」。

ついでに言うと、「happy-web.jp」のドメイン所有者も、レオパレスだった。

ということで・・・

「HAPPY PC」=「HAPPY WEB」=レオパレスかな?と思った次第。

ただしレオパレスの事業内容やIR資料について、過去に遡って探しても「ホテル向けのレンタルPCサービス」というのはなかった。
レオパレスほどの大企業となると、「このレベルの事業はイチイチ資料に出てこない」という可能性が高いので、その点はしょうがない気がするが。

「HAPPY WEB」には、採用ホテルの検索ページもあった。

現在はTOPページから辿れないが、ググってたら見つけた。
HAPPY PC 対応ホテル
※画面の左から「県」を選択できる

「インターコンチネンタル東京ベイ」(IHGではここくらい?)や、ドーミーインの名前があった。
(ただしこのページは、すでに対応ホテルがメンテされてない可能性がある)


もし「HAPPY PC」がレオパレスのサービスであれば、最初に展開されるのはレオパレス運営のホテルからかな?と思い、「レオパレス・ホテルズ」の過去のHPを確認した。
レオパレス・ホテルズのWEBサイト上では、少なくとも2009年には「HAPPY PC」が対応サービスとして登場していた。
web.archive.org レオパレスホテルズ パソコンレンタルサービス HAPPY PCのご案内

f:id:tonogata:20180929100924p:plain:w400

ネットの口コミで標語を検索すると、2008年のものが見つかった。
Google 検索 - パソコンはホテルで借りる時代です

「HAPPY PC」は、2008-2009あたりに始まったサービスなんだろうか。

ただし、最後まで「HAPPY PC」=レオパレス?というのが確信がもてなかった。


ということで、「HAPPY PC」の運営企業が気になって調べた話は、ここまで。


そんな感じ。

www.bousaid.com