マリオット「ELITE THANK YOU GIFT 2019」、リークされた2つのキャンペーン


マリオットのエリート・メンバー向け「ELITE THANK YOU GIFT 2019」。

マリオットから各ホテル向けに送った内容が、リークされている。
その内容については、コチラ。
Marriott's 2019 Elite Thank You Gift initiative

全てのエリートメンバーが対象ではない、「対象者限定」のキャンペーン。
内容は、2つある。


(1)アンバサダーエリート(年間100滞在~)向け
ポイント泊での1泊無料。
4/22~7/31の期間でポイント宿泊したアンバサダーで、更にマリオットがプロモ対象として設定したユーザーについては、1泊分のポイントを返還する。
対象になった客には、ホテルのマネージャーがレター(いつもありがとうございます的な)を渡すことでお知らせする。
全てのアンバサダーが対象になるワケではなく、プロモ設定されたアンバサダーへのサプライズ・ギフト的な感じ。
返還されるポイントについては、滞在中で最も必要ポイント数が多い日の1日分が、返還される。
また返還されるポイントの原資は、マリオット側がもつ(ホテル側の負担はない)。
なお、マリオットから各ホテルへの指示内容にあるベストプラクティスとしては、「レターと一緒にローカルフードとかローカル的な何かを持っていくのも、いいよね」とのこと。
なお、「アンバサアー」の定義についてはコチラ。
マリオット公式 ステータス一覧

f:id:tonogata:20190414095847p:plain:w600


(2)エリートメンバー向け
対象者限定で、マリオットの電子ギフトカードをEメールで配信する。
5/1から、終了期間は不明。
これについては各ホテルとは関係なく、マリオット本部からメールでユーザーに送られる。
たぶんプロモとして公開されることはなく、メールが送られてきて初めて知ることになるのでは。


ほい。

まぁ、いきなりホテルでレターと1泊無料を告知されたり、電子ギフト券付きのメールがきた際に、この情報を事前に知っていると戸惑うこともないかな、と。

サプライズ感がなくなるのは、マリオット的には本意でないと思うけど。


ほい。

最近また、マリオットの新規ホテル(国内)の話が増えてきた。

2019年に入って自分の方で把握した新規ホテルについては、以下。
(2019年の開業予定ということでなく、2019年に入ってから自分が知った建設中のホテル情報)

  • 「アロフト東京銀座」追加(2020年春予定)
  • 「マリオットリゾート&スパ イシガキジマ(仮称)」追加(2021年12月予定)
  • 「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」追加(2020年夏予定)
  • 「コートヤード・バイ・マリオット大阪本町」追加(2019年10月予定)
  • 「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」追加(2022年春予定)、読売新聞中部支社の旧社屋跡地
  • 「アロフト堂島」(仮称)追加(2020年予定)、「堂島ホテル」の再開発

一覧については、下記を参照。
やじり鳥 - ブランド別「国内新規ホテル開業予定」一覧


ほい。

マリオット関係のニュースで1件。

マリオットとExpediaとの手数料交渉で、12%→10%が決まったかも?という観測記事がでていた(公式に発表された内容ではない)。
Skift - Marriott's New Contract With Expedia Signals a Shift in the Direct Booking Wars –

Expediaがマリオットに「Expedia経由予約時のロイヤリティ・ポイントの付与」を求めているという話があったので、ちょっと着目していたんだが・・・
やじり鳥 - マリオットとエクスペディアの手数料交渉、予約サイト経由でのポイント付与要望

そこら辺については、まだ新たな「観測」はでていない模様。

Flo Lugli, principal at Navesink Advisory Group, told Skift earlier this year that Expedia might be seeking to have its customers gain loyalty points or status when booking a Marriott property on Expedia, and might be willing to trade commission concessions for advertising dollars, or preferred rates and inventory.


ほい。

そんな感じ。