ANA国内線の特典航空券、ミリオンマイラー制度のライフタイムマイル(LTマイル)は事後登録が必要

ANAの「ミリオンマイラー・プログラム」
ライフタイム・マイル(LTマイル)が100万マイルを超えると特典があるという制度だが、そこら辺の話は以下を参照。

ANA公式 ミリオンマイラープログラム

やじり鳥 ANAとJALの「ライフタイムマイル」(生涯マイル)特典と加算条件

今回は、ANA国内線の特典航空券について。

ANAのLTマイルは、JALと違って特典航空券でも加算される。

ただし、公式には「搭乗後6ヶ月以内に事後登録」の申請(WEB/電話など)が必要。

ANA公式の説明は、以下。

ANA国内線特典航空券・ANA国際線特典航空券のご利用でもLTマイルは積算いただけます。

積算方法
ご搭乗から6カ月以内に事後登録手続きにてLTマイルの積算を承ります。
事後登録のお手続き方法は マイルの事後登録方法(ANA国内線)マイルの事後登録方法(ANA国際線)をご確認ください。


LTマイルは合計値しか表示されない。
ANA LTマイル(マイページ)

そこで自分の場合、搭乗前にLTマイル数をエクセルに記帳し、搭乗後の加算値をチェックしている。
(区間基本マイル数で検算できる)

その上で、ANA LTマイルの加算挙動について。

特典航空券の原則は「事後登録が必要」だが、国際線の特典航空券については自動で加算されていた。
(乗り継ぎで「他社便名&他社運行」の便が含まれると、その分は加算されない)

国内線の特典航空券については、基本的に自動で加算されないので「事後登録」が必要なんだな。
自分のサンプル数はここ数年で3本と多くないが、それらは100%加算されてなかった。
※国際線も公式ルール的には「事後登録」が必要。自動で付与されてるので、自分はしてないけど

ただここら辺の加算ルールは、よく分からない部分もある。
以前ANA国際線のカウンターできいた時は、「チェックイン時にマイル番号を登録してれば加算される」と言われたことがある。自分は国内線→自動発券機、国際線→カウンターで発券という流れが多いので、その点も関係しているかもしれない。

それはともかく。

国内線の特典航空券で搭乗後は、一応2週間ほど待ってから加算されてないのを確認し、事後登録の手続きをしている。
「事後登録」の手続き自体は、搭乗の翌日から可能。
マイルの事後登録方法(ANA国内線)

事後登録の方法は、「事後登録フォーム」が一番簡単。
ANA「国内線 事後登録フォーム」

ただし、この場合は搭乗日や便名に加えて、「座席番号」も必要になる。
(通常の「問い合わせフォーム」で事後登録を依頼した際には、日付と便名だけで登録してもらったことがある)

f:id:tonogata:20190303102213p:plain:w500

座席番号はeチケットに記載があるので、忘れた場合は「予約確認」ページから過去フライトのeチケット(pdf)を表示する。
ANA国内線 予約確認

申請フォームに便名や日付を入力すると、加算マイル数が表示される。
フライトマイル中心の画面なので「加算マイル数=0」で表示されるが、構わずそのまま進める。
(特典航空券はフライトマイルが加算されない&この画面ではLTマイルについては確認できない)

f:id:tonogata:20190303103607p:plain:w500

申請が完了すると、割とスグに登録される。

なお国内線の特典航空券は、例えばソラシドエア運航便(SNA)などでも問題なくLTマイルが登録される。


ほい。

そんな感じ。