JAL国際線特典航空券PLUSは、大型連休の繁忙期に使えるか?

今年の12月から、「JAL国際線特典航空券PLUS」がはじまった。
JAL - JAL国際線特典航空券PLUS導入のお知らせ

f:id:tonogata:20180713012354p:plain:w400

今まで特典航空券は1便につき数席しか用意されておらず、予約が困難だった。
今回始まった「PLUS」については、追加のマイル数を支払うことで特典航空券が予約可能になるというもの。

各路線のPLUS時における必要マイル数は、以下。
JAL国際線特典航空券PLUS 各路線の必要マイル数

PLUSのマイル数は予測残席数で上下するので、「最大マイル数」が公開されている。
最大で、だいたい「基本マイル数」の3~9倍。


さて。

「PLUS」によって、予約が困難だった繁忙期にマイルが使えるだろうか?
12月時点で来年のGWについて、全路線の必要マイル数をチェックしてみた。

結論からいうと、PLUSの追加マイル設定は「ほぼ現金価格と連動」しているため、正直微妙だと思った。
マイルでPLUS特典航空券を買う場合と、マイルをeJALコインに換えて使う場合の差があまりない=PLUSの意義が薄い。
※あくまで「繁忙期」の場合。普通の連休とか土日は話が別だと思われる。知らないけど。

前提として、PLUSはあくまで「基本マイル数による特典航空券の設定数」をオーバーした場合の話になる。
今まで通り、早い者勝ちで「基本マイル数」で特典航空券をゲットできれば、お得なことは変りがない。
(JALによって基本マイル数の設定数自体が操作されていなければ)

ただまぁ、PLUS導入にあわせて特典航空券自体が「予約変更不可」「キャンセル待ち不可」になっているので、制度全体としてみるならPLUS導入のメリットがなければ、それってどうなん?という気がしないでもないけど。
やじり鳥 - JAL国際線で「特典航空券PLUS」を導入。予測残席数で必要マイル数増、キャンセル待ち・予約変更が不可へ。


それはともかく。

12月時点で、各路線を検索してみた結果は以下。

現金で同じ便を予約した場合の価格も、メモしてある。
また、マイル(PLUS)で予約する場合、マイルをeJALコインに交換(1.5倍)して支払う場合との比較もした。

基本マイル数で予約可能なのは「デリー」(プレエコ)のみだった。
これもそのうちなくなると思うが、それ以外は全部「PLUS」の領域。さすがに大型連休、基本マイル数のみでは難しい。。。

GWでPLUSになっている便の「eJAL:現金」は、だいたい90%以上。
※マイルの価値が、ほぼ1マイル=1.5円

つまりマイル(PLUS)で予約しても、マイルをeJALコインに換えて予約しても、あまり変わらない。
中には、「現金(eJAL)で買った方が明らかにお得」な場合もあった(下記の100%以上のもの)。


※12月にGW(4/27-28~5/4-5)を検索した「同じ便」の結果(直行便のみ)

