アメックス「Amazonで1000円キャッシュバック」。ただしクレディセゾン・三菱UFJニコス・エムアイカードの発行カードのみ。

アメックスが、Amazonでの決済5000円につき、1000円キャッシュバック。

ただし。

クレディセゾン、三菱UFJニコス、エムアイカードが発行する提携カードに限る。
(アメックス・プロパーは対象外、ちなみに楽天アメックスも対象外)

公式サイトはコチラ。
https://www.americanexpress.com/jp/network/shopping/amazon_cp_2018.html

f:id:tonogata:20181116073747p:plain:w400

WEB上での「事前登録」が必要で、各カードに先着順の規定あり。

キャンペーン期間 2018年11月15日(木)12:00~2018年12月15日(土)23:59
事前登録期間 2018年11月15日(木)12:00~2018年12月8日(土)23:59
クレディセゾン 先着25,000名様限定
三菱UFJニコス 先着7,000名様限定
エムアイカード 先着7,000名様限定

カード1枚につき、キャッシュバックは1回。
ただしカード毎に「事前登録」が必要。複数カードの登録OK

「キャッシュバック」は、クレカの請求金額から1000円の減額調整で提供される。
つまり請求金額が割引される感じ。

具体的な対象カードは、以下。

価格.com アメックス×セゾンカード
セゾンプラチナ、MileagePlusセゾンカード、ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード、ウォルマートカード セゾンなど(多数)。

またクレディセゾンが提携する以下のカードも対象。
出光クレジット株式会社・・・出光カード、出光カードまいどプラスなど
株式会社セブンCS カードサービス・・・クラブオン/ミレニアムカード
静銀セゾンカード株式会社・・・ALL-Sカード
大和ハウスフィナンシャル株式会社・・・HeartOneカード
高島屋クレジット株式会社・・・タカシマヤカード

価格.com アメックス×三菱UFJニコス
要はMUFGアメックス。

価格.com アメックス×エムアイカード
要はエムアイカード。

なお、最近できた楽天カード(アメックス)は、対象外。
やじり鳥 楽天カードにアメックスが登場


ほい。

アメックス提携カードのAmazonキャッシュバックについては、去年(2017年)の10月に同内容のキャンペーンがあった。
2年連続の実施となるワケだが、来年また実施するかは不明。
2017年 やじり鳥 アメックス「Amazonでの買い物で1000円キャッシュバック」

ちなみに、その前の2016年にはアメックス・プロパー対象のAmazonキャッシュバックがあった。
最近は実施されていない。
2016年 やじり鳥 アメックス、Amazon含む11店で1000円キャッシュバック

アメックスといえば、プロパーカードならAmazonでの決済はポイント3倍になる「ボーナスポイントプログラム」が、最近始まっている。
ただしプロパーカードは、本件キャンペーンは対象外。
やじり鳥 アメックス「ボーナスポイントプログラム」、Amazon・Yahoo・JAL・HISでいつでも100円3ポイント獲得

その他、アメックスのキャッシュバック系キャンペーンは、以下など参照。
やじり鳥 アメックスのキャッシュバック・キャンペーン


ほい、ほい。

以下、本件キャンペーンの規約サマリーなど。

事前登録のうえAmazon.co.jpで5,000円以上利用すると、もれなく1,000円キャッシュバック
2018年11月15日(木)~12月15日(土)

事前登録のうえAmazon.co.jpで5,000円(税込)以上利用すると、もれなく1,000円
キャッシュバック。

対象カード
本優待特典の対象となるカードは、次に記載するカード発行会社が発行するアメリカン・エキスプレスのカード(追加/家族カードを含む)です。
・株式会社クレディセゾン 、および同社が提携する出光クレジット株式会社、株式会社セブンCS カードサービス、静銀セゾンカード株式会社、大和ハウスフィナンシャル株式会社、高島屋クレジット株式会社が発行するアメリカン・エキスプレスのカード
・三菱UFJニコス株式会社(三菱UFJニコス株式会社が提携するカード発行会社ならびにフランチャイジー会社)が発行するカード
・株式会社エムアイカードが発行するカード
※本キャンペーンは、楽天カード株式会社が発行するアメリカン・エキスプレスのカードは対象外です。

ご登録いただいたカード1枚につき、キャッシュバックは1回のみとなります。

本キャンペーンにおけるキャッシュバック特典の提供は、キャッシュバック金額を該当するカード利用明細書においてマイナス表示の上、当月または翌月以降の請求金額から減額調整する方法により行うものとします。

そんな感じ。