プノンペンで泊まった「Riverview Cambodia Boutique Hotel」、メコン川沿いの中級ホテル(安宿風味)

プノンペンで、メコン川沿いのホテルに1泊した。
「リバービュー カンボジア ブティック ホテル」(Riverview Cambodia Boutique Hotel)。

まぁ、何てことない普通の宿です。どちらかというと安宿に近い、中級ホテル。
トリップアドバイザーの口コミも、1件しかない(2019/01/15時点)。
Riverview Cambodia Boutique Hotel

予約がギリギリになって満室のホテルも多く、選択肢があまりなかった。
「せめてメコン川沿いで、、、」と探したホテルがこちら。

しかしホテルに到達するにも、ひと苦労だった。
空港について、タクシーに乗り込む。市街地までは固定15ドル。

行き先のホテル名を告げるも、運転手「分からない」
しょうがないので、近くにいた別のタクシーの運ちゃんにも声をかけ、スマホの地図を見せる。

しかし、やっぱり通じない。
地図の英語注記が読めないのか、地図自体を読めないのか分からないが、いずれにせよGoogleマップを見せてもダメらしい。(たまに地図を読むカルチャーがない国ってあるしな・・・)

タクシーの運ちゃんは、「どこにあるのか、ストリート名を教えろ」という。
「なるほどそういうことか」と思い、地図からストリート名を探し出し、ようやく行き先が伝わった。
日本以外だと、住所がストリート名ベースの国の方が、断然多いよね。一部のアジアもそうだけど。


タクシーの道中、運ちゃんがホテルについて教えてくれた。
曰く・・・

そのホテルは、最近まで「108ホテル」という名前だったんだ。
108ストリートにあるから、108ホテル。

「108ホテル」って言われれば、すぐ分かったんだけどな。悪かった。
いつの間にか名前が変わったらしい。

多分、経営者が中国人に変わって、名前が変わったんだろう。
名前を変えるのは、中国人の戦略だ。最近は中国経営の宿が増えた。

でも名前を変えたって、ホテルは古いままなんだぜ。
108は、古いホテルだからな。

あんた、名前だけ新しい、古いホテルに泊まるんだな。
ププっ(笑

運ちゃんは、「おまえ、気付いてるか?騙されてるぞ?」と言わんばかり。
可笑しそうに、笑いを堪えながら何度も繰り返した。

「Very very old hotel. But new name.」
(とても、とても、古いホテルだ。でも名前だけは、新しいねw)

運ちゃんの笑いのツボにハマったらしい。
運転中に何度か思い出したように呟き、自分でウケていた。

当方としては特段の面白味も感じなかったが、運ちゃんが楽しそうで何よりではある。


そんなこんなで、30分ほどでホテルに到着した。

f:id:tonogata:20190115235802p:plain:w600

「Riverview Cambodia Boutique Hotel」。

ホテルから少し歩くと、スグにメコン川
↓写真の左奥にあるのが、その川である。

f:id:tonogata:20190116000144p:plain:w600

早速、チェックインを済ませる。

今回の部屋は、「スタンダード スイート」(5000円/泊)
なかなかのお値段だが、「スイートルーム」なのでしょうがない。
(空室状況が厳しく、スイートルームしか空いてなかった)

部屋は確かに、そこそこ広かった。

f:id:tonogata:20190116000940p:plain:w600

無料の水と、コーヒーもついている。
水が付くのは、うれしいね。

f:id:tonogata:20190116001429p:plain:w600

バスタブもついている。
値段なりの設備は整っているようだ。

f:id:tonogata:20190116072222p:plain:w600

近くにはコンビニ(ミニマート)も2軒ほどあり、隣の敷地にはオールドマーケット
ロケーションも、結構いいんだな。

Very old hotel、but new name(すごく古いホテル、名前だけ新しいね!)だけど。
可笑しそうにプルプルと肩を震わす、タクシー運ちゃんの後ろ姿が頭をよぎる。

よっぽどウケてたよなぁ、あれ。

それはともかく、ホテルを出てメコン川に向かう。
川沿いに長い歩道が整備されていて、端から端まで歩くと30分(往復すると1時間)。

f:id:tonogata:20190116072050p:plain:w600

自分は「意味もなく端から端まで歩くのが好きなタイプ」なので、十分に楽しめた。

川沿いにはベンチがあり、飲み物や食い物の露天が出ている。

ちょっと広くなった空間では、青空ダンス教室が開催中。
これ、10年くらい前に来た時もやってたよなぁ。

f:id:tonogata:20190116073017p:plain:w600

川沿いには「リバービュー」を謳う飲み屋やレストランが建ち並ぶ。
こういう景色をみると、「アジアにきたなぁ」という実感。

f:id:tonogata:20190116073748p:plain:w600

そうこうしているうちに、夜も更けてきた。

歩道に植えられた木には電飾が巻き付けられており、照明代わり。
一石二鳥?のナイスアイディアだな。

f:id:tonogata:20190116073909p:plain:w600

これ、木の健康は大丈夫なんか?という気がしないでもないが。


翌朝。

長距離バスに乗るため、早起きした。
朝食は7時から、ホテルのロビーにあるテーブルで。

f:id:tonogata:20190116074231p:plain:w600

今回は、朝食付きプランなのだ。
朝食は一応メニューがあり、コンチネンタル・ブレックファーストやアジアン朝食から選択。

f:id:tonogata:20190116074623p:plain:w600

コンチネンタル・ブレックファーストを選択した。
チーズを挟んだパン、フライドエッグ、ベーコン、トマト。
十分だ。

長距離バスに乗る前には、万が一にも腹を壊したくないのでパン食がいい。

この後チェックアウトを済ませ、カンボジア随一のビーチリゾート「シアヌークビル」に向かった。
バスで片道6時間。

飛行機も一応あるが、今回はバスで行くことにしたんだな。
安いし。(片道14ドル)

そこら辺の話は、また今度。


そんな感じ。