機内の清潔さランキングでANAが世界で1位に


飛行機の機内清潔度ランキングで、ANAが世界1位となった。

関連ニュースはこちら。
CNN.co.jp : 機内の「清潔さ」ランキング、ANAが世界トップ

客室内の座席スペースやテーブル、カーペット、内壁、トイレなどが評価対象

ランキングは、SKYTRAXが提供。
順位はユーザー評価によって決まっている。
World's Best Airline Cabin Cleanliness 2018 | SKYTRAX

Passengers rated the standards and quality of cleanliness in the aircraft cabin for airlines.


具体的なランキングの1~30位は下記。

順位 航空会社
1位 ANA (All Nippon Airways)
2位 エバー航空 (EVA Air)
3位 アシアナ航空 (Asiana Airlines)
4位 シンガポール航空 (Singapore Airlines)
5位 JAL (Japan Airlines)
6位 キャセイパシフィック航空 (Cathay Pacific Airways)
7位 カタール航空 (Qatar Airways)
8位 スイス国際航空 (Swiss International Air Lines)
9位 海南航空 (Hainan Airlines)
10位 ルフトハンザ (Lufthansa)
11位 大韓航空 (Korean Air)
12位 キャセイドラゴン (Cathay Dragon)
13位 オーストリア航空 (Austrian Airlines)
14位 チャイナエアライン (China Airlines)
15位 タイ航空 (Thai Airways)
16位 ガルーダインドネシア (Garuda Indonesia)
17位 中国南方航空 (China Southern Airlines)
18位 バンコク航空 (Bangkok Airways)
19位 エミレーツ (Emirates)
20位 ニュージーランド航空 (Air New Zealand)
21位 エティハド航空 (Etihad Airways)
22位 カンタス航空 (Qantas Airways)
23位 香港航空 (Hong Kong Airlines)
24位 KLMオランダ航空 (KLM Royal Dutch Airlines)
25位 フィンエアー (Finnair)
26位 オマーン航空 (Oman Air)
27位 バージンオーストラリア (Virgin Australia)
28位 エアフランス (Air France)
29位 トルコ航空 (Turkish Airlines)
30位 フィリピン航空 (Philippine Airlines)


JALも、5位にランクインしている。
全般的にアジアの航空会社が高く、米系エアラインは1社も入ってないのが印象的。


さて。

今回のランキングとは関係ない話だが・・・
個人的に、「飛行機のトレーテーブルは、機内トイレの洗浄ボタンより汚い」という話を思い出した。

www.bousaid.com

こちらは、飛行機内のさまざまな場所について、細菌の数(コロニー形成単位…Colony forming unit)を調査したもの。

f:id:tonogata:20151003154649p:plain:w600


今回、SKYTRAXからユーザー評価の印象ランキングが発表されていたワケだが、上記のように「航空会社毎に細菌数をチェックしてみて欲しいな」と、思った次第。

ま、無理か。

せめて、フルサービスのキャリアとLCCの差とか分かったら、面白そうなんだけど。。。


そんな感じ。

www.bousaid.com