インターコンチネンタル・グランドスタンフォード香港(InterContinental Grand Stanford)の宿泊メモ

インターコンチネンタル・グランドスタンフォード香港

香港でIHGの「インターコンチネンタル・グランドスタンフォード香港」(InterContinental Grand Stanford)に宿泊した。
香港の九龍側には2つのインターコンチネンタルがあり、こちらは比較的に安い方。
トリップアドバイザー インターコンチネンタルグランドスタンフォード香港

位置的には、いずれも香港島を望む海に面しており、2つのホテルの距離は徒歩15分くらい。
どちらか迷った挙げ句、安い方のインターコンチネンタルにした形。

ホテルの外観は↓。

f:id:tonogata:20181021120951p:plain:w600

ホテル横が公園になっており、右手側には海がある。

入ってみると、広いロビー。

f:id:tonogata:20181021121014p:plain:w600

チェックインでは、日本語が話せるスタッフ(日本人)のところに案内された。
混雑していたため、足早に説明を受ける。

やはり日本語でチェックインできると、楽ですね。

手続きを済ませ、部屋に向かう。
ホテルの内装は全体的に、シックで落ち着いた空間になっていた。

f:id:tonogata:20181021121244p:plain:w600


部屋(Premier Side Harbour View Room)

宿泊したのは、ハーバー・ビューの「Premier Side Harbour View Room」。
まぁ安めの部屋だけど、一応海が見える部屋ではある。

f:id:tonogata:20181021122059p:plain:w600

窓からは、香港島の高層ビル群が見えた。
「シンフォニー・オブ・ライツ」もギリギリで見えるかもしれない。

f:id:tonogata:20181021122157p:plain:w600

窓脇にはソファがあり、夜はそちらでマッタリできました。
夜景がみえるソファは、悪くない。

f:id:tonogata:20181021122321p:plain:w600

部屋の中に話を戻すと・・・

風呂は、浴槽あり。

f:id:tonogata:20181021122414p:plain:w600

コンセントはBFタイプ。

f:id:tonogata:20181021122456p:plain:w600

右奥に見えるのは無料貸し出し用のスマホ。
滞在中は、このスマホを勝手に使ってOK。

f:id:tonogata:20181021122539p:plain:w600

日本語の説明もあった。
使わなかったので分からないが、多分Android端末かな。

そのほか、ターンダウン・サービスは標準でつく模様。
(外出中にベットを整えてくれる)

f:id:tonogata:20181021122816p:plain:w600

ホテル内にはプールがあるようだったが、時間がなくて行けなかった。


朝食(CAFE ON M)

朝食ナシの宿泊プランだったが、チェックイン時に1日分だけつけてもらった。
定価が280HKD(4000円)で、アンバサダー向けの優待価格が180HKD(2600円)。
やじり鳥 IHGリワーズクラブ会員特典とインターコンチネンタル アンバサダー特典

f:id:tonogata:20181021123321p:plain:w600

朝食会場は「CAFE ON M」、6:30-10:30。
会場で部屋番号を伝えると、席に案内された。

f:id:tonogata:20181021124352p:plain:w600

朝食はビュッフェ方式で、いろいろあった。

熱々の点心。
器がアツアツで、蓋をあけるのに苦労した。

f:id:tonogata:20181021123859p:plain:w600

香港名物のエッグタルト。
マカオのエッグタルトとは、生地が異なる。

f:id:tonogata:20181021124045p:plain:w600

ヌードルバーもあり。
麺は3種類、おかずは色々、指差しで選択すると調理してくれる。

f:id:tonogata:20181021124144p:plain:w600

あとは、味噌汁・納豆などの和食や、普通に洋食など、いろいろ
品数は、まぁまぁ。


このレストランでは、窓際でハーバー・ビューが望める。
なかなか気分よく朝飯を食えました。

f:id:tonogata:20181021124254p:plain:w600

ヌードルバーでは、卵麺にフィッシュボールやモヤシを選択した。
標準だと味がうすいので、いろいろ調味料を振りかけた。

f:id:tonogata:20181021124512p:plain:w600

全体的に、味は普通だった。
ハチミツとミントのスムージーは、美味しかった。


周辺の情報

ホテルの前には、海がある。
海沿いの道を早朝に散歩すると、なかなか気持ちよかったです。

f:id:tonogata:20181021124836p:plain:w600

このまま歩いていくと、もう1軒のインターコンチネンタルの前にでる(15分くらい)。

陸側をみると、ホテルの裏には「市政局百週年紀念花園」という広場あり。

f:id:tonogata:20181021125008p:plain:w600

ここに飲食店やコンビニがそろっているので、立地的に不便はなかった。

コンビニやマクドナルドは、24時間営業でやってました。

f:id:tonogata:20181021125249p:plain:w600

初日の夜だけ、晩飯をこの広場の路面店で食った。

f:id:tonogata:20181021125329p:plain:w600

味の濃い「焼きうどん」とビールで、185HKD(2600円)。
なかなか、いいお値段。

徒歩15分ほどで尖沙咀まで行けるので、メシはそっちで食ったほうがいいですね。


ロケーションを総括すると、コンビニが近くて色々便利だった。
早朝・深夜に缶コーヒーを買って、散歩できたりして。

尖沙咀までの距離も、悪くないかなと。
最寄駅は「紅磡」(Hung Hom)だが、1駅手前の「尖東」(East Tsim Sha Tsui)の方がアクセスしやすいかもしれない。


プラチナ・アンバサダー

自分はプラチナ・アンバサダー会員なので、その資格で受けたサービスについて。

チェックイン時に優待サービスの内容を、チラシでもらった。

f:id:tonogata:20181021130436p:plain:w600

部屋のアップブレードは、「シティ・ビュー」から「サイド・ハーバービュー」にしてくれた。
価格差的には、5000円✕2泊くらい得した感じかな?

次に、ウェルカム・フルーツ。
バナナは小腹が空いたときに、助かった。

f:id:tonogata:20181021130152p:plain:w600

ウェルカム・ギフトは、ナイロン製の巾着。
一瞬「お、実用的でいいじゃん」と思ったが、よく考えたら「使わないな」と(笑

f:id:tonogata:20181021130256p:plain:w600

あと朝食も割引してくれてましたね。
そういえば。

それくらいかな。

ちなみにラウンジ利用権はつかなかった。
香港のインターコンチネンタルでは有料ラウンジ利用がそこそこ高そう(定価なら1.6万円?)だったので、特に利用もせず。
※↓はもう1軒のインターコンチネンタルの情報
インターコンチネンタル香港|日本語公式ウエブサイト

お一人様 HK$1180+10%

会員割引が効くとしても、結構高いよなぁ、と。


アクセス

ホテルまでのアクセスは、九龍駅まで無料のシャトル・バスが15分毎にでている。
(九龍駅までは電車)

f:id:tonogata:20181021132225p:plain:w600

行きはホテルの最寄り駅まで、電車で行った。
帰りは、九龍駅までのシャトルバスを使ってみた。

チェックアウト時に、シャトルバスを使いたい旨を申し出る。
ロビーで待っているように言われ、10分くらいで「バスがきた」とスタッフが呼びに来た。

ミニバスがやってきたが、乗るのは自分だけだった。

f:id:tonogata:20181021132651p:plain:w600

九龍駅までは、10分程度。
そこから電車に乗って、空港に向かった。


そんな感じ。

www.bousaid.com