IHG「Home with IHG」キャンペーン、SNS投稿だけで5000ポイント獲得

IHGで「Home with IHG」キャンペーン、SNSへの画像投稿だけで5000ポイント獲得できる。
イージーなキャンペーンとなっている。
※コメントで教えていただきました。ありがとうございます

ただし、もろもろ注意点もある。

公式サイトはコチラ。
https://homewithihg.com/claim

f:id:tonogata:20181130060007p:plain:w400

期間は、11/28~12/30。
先着1万名に、5000ポイントが付与される。

応募条件は、以下の国のIHG会員であること。
日本、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、インド、メキシコ、スペイン、英国、米国。

応募方法は、自宅かIHGホテルでの「本人の写真」を、指定タグと共にTwitterかInstagramでアップすること。

応募者は、本人のTwitterまたはInstagramのアカウントにログインし、本人の自宅またはIHG hotelでの写真を含む、ハッシュタグ “#HomeWithIHG”、“#RewardsOffer”、“#ad”、およびハンドル “@ihgrewardsclub” (以下「提出物」)を伴うTweetまたはInstagramのポストをポスティングします。
To participate in the Offer, a participant may log in to his/her Twitter or Instagram account and post a Tweet/Instagram post that includes a photo of himself/herself
at home or at an IHG hotel
with the hashtags “#HomeWithIHG”, “#RewardsOffer”, and “#ad” and the handle “@ihgrewardsclub” (“Submission”).

「本人の写真」(photo of himself/herself)ってところが、ネックですね。。。
「本人が撮った写真」でなく、「本人が含まれる写真」のように思いました。

撮影場所については、自宅でもIHGホテルでもいいようですが。

規約はコチラ。
https://homewithihg.com/ja-jp/Rules
https://homewithihg.com/en-us/Rules

指定のタグについては、以下。

#HomeWithIHG #Rewardsoffer #ad @IHGRewardsClub

最後の「@IHGRewardsClub」も含めないと、システム側から検知されないので注意。

また「@IHGRewardsClub」をフォローしている必要もあり。

順番的には、以下のような形になるかと。

  1. 「@IHGRewardsClub」をフォローする
  2. 投稿する(写真+「#HomeWithIHG #Rewardsoffer #ad @IHGRewardsClub」)
  3. 投稿から15分経過したら、フォームから応募する

実際には投稿から15分経たなくても応募できるけど、「応募」アクションを起こした際にシステム側で投稿を検知できるまでにタイムラグがあることから、投稿から少し時間を空けることが推奨されている。

応募ボタンを押したタイミングで、こちらの投稿をシステム側で拾えたら、氏名とIHG会員番号の入力フォームに移行する。

f:id:tonogata:20181130063834p:plain:w400

それが完了すると、以下のような画面。

f:id:tonogata:20181130064003p:plain:w400

ポイント付与までには、最大2週間かかる。

その期間に一応、正しい投稿か検証される模様。
(実際に「検証」されるかは不明)

スポンサーおよび/またはアドミニストレーターによる検証の後、応募者の IHG Rewards Club アカウントには、五千(5,000)ポイントの IHG Rewards Club ポイント(以下「特典アイテム」)が追加されます
verification by Sponsor and/or Administrator, a participant will receive five thousand (5,000) IHG Rewards Club points added to his/her IHG Rewards Club account

まぁ応募自体はノーコストに近いので、適当な写真で応募しておこうかな、と。
実際に「検証」を実施するかは、分からないので。
※「先着1万名」分なら、人件費が安いとこに投げて目視確認する可能性は十分にあると思うけど


ほい。

そんな感じ。