羽田から1時間の八丈島空港、空港レストラン「アカコッコ」で「とび魚3兄弟」定食など

東京都の離島、八丈島に行ってきました。
八丈島空港にはANAが就航、羽田から1時間の距離。

f:id:tonogata:20181126000033p:plain:w600

こじんまりとした空港です。
温暖な気候の八丈島、空港を外にでると椰子の木がお出迎え。

滑走路の向こうには、島を代表する「八丈富士」
着陸時にはF列(A列とは反対側の窓際席)から、見事な富士が見えました。

f:id:tonogata:20181126000809p:plain:w600

ちなみに夕方の離陸時には、A列から八丈富士に沈む夕陽が見れるらしい。
タクシーの運ちゃんが言っていた。

逆に八丈富士の上から見ると、すっぽりと空港の全容が見下ろせる。

f:id:tonogata:20181126001136p:plain:w600

八丈富士の登山中、運良く飛行機の離陸を見ることができた。

f:id:tonogata:20181126001342p:plain:w600

写真の解像度がイマイチですね。
ここら辺が、当方のiPhone7の限界でしょうか。

光学ズームが可能な、iPhone Xsが欲しいでござる。
Xs/XRから新しく搭載された「スマートHDR」も欲しいし。。。

でも、高いんだよなぁ。iPhone Xs。
最近、ソニーRX100M5やGoPro6を売り払って、iPhone Xsを買おうと画策中。
(まぁ、売った金額ではiPhone Xsの半値にも満たなそうな気がするが・・・)


それはさておき。

空港内のレストラン「アカコッコ」で昼食を食べた。
保安検査の手前にあるレストランです。
八丈島空港ビル レストラン アカコッコ

f:id:tonogata:20181126001709p:plain:w600

入口の券売機で、食券を購入。
「しまぽ通貨」を使う場合は、店員さんに声をかけて券売機横のレジで注文する。

メニューには島寿司もあるんだが、販売時間が14時まで。
残念ながら14時を過ぎていたので、別のメニューをチョイスしました。

f:id:tonogata:20181126002133p:plain:w600

「とび魚3兄弟」定食、1100円であります。
八丈島で撮れるトビウオを使った、切り身・さつま揚げ・コロッケの3兄弟。

八丈島の名物「明日葉」の小鉢や、すり身の汁も美味かった。
色々と名物がてんこ盛りで、良かったです。

「明日葉くさやマヨネーズ和え」(600円)も、つけました。
「くさや」も名物なんですね。

f:id:tonogata:20181126002723p:plain:w600

くさや。
マヨで中和されて、食いやすい。

明日葉は、シャキシャキと歯応えよく。


食べ終わってから、空港内の土産物屋へ。

f:id:tonogata:20181126002915j:plain:w600

くさや。
瓶詰めで、1200円。

f:id:tonogata:20181126003119p:plain:w600

こちらでも「しまぽ通貨」が使えました。

「しまぽ通貨」は東京の島で使える電子通貨で、1万円分を7000円で購入できる。

「お釣りが出ない」「加盟店でしか使えない」というデメリットもあるが、あらかじめ使う用途を決めておけばお得に使える。
加盟店ホテルでの飲食代に使うとか、現地払いの宿泊費に使うとか、現地ツアーで使うとか。
(足りない分は現金と合わせて利用可能)


ほい。

八丈島空港、なかなか良かったですね。
ラウンジがないので、レストランで飯を食ったりしつつ。

島内には「空港を撮る撮影スポット」が点在してる感じで、カメラ好きの人にもいいかもしれないな、と思いました。

そんな感じ。