ANAが国際線エコノミーの座席指定を一部有料に、前方の通路側・窓側は最大2500円(片道)

ANAが国際線エコノミークラスについて、座席指定を一部有料化する。
有料化されるのは、5月29日購入分より。

色々条件があるので「全ての国際線エコノミー」で座席指定が有料になるワケではないが・・・
ちょっとビックリなニュースですね。

公式ニュースリリースはコチラ。
国際線エコノミークラス 事前座席指定の一部有料化について

ご購入いただいた運賃(予約クラス)の価格帯に応じたサービスをご提供するために、一部の運賃(予約クラスV/W/S/L/K)を対象に、足元の広い非常口の座席や、機内前方通路側・窓側座席の一部の座席について、事前座席指定を有料化いたします。

安いチケットを買った場合、人気の高い前方窓側・通路側(黄色)や、足下が広い非常口付近(赤色)を選ぶと有料になる。
「後方座席」と「列の真ん中」は、指定無料(青色)。

f:id:tonogata:20190417225437p:plain:w800

座席指定の料金は、路線(下記)によって異なる。

窓側・通路側(黄色)=1,500円~2,500円。
非常口付近(赤色)=4,500円~5,500円。

いずれも1区間あたりの指定料で、往復で指定すると2倍必要。

f:id:tonogata:20190417235424p:plain:w800


上記「前方の窓・通路、非常口」が有料となるのは、安めの国際線エコノミー予約クラス「V/W/S/L/K」(Value/Super Value)を買った場合。
これはマイル積算率が50%以下の予約クラスで、安めのエコノミーを買ったらこの予約クラスになることが多いんじゃないかと思います。

同じく国際線エコノミーの場合でも、「H/Q」(Value)以上については依然として座席指定が無料。
これはマイル積算率が70%以上の予約クラス。
残席が少なくなり、空席連動でチケットが高くなってから予約すると、この予約クラスになる可能性あり。

f:id:tonogata:20190417234616p:plain:w800


予約クラスは、予約時の運賃選択画面でチェックできる。
↓は東京-シンガポールの例で、予約クラス「S」(片道3万円)

f:id:tonogata:20190417234447p:plain:w800

↓は同じく東京-シンガポールの例で、予約クラス「H」(片道7.8万円)
直前予約&昼間の羽田出発便(成田発ではない)のため、同じ日のシンガポール行きの中でも価格が高くなってたチケット。

f:id:tonogata:20190417235050p:plain:w800

ちなみに「S」と「H」は同じエコノミークラス「Value」で、運賃規則も同じ。
値段だけが違う(早く予約するほど安い)。


なお予約クラス「H/Q」以上に加え、下記の場合は指定料金が不要

  • 特典航空券
  • ダイヤモンド会員・プラチナ会員(同行者も含む)
  • コードシェア便(エアージャパン便を除く)


ブロンズ会員とSFC会員は、無料にならないんですね・・・。

SFCについては、なかなかアレですな。。。
やじり鳥 - ANAがプレミアムエコノミーの特典航空券を開始、SFCなど上級会員の無料アップグレードは消滅。


ほい。

自分の場合、「後方・通路側」の座席を指定することが多い。

www.bousaid.com

とはいえ、通路側をとりたい人が「後方」座席に流れ込んでくるので、今後は座席の指定に苦労しそう・・・。


そんな感じ。