IHGインターコンチネンタル・アンバサダー「ウィークエンド無料宿泊券」の使い方とお得度をチェック

ウィークエンド無料宿泊券

IHGの有料会員プログラム「インターコンチネンタル・アンバサダー」でもらえる、「ウィークエンド無料宿泊券」を使ってみた。

「アンバサダー」(AMB)は、IHGグループの中でもインターコンチネンタル・ホテルでのみ特典が受けられるステータス。
簡単にいうと、年間200ドルか4万ポイントを払うことで、誰でもアンバサダーになれる。

特典は、ルーム・アップグレードやIHGステータス付与(ゴールド)など。
そこら辺の話は、下記にて。
やじり鳥 IHGリワーズクラブ会員特典とインターコンチネンタル アンバサダー特典

その特典の1つに、「ウィークエンド無料宿泊券」がある。
文字通り、1泊無料券。

ただし名前の通り、週末(金・土・日)における2連泊以上の滞在でのみ、利用可能。
2泊目のみ無料となり、1泊目は料金を支払う必要がある。

対象ホテルは、インターコンチネンタル・ホテルのみ。

以下、予約の流れなど。


予約方法と制限事項

「ウィークエンド無料宿泊券」の利用は、下記ページからホテルを検索する。
IHG ウィークエンド無料宿泊券

検索結果にでてくる料金のうち、「AMB CERTIFICATE」というのが「ウィークエンド無料宿泊券」の料金。
(AMBASSADOR WEEKEND NIGHT CERTIFICATE)

f:id:tonogata:20181031005103p:plain:w600

料金の詳細をみると、1泊目と2泊目の料金が表示されている。
このうち2泊目がチェックイン時に無料となるんだが、逆にいうとチェックイン当日までは有料のままで表記される。

f:id:tonogata:20181031005304p:plain:w500

無料になるのは「2泊目」なので、どちらかというと「2泊目の方が高い曜日の組み合わせ」で予約した方が、お得感は高い。
上記の例では、有償の「1泊目」の方が高くなっている。

ちなみに「AMB CERTIFICATE」については、実質的には「ベスト・フレックス」と同じ価格感となっている。
いわゆる割引料金でなく、「予約変更可能」だが「高い」プラン。
朝食もナシ。

ココらへんが「ウィークエンド無料宿泊券」の使い勝手が難しいところ。
ベース料金がベスト・フレックス相当の高めな設定で、その料金で1泊分については支払が発生する。

割引料金ならベストフレックスより、少なくとも10%以上は安いし、時期によってはセールもある。
(その代わり割引料金は、キャンセル不可の料金ではあるが)

ちなみに、上記「AMB CERTIFICATE」(1泊2.7万円)と同じ日の最安な割引料金は「会員限定 割引料金」で、1泊2.5万円だった。
割引料金の方が、1泊あたり2000円ほど安い。

f:id:tonogata:20181031011005p:plain:w600


なお「ウィークエンド無料宿泊券」は、一般的にはスイートルームには使えない。
規約に「宿泊券はその他の料金またはスイートルームのご予約にはご利用いただけません」とある。

ただし、スイートルームを開放しているホテルもある。
「インターコンチネンタル・グランドスタンフォード香港」なんかは、スイートも予約できるようだった。

f:id:tonogata:20181031011711p:plain:w600

ただまぁ2泊のうち1泊分はお金を払う必要があるので、スイートは高くてなかなか手がでないんだけど。


チェックイン時に無料券を提示

「ウィークエンド無料宿泊券」は、予約時に「AMB CERTIFICATE」で予約しつつ、チェックイン時に無料券を提出する必要がある

無料券は、アンバサダーの入会・更新時に送られてくるパッケージに含まれている。
やじり鳥 アンバサダー・キット到着(2018年)

↓こんな感じの紙である。

f:id:tonogata:20180316051042p:plain:h400

裏面には署名欄がある。
これはそのまま持っていって、チェックイン時にその場で署名するだけでOKだった。

無料券を忘れてホテルに行くと、どうなるか?

友人が一度、無料券を持っていくのを忘れて宿泊していた。
その際は、「後日、無料券をホテルに郵送してね」と言われて事なきを得た。

ココらへんはホテル側によって対応が異なってくるかも。

いずれにせよ、無料券は忘れずに持っていくようにしたい。


実際に使ってみた結果

実際に、「ウィークエンド無料宿泊券」を使って宿泊してみた。
「インターコンチネンタル・グランドスタンフォード香港」である↓

www.bousaid.com

無料券でも、ルームアップグレードはされた。
(「シティ・ビュー」から「サイド・ハーバービュー」)

チェックアウト時の請求料金は、ちゃんと2泊目が無料になっていた。
ポイントについては、実際に支払が発生した1泊分のみ付与された。

料金(税込)の内訳は・・・

1泊目 3.3万円
2泊目 2.7万円→無料

「ウィークエンド無料宿泊券」で、2.7万円がお得になった感じ。
「ウィークエンド無料宿泊券」を使わない場合の「割引料金」の最安値は2.5万円だったので、少なくとも2.5万円だけ得をしたとも言える。

「インターコンチネンタル・アンバサダー」の加入料金は200ドル or 4万ptなので、まぁ元はとれたと言っていいかもしれない。
アンバサダー特典は無料券以外にも、ルームアップグレード(必ず)などがあるし・・・。

ただまぁ無料券を頼みにアンバサダーに入会するのは、ちょっと微妙かな、と。

「ウィークエンド無料宿泊券」は以下のような条件があり、毎年必ず使えるか分からないから。

  • 金・土・日の、2連泊以上でしか使えない
  • インターコンチネンタルでしか使えない

現に自分の場合、去年は無料券を使わなかった。

↑の条件を満たす旅程が、1年の中であるかどうか・・・。
そこら辺が問題。

個人的には、来年も一応継続予定ではある。


そんな感じ。

www.bousaid.com