行き先 座席 (1)マイル (2)諸税 eJALコイン
換算(1)+(2)
現金 eJAL:現金
ソウル エコノミー 32000 7980 55980 54,980 102%
ソウル ビジネス 52,000 7980 85980 118,980 72%
上海 エコノミー 39,000 12,120 70620 75,190 94%
上海 ビジネス 48,000 12,120 84120 163,690 51%
香港 エコノミー 58,000 13,350 100350 107,850 93%
香港 ビジネス 98,500 14,360 162110 163400 99%
台湾 エコノミー 39,000 12,010 70510 74,510 95%
台湾 ビジネス 68,000 12,010 114010 141,510 81%
クアラルンプール エコノミー 残席ナシ - - 281,870 -
クアラルンプール プレエコ 143,000 18,220 232720 252,220 92%
クアラルンプール ビジネス 155,000 18,220 250720 278,220 90%
ジャカルタ エコノミー 38,000 22,000 79000 90,000 88%
ジャカルタ プレエコ 116,000 22,000 196000 148,000 132%
ジャカルタ ビジネス 101,500 22,000 174250 249,000 70%
シンガポール エコノミー 83,000 20,340 144840 158,340 91%
シンガポール プレエコ 150,000 20,340 245340 254,340 96%
シンガポール ビジネス 156,000 20,340 254340 279,340 91%
デリー エコノミー 96,000 20,910 164910 174,910 94%
デリー プレエコ 50,000 20,910 95910 284,910 34%
デリー ビジネス 155,000 20,910 253410 470,910 54%
ハノイ エコノミー 64,000 14,280 110280 120,280 92%
ハノイ プレエコ 118,000 14,280 191280 172,780 111%
ハノイ ビジネス 97,000 14,280 159780 228,280 70%
ホーチミン エコノミー 63,000 13,670 108170 119,670 90%
ホーチミン ビジネス 129,000 13,670 207170 227,710 91%
バンコク エコノミー 93,500 18,970 159220 170,970 93%
バンコク ビジネス 162,000 18,970 261970 360,010 73%
マニラ エコノミー 36,000 12,360 66360 71,360 93%
マニラ ビジネス 103,000 12,360 166860 180,400 92%
シドニー エコノミー 110,500 41,360 207110 229,360 90%
シドニー プレエコ 残席ナシ - - 残席ナシ -
シドニー ビジネス 316,000 41,360 515360 554,860 93%
メルボルン エコノミー 残席ナシ - - 残席ナシ -
メルボルン プレエコ 残席ナシ - - 残席ナシ -
メルボルン ビジネス 322,000 39,940 522940 553,440 94%
パリ エコノミー 残席ナシ - - 残席ナシ -
パリ プレエコ 残席ナシ - - 残席ナシ -
パリ ビジネス 782,000 43,330 1216330 1,273,330 96%
フランクフルト エコノミー 174,000 42,200 303200 329,700 92%
フランクフルト プレエコ 290,000 42,200 477200 511,200 93%
フランクフルト ビジネス 650,000 42,200 1017200 1,062,200 96%
ヘルシンキ エコノミー 残席ナシ - - 674,120 -
ヘルシンキ プレエコ 279,500 33,120 452370 482,120 94%
ヘルシンキ ビジネス 707,500 33,120 1094370 1,133,120 97%
モスクワ エコノミー 101,500 34,500 186750 211,500 88%
モスクワ プレエコ 残席ナシ - - 残席ナシ -
モスクワ ビジネス 409,500 34,500 648750 684,000 95%
ロンドン エコノミー 残席ナシ - - 473,070 -
ロンドン プレエコ 283,000 62,560 487060 531,560 92%
ロンドン ビジネス 682,000 62,560 1085560 1,152,560 94%
ホノルル エコノミー 残席ナシ - - 残席ナシ -
ホノルル プレエコ 残席ナシ - - 残席ナシ -
ホノルル ビジネス 残席ナシ - - 残席ナシ -
コナ エコノミー 残席ナシ - - 残席ナシ -
コナ プレエコ 残席ナシ - - 残席ナシ -
コナ ビジネス 残席ナシ - - 残席ナシ -
サンディエゴ エコノミー 131,000 37,920 234420 274,440 85%
サンディエゴ プレエコ 残席ナシ - - 残席ナシ -
サンディエゴ ビジネス 445,500 37,920 706170 792,940 89%
サンフランシスコ エコノミー 150,500 37,880 263630 281,400 94%
サンフランシスコ プレエコ 234,000 37,880 388880 418,400 93%
サンフランシスコ ビジネス 残席ナシ - - 残席ナシ -
シアトル エコノミー 127,000 37,920 228420 245,440 93%
シアトル プレエコ 残席ナシ - - 残席ナシ -
シアトル ビジネス 351,000 37,920 564420 618,940 91%
シカゴ エコノミー 残席ナシ - - 残席ナシ -
シカゴ プレエコ 202,500 37,920 341670 377,440 91%
シカゴ ビジネス 483,000 37,920 762420 783,940 97%
ダラス エコノミー 167,500 37,920 289170 353,440 82%
ダラス プレエコ 242,500 37,920 401670 438,440 92%
ダラス ビジネス 519,000 37,920 816420 885,440 92%
ニューヨーク エコノミー 残席ナシ - - 残席ナシ -
ニューヨーク プレエコ 260,000 37,920 427920 466,440 92%
ニューヨーク ビジネス 542,500 37,920 851670 947,940 90%
ボストン エコノミー 165,500 37,920 286170 312,440 92%
ボストン プレエコ 201,000 37,920 339420 377,440 90%
ボストン ビジネス 450,000 37,920 712920 830,440 86%
ロサンゼルス エコノミー 残席ナシ - - 495,940 -
ロサンゼルス プレエコ 残席ナシ - - 残席ナシ -
ロサンゼルス ビジネス 504,000 37,920 793920 855,440 93%
バンクーバー エコノミー 118,500 34,610 212360 225,110 94%
バンクーバー プレエコ 残席ナシ - - 残席ナシ -
バンクーバー ビジネス 347,000 34,610 555110 608,110 91%


ほい。

ちょっとGWに使えるチケットはないか探したんだが、ダメだった。
きびしー!!

やっぱちゃんと1年前に予約しないとダメすね、大型連休の特典航空券は。
5ヶ月後の予約が、すでに埋まっているとは・・・。

ちなみにANAも方も全路線チェックしてみたが、残ってる特典航空券はほぼなかった。
大型連休が厳しいのは、ANAもJALも変わらない。

そして、どうなる?
俺氏のGW。

失敗したなぁ。
最近ずっと忙しくて、長期的な計画を立てられなかったでござる。

もしかしてJALの特典航空券PLUSが使えるかと思いきや・・・
全然使えねーでやんの。

ふーむ。

こまった。

くまった。

プーさん、くまったでプー。


まぁ、JALの特典航空券PLUSについては、大型連休以外で使えるかどうか、またちょっとチェックしてみたいと思います。
(それでいいとこなかったら、ホントに「予約変更不可」「キャンセル待ちナシ」になっただけということに・・・)

そんな感じ。