ビーチリゾートをGoogleでチェックするTips。ビーチの様子、水の透明度、サンセット。

ビーチリゾートに行く前に、Googleで下調べするメモ。

ビーチの様子(ストリートビュー)

結構前からだけど、ビーチもストリートビュー対応している。

まずはGoogleマップでビーチに行く。

f:id:tonogata:20190212003548p:plain:w600

画面右下の人型マークのアイコンをクリック。

ビーチ上に青い線がでてきたら、ストリートビュー対応のビーチ。

f:id:tonogata:20190212003743p:plain:w600

この状態で青線をクリックすると、ビーチが写真でみれる。
矢印マークをクリックすると、その方向に進みます。

f:id:tonogata:20190212003858p:plain:w600

360°カメラなので、視点の回転も可能。
グルッと視点を回してみると、撮影者の影が・・・

f:id:tonogata:20190212003940p:plain:w600

通常のストリートビューは車で撮影しているんだが、ビーチなどの場合は「ストリートビュー トレッカー」と言って、バックパックに360°カメラを装備して、歩いて撮影してるんですね。
Google の撮影機材

f:id:tonogata:20190212004036p:plain:w600

このストリートビュー・ビーチ版は、ビーチの広さ砂質パラソルの設置状況、海の家・レストランなど、色々チェックできて便利です。

また個人的には、オンザビーチの宿を探す際にも使います。
目の前がビーチのバンガロー・コテージに泊まりたい場合とか・・・。

f:id:tonogata:20190212070639p:plain:w600

地図とストリートビューはいったりきたりできるので、ホテルの前のビーチでストリートビューをチェックすれば、ビーチと部屋の距離感も分かる。


水の透明度(水中写真など)

人型マークをクリックして、海の上に○がでてきたら、360°カメラで水中写真がみれる。
ただし対応ビーチはそれほど多くない。

f:id:tonogata:20190212004821p:plain:w600

コレがあるのは、ダイビング・スポットとかが中心ですね。
↓は沖縄の例。

f:id:tonogata:20190212004930p:plain:w600


さらにレアケースだが、ボート・船から撮った画像がある場合も。

f:id:tonogata:20190212005032p:plain:w600

これは水の透明度が確認できて、便利ですね。

f:id:tonogata:20190212005129p:plain:w600

この場合はストリートビューになっていて、グイグイ写真中で前に進むことができる。


サンセット・サンライズ時間を調べる

本件を書いているのは、最近コレに気付いたからなんだけど・・・

Googleで、一発で日没時間が調べられるんですね。
初めて知った。

ビーチといえば、サンセット・サンライズを見る。
これは一番のお楽しみなのです。。。

例えばGoogleで、「クタビーチ 日没」と検索する。
※Googleマップじゃなくて、普通のGoogle検索

f:id:tonogata:20190212005531p:plain:w600

一発で日没時間が表示された。

便利だ・・・。

「日没」でなく、「サンセット」でもOK。
↓は「ワイキキビーチ サンセット」で検索した結果。

f:id:tonogata:20190212005743p:plain:w600

検索結果で「画像」タブをクリックすると、そのままサンセット画像の検索結果を閲覧できる。

f:id:tonogata:20190212005827p:plain:w600

ちなみに、サンライズには対応していない模様。
サンライズの方は、「日の出」で検索可能。
→「クタビーチ 日の出」


また日没・日の出も時間については、別にビーチでなくとも「地名+日没」でどこでもOK。
逆にビーチで日没・日の出の時間がでない場合、地名で検索する必要がある。


ほい。

日没時間に関しては、ビーチに行くときは必ずチェックする。
それが一発で表示されるようになっていたとは・・・。

これは便利ですな。。。


そんな感じ。