福岡「宮地嶽神社」、JALの嵐出演CMで有名な「光の道」は曇天で叶わず

宮地嶽神社「光の道」

福岡で、宮地嶽神社に行ってきた。
嵐が出演しているJALの先得CMで有名な「光の道」である。

www.youtube.com

海から山の上の神社まで、真っ直ぐ伸びる参道。
その参道が、夕日に染まってキレイな「光の道」となるのは、年2回。
2月と10月のみ。
宮地嶽神社 光の道【夕陽の祭り】

今回は、2月の上旬に訪問した。
2月の夕日シーズンは「2月中旬から」なので、時期感としては「やや早い」。

しかしせっかくなので、神社までは「光の道」(参道)を歩いて向かうことにした。
最寄駅から1度海まで歩き、そこから参道を通って神社にアクセスするルートである。

※右下がスタート地点の福間駅
f:id:tonogata:20190311232723p:plain:w600


福間駅から海まで

まず、今回のルートの起点となる福間駅
博多駅から電車で約30分、460円の距離である。

f:id:tonogata:20190311234009p:plain:w600

駅を降りた人の多くが、宮地嶽神社の方に向かっていた。
駅から宮地嶽神社は、徒歩30分ちょいの距離。

当方の場合は今回、1度海まで向かうんだな。
駅前の通りを、ふらふらと歩きはじめる。

f:id:tonogata:20190311234701p:plain:w600

途中、住宅街なんかも抜けながら、海へ、海へ。


宮地浜と夕陽風景時計

宮地浜のビーチについた。

ウィンドサーフィンをやってる人が、ちらほら。

f:id:tonogata:20190311235138p:plain:w600

ビーチ沿いには、カフェや「かき小屋」が並んでいた。

夕陽に間に合うよう急いでいたので店には寄らなかったが、いい雰囲気のカフェがいくつかあった。

f:id:tonogata:20190311235340p:plain:w600

ビーチに沿ってしばらく歩くと、大きな鳥居に到着。

ここが参道の海側の起点となっている。

f:id:tonogata:20190311235600p:plain:w600

そしてコチラには、「夕陽風景時計」も設置されている。

「夕陽が沈む方位と時刻」が分かるらしい。

f:id:tonogata:20190311235802p:plain:w600

その風景時計をみてみると、「2/22と10/20に参道上で日没」と書いてあった。

あー、割と日付がかっちり決まってんのね。2月上旬じゃ無理かな?とガックシ。

f:id:tonogata:20190311235915p:plain:w600


「光の道」(参道)から神社へ

ここからは、海から神社までの参道ルート。

f:id:tonogata:20190312000347p:plain:w600

「参道」というくらいだから、そこそこ歩道も整備されているかと思いきや、さにあらず。

歩道も途切れ途切れで、ちょっと歩きにくいかな。
車が通るので危ないというか。

道路を30分ほど歩くと、宮地嶽神社の入口に到着した。

f:id:tonogata:20190312000920p:plain:w600

階段をのぼれば、宮地嶽神社である。


宮地嶽神社から見る「光の道」

宮地嶽神社から海の方を眺めてみる。

f:id:tonogata:20190312001234p:plain:w600

まだ日没には少し早いらしい。

そばにあった看板には、バッチリ「光の道」が写っていた。

f:id:tonogata:20190312001326p:plain:w600

「今日は曇り空だしなぁ」と思いながらも、淡い期待。

とりあえず神社を見学して、日没を待つことに。

f:id:tonogata:20190312001524p:plain:w600

宮地嶽神社のしめ縄は、日本一大きいらしい。
宮地嶽神社 三つの日本一

太鼓と鈴も、日本一のサイズ。

CM撮影の記念樹もあった。

f:id:tonogata:20190312001849p:plain:w600


そうこうしているうちに、日没が迫り・・・

階段に陣取って、海の方を眺めて待つこと、しばし。

f:id:tonogata:20190312002028p:plain:w600

はい、解散~。

せっかくなので粘って待ちましたが・・・
今日は、ばっちり曇り空でしたね。

真っ暗になった道を、福間駅にむけてトボトボ歩いて帰途につくのであった。

f:id:tonogata:20190312002208p:plain:w600


今度来るときには、もうちょい天気が良いといいんですけどね。。。


そんな感じ。