マリオット「ホテル・カテゴリー」の変更(2019/3)、無料宿泊の必要ポイント数はやや影響あり

マリオットがホテル毎のカテゴリー(ランク)を変更する。
変更の適用は2019/3/5より。

公式サイトはこちら (まだ旧カテゴリのまま)。
https://points-redemption.marriott.com/ja/category-change?program=marriott

新カテゴリの全軒リストはコチラ(pdf)
カテゴリー変更のお知らせ(pdf)

f:id:tonogata:20190210084836p:plain:w600

日本に関して言うと、3件の変更があった。

  • セントレジスホテル大阪(8)→(7)
  • ルネッサンス・オキナワ・リゾート(6)→(7)
  • ウェスティンホテル大阪(5)→(6)

セントレジス大阪は、2017年時点の必要ポイント数相当に戻ってきた。
ルネッサンス沖縄とウェスティン大阪は、徐々に徐々にランクアップ中。

現時点でpdfには、「スタンダードポイント交換レートが適用されます」とある。
シーズン制の導入は、もう少し先になるかな?
そして「カテゴリー8」が3/5に導入されるとしたら、カテゴリ8をお得に予約できるのは3/5までとなる。


以下、国内ホテルのカテゴリ・リスト。
必要ポイントとカテゴリは、マリオット統合前・統合後・今回の変更の3系統を表示している。
今回の変更は、一番右側のやつ。

ホテル名 統合前 2018/8
統合後
2019/3
新カテゴリ
フォーポイントバイシェラトン函館 -
30,000pt
4
25,000pt
4
25,000pt
コートヤード新大阪ステーション -
35,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル -
35,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション -
40,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
富士マリオットホテル山中湖 -
35,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
伊豆マリオットホテル修善寺 -
35,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
軽井沢マリオットホテル -
35,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
琵琶湖マリオットホテル -
35,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
名古屋マリオットアソシアホテル -
30,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
南紀白浜マリオットホテル -
35,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
モクシー大阪本町 -
35,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
モクシー東京錦糸町 -
35,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
ルネッサンスリゾートナルト -
35,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ -
30,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
シェラトングランドホテル広島 -
36,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート -
36,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
シェラトン北海道キロロリゾート -
36,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
シェラトン都ホテル大阪 -
30,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ -
36,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
キロロトリビュートポートフォリオホテル北海道 -
30,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
ウェスティンホテル淡路 -
30,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
ウェスティン都ホテル京都 -
36,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
ウェスティンホテル仙台 -
36,000pt
5
35,000pt
5
35,000pt
ザ・プリンスさくらタワー東京、オートグラフコレクション -
40,000pt
6
50,000pt
6
50,000pt
沖縄リゾートホテルオキナワマリオットリゾート&スパ -
40,000pt
6
50,000pt
6
50,000pt
大阪マリオット都ホテル -
40,000pt
6
50,000pt
6
50,000pt
東京マリオットホテル -
40,000pt
6
50,000pt
6
50,000pt
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ -
60,000pt
6
50,000pt
6
50,000pt
シェラトン都ホテル東京 -
36,000pt
6
50,000pt
6
50,000pt
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート -
60,000pt
6
50,000pt
6
50,000pt
ウェスティンホテル大阪 -
36,000pt
5
35,000pt
6
50,000pt
ウェスティンホテル東京 -
60,000pt
6
50,000pt
6
50,000pt
ルネッサンス・オキナワ・リゾート -
40,000pt
6
50,000pt
7
60,000pt
ザ・リッツ・カールトン沖縄 -
60,000pt
7
60,000pt
7
60,000pt
ザ・リッツ・カールトン大阪 -
50,000pt
7
60,000pt
7
60,000pt
セントレジスホテル大阪 -
90,000pt
8*
85,000pt
7
60,000pt
ウェスティンルスツリゾート -
60,000pt
7
60,000pt
7
60,000pt
翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都 -
90,000pt
8*
85,000pt
8*
85,000pt
ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町 -
90,000pt
8*
85,000pt
8*
85,000pt
ザ・リッツ・カールトン京都 -
70,000pt
8*
85,000pt
8*
85,000pt
ザ・リッツ・カールトン東京 -
70,000pt
8*
85,000pt
8*
85,000pt


なおSPGのみ、過去にもカテゴリ変更をチェックしていた。
(必要ポイント数はマリオット統合で数字的には3倍=価値は等価になっているので注意)

SPG 2018/3~の変更
やじり鳥 SPG「ホテルカテゴリー」の変更(2018年)。無料宿泊の必要ポイント数はやや増加傾向

SPG 2017/3~の変更
やじり鳥 SPG「ホテルカテゴリー」(2017年)の変更。ほとんどの国内ホテルで無料宿泊時のポイント数がアップ。


ほい。

そんな感じ。