SPGアメックス、期間限定キャンペーンのホテル宿泊「100円で6ポイント」を、2019年1月から付帯特典に

「100円=6ポイント」が付帯特典に

SPGアメックスの付帯特典に、ちょっとした変更が発表された。

変更の内容は、今まで「期間限定キャンペーン」として付与されていた、ホテル宿泊時の「100円=6ポイント」について。
こちらが2019年1月からは「付帯特典」になるというもの。

公式サイトでの告知はコチラ。
インフォメーション(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)

2018年12月31日(月)までの期間限定のキャンペーンとしてご好評いただいております「マリオット リワード/ ザ・リッツ・カールトン リワード/ SPG参加ホテルのカード利用100=6ポイント」が、SPGのプログラム変更に伴い、2019年1月1日(火・祝)より付帯特典としてご利用いただけるようになりました。

f:id:tonogata:20181201123012p:plain:w600

そう言われてみれば、確かにマリオット統合時の「特典改定のご案内」でも、「100円で6ポイント」は2018年12月までの「期間限定キャンペーン」扱いだった。
SPGプログラム変更に伴う特典改定のご案内

2018年12月31日(月)までの期間限定キャンペーンによる獲得ポイントです。


この「期間限定キャンペーン」は、実態としては2016年11月からずっと適用されてきた。
(「1年限定のキャンペーン」が、延長されて今に至る)

逆に言うと、2016年11月まではホテル宿泊でも「100円で1ポイント」だった。

そういう意味では、今回の変更で「SPGアメックスの付帯特典が増えた」と言える。
一応。

これの意味するところは、次に同様のキャンペーンがあるとすれば、「100円で6ポイント」をベースとして、プラスαの付与ポイントになるかもしれないということだろうか。
「ホテル宿泊時に、通常6pt/100円のところ、期間限定で9pt/100円!」みたいな。

まぁ、そういうキャンペーンが実際に発動するかは、分からないけど。


ホテル宿泊時の還元率

なお、SPGアメックスは付帯特典として「ゴールドエリート」ステータスが付与される。
ゴールド会員は宿泊時に、通常10pt/1ドルのところ、25%のボーナスが追加となる。
結果として、ゴールド会員がホテル側から付与されるのは、12.5pt/1ドル。

SPGアメックス側から付与される「100円につき6pt」と合計すると、おおよそ「100円につき18.5pt」の付与となる。
※1ドル=100円で簡易的に換算した場合

より実態に近いように1ドル=110円で考えると・・・

SPGアメックス側の付与pt 6pt/100円
ホテル側の付与pt 12.5pt/1ドル
≒11.25pt/110円
合計 17.25pt/100円

SPGアメックスにおけるホテル宿泊時のポイント還元率は、17.25pt/100円くらい。


なお、ポイントのマイル換算の価値は、3pt=1.25マイル。
ホテル宿泊時の「17.25pt/100円」をマイルに換算すると、7マイルくらい。

SPGアメックスにおけるホテル宿泊時のマイル還元率は、7マイル/100円。


ほい。

そんな感じ。