楽天カードによる投信積立(楽天証券)が開始。投信で100円につき1ポイント加算など

楽天証券で、楽天カードによる投信積立が10/28より受付開始した。

通常、投信積立ではクレジットカードが使えない。
それが今回、楽天証券+楽天カードの組み合わせであれば可能になった形。
(支払いでクレカのポイント還元が期待できる)

ニュース・リリースはコチラ。
楽天証券 投信積立で楽天カード決済が可能に!2018年10月28日スタート!

f:id:tonogata:20181028125449p:plain:w600

本件では、楽天カードの還元ポイントも期待できるんだが・・・
それ以外にも、楽天「ハッピープログラム」、楽天銀行などのポイント還元を同時に狙うことができる。

そこら辺の話は、以下。
やじり鳥 楽天カードのクレジット払いでインデックス投資すると、楽天ポイントが1%還元(NISA対応)

f:id:tonogata:20180902133336p:plain:w600


ほい。

ということで、早速「投信積立」の設定を確認してみる。

まずは、楽天証券の「投資信託積立」のコーナーへ。
投資したい投資信託を検索して探す。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/

サンプルとして、今回は「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」をチョイス。
米国の代表銘柄500株(S&P 500)を扱うインデックス・ファンドに投資するヤツですね。

f:id:tonogata:20181028130244p:plain:w600

決済手段のところに、「楽天クレジットカード決済」ボタンが出現。
クレカの中でも「楽天カード」しか対応してないので注意。

ボタンを押して、楽天カードの情報を登録。

f:id:tonogata:20181028130931p:plain:w400

次に、毎月の積立額を決める。

積立は、毎月の1日(第1営業日。その他の日付は選択できない)。
12月は1日・2日が土日なので、12/3(月)から積立開始すね。

なお、積立予約の申し込み締め切りは、前月の27日。
今日(10/28)時点で11月分の締め切りは過ぎているため、12月スタートになる形。

f:id:tonogata:20181028131120p:plain:w600

積立は100円からでOK。
注意点として、楽天カードでポイント還元がつくのは「毎月5万円まで」

あとは、各種設定。

f:id:tonogata:20181028131728p:plain:w600

分配金は「再投資」、口座は「特定」にして・・・

最後に費用を確認。

f:id:tonogata:20181028131917p:plain:w600

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の場合、年率0.1728%ですね。
なかなか安くていいかと思います。


ほい。

とりあえず、流れは確認できた。
11/27までに設定すれば12月のスタートに間に合うので、ちょっと銘柄を検討したいと思います。


なお、この「クレカ投信」で得られる楽天ポイントは、「通常ポイント」
※「期間限定ポイント」ではない

毎月5万円の投資で、500ポイントが獲得できる。

一方、楽天SPUでは最近「楽天証券で+1倍」条件が追加された。
この条件は、「楽天証券で500ポイント以上の『ポイント投資』をすると+1倍」というもの。
SPU 楽天証券のポイント投資でポイント+1倍

現金じゃなく、ポイント投資じゃないとダメなんですね。
※楽天証券では、1ポイント=1円換算でポイント投資が可能
※「期間限定ポイント」は使えない(通常ポイントのみ)

ということで。

クレカ投信で得た500ポイントは、そのまま楽天証券の「ポイント投資」に使いたい。
・・・完璧に、「楽天経済圏」にとらわれてるな(笑

ただまぁ、実際のところ毎月5万の積立は、なかなか厳しい。
どうしたもんかな、と。


そんな感じ。