ANAがファーストクラス座席「生地」を使った座椅子を販売開始、ビジネスクラス座椅子より5000円アップ。

「ご自宅でフライト気分が楽しめる、本物さながらの座椅子が登場」(by A-style)
「ファーストクラスの心地よさをご自宅でも! 」(by 全日空商事)

ANAの公式ショッピングサイト「A-style」で、ANA777-300ER機のファーストクラスシート生地のストック材を使用して作られた座椅子が発売された。
※「ストック材」・・・新品の余った生地

これは2018年5月に始まった「ANA First Class Fabric Goods」シリーズの最新作。
ファーストクラス生地を使った「座椅子」としては、今回が初登場となる。
(今までも、トートバッグやポーチは発売されていた)

公式ページはコチラ。
A-style ANAオリジナル 777-300ER ファーストクラスシート生地座椅子

f:id:tonogata:20190127105316p:plain:w600

ANA777-300ER機のファーストクラスシート生地のストック材を使用して作られた座椅子です。
高いクッション性とリクライニング機能を備えた腰に優しい設計を採用しており、座り心地も快適。
ヘッドレスト部分にはANAのロゴが入った生地が取り付けられ、本物のシートさながらにデザインされています。
素材 表地:ウール100%、底面裏地:ポリエステル100%、クッション材:ウレタンフォーム、フレーム:スチール

ニュースリリースはコチラ。
全日空商事 ANA機ファーストクラスシート生地の座椅子


お値段は、税込2.5万円

なるほど。
やっぱりお高いのね。

ファーストクラスだけに・・・。


ちなみに、去年の1月に発売された同機種(ANA777-300ER)のビジネスクラス生地の座椅子は、税込2万円だった。
ファーストクラスより、5000円安い。
※現在は売り切れですでに販売されていない

f:id:tonogata:20170131232530j:plain:w600


いずれにせよ、2.5万円の座椅子というと、なかなかのお値段。
しかし、「ただ高い」というワケではない。

内部に3つのギアを備え、自由なリクライニングが可能。
角度調整は、頭部が無段階、背部は41段階、脚部も可動OKでコチラは6段階。

f:id:tonogata:20190127105854p:plain:w600

体重圧を分散し、S字カーブを補助する特許クッション構造(!)。
※特許検索しても該当特許は出てこなかったけどね

f:id:tonogata:20190127110226p:plain:w600


「座椅子は必要ないかなぁ」という方も、ご安心ください。

今回は座椅子と同時に、なんと・・・

ファーストクラス生地を使った「バックパック」も販売開始されている。

f:id:tonogata:20190127111524p:plain:w600

表地が「ウール」のバックパックか。。。

フォルムを見た感じだと、バッグはエース(株)が作ってるっぽい感じですね。
だとしたら、「バッグ」的にはちゃんとしてるんじゃないかと思います。

分かんないけど。


ほい。

なお、お値段9万円の「機内搭載カート」(実際に使われていたモノ)も、販売継続中。
機内でのドリンクサービスに使う、あのカート。
A-style ANAオリジナル 機内搭載カート

f:id:tonogata:20180129003921p:plain:w600

内側にドロワーが付属しているので、小物を入れる収納グッズとしてお使いいただけます。
もちろん、お部屋に置いておくだけでインテリアとしても活躍。

小物を収納するのを探している人には、いいかもしれない。
9万円の、小物入れ。


そんな感じ。