マリオットBonvoyの無料宿泊に必要なポイント数が変更、ピーク・オフピークを導入


f:id:tonogata:20190816102520j:plain:w400

無料宿泊(フリーナイト・アワード)

マリオットBonvoyにおける、ポイントを使った無料宿泊(フリーナイト・アワード)の必要ポイント数は以下。
各ホテルはカテゴリに分類され、カテゴリによって必要ポイント数が異なる。
またホテルの繁忙期によって必要ポイント数が異なる。

カテゴリ オフピーク スタンダード ピーク
1 5,000pt 7,500pt 10,000pt
2 10,000pt 12,500pt 15,000pt
3 15,000pt 17,500pt 20,000pt
4 20,000pt 25,000pt 30,000pt
5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
6 40,000pt 50,000pt 60,000pt
7 50,000pt 60,000pt 70,000pt
8 70,000pt 85,000pt 100,000pt

上記は「スタンダードルーム」(安い部屋)での必要ポイント数となる。
部屋のアップグレードは、追加ポイントによって可能(Upgrades may be available for additional points. )。

マリオット統合後は、「スタンダード」のみで運用されていた。
2019年9月14日からは、「ピーク」「オフピーク」が運用開始となる。
公式サイトでの告知は以下。
9月14日スタート

なお統合当初は適用されていなかった「カテゴリ8」については、すでに運用開始されている。

9月14日からは「ピーク」「オフピーク」が導入されるが、それまでに予約した分については「スタンダード」の必要ポイント数が保証される。
そのため、繁忙期の予約については9月14日までにしておくとよさそう。

Members will have until September 14, 2019 to make reservations under the current standard award chart.

「ピーク」「オフピーク」の設定時期はホテルによって異なる。
基本的に、「泊まりたい」と思うようなホテルは「ピーク」が多めに設定されると考えてよいかと思う。

無料宿泊の予約におけるポイントは以下。

  • ブラックアウト(予約不可の日)はない
  • ただしホテル毎にポイント宿泊での部屋数に上限あり
  • 5連泊で1泊分が無料
  • 最大で50週前から予約可能
  • 2日前までキャンセル無料
  • 無料宿泊もエリートステータスに向けた宿泊数にカウントされる

ポイント宿泊が可能な部屋数に上限があるため、早めに予約しないと売り切れるので注意。

基本的に5連泊するのが、最も効率良い。


キャッシュ+ポイント

マリオットBonvoyでは、現金とポイントを併用した「キャッシュ+ポイント」による宿泊も可能。
「キャッシュ+ポイント」についても、9月14日から「ピーク」「オフピーク」が導入される。

カテゴリ オフピーク スタンダード ピーク
1 55ドル + 1,500pt 55ドル + 3,500pt 55ドル + 4,500pt
2 65ドル + 4,000pt 65ドル + 6,000pt 65ドル + 7,000pt
3 80ドル + 6,000pt 80ドル + 8,500pt 80ドル + 9,500pt
4 105ドル + 8,000pt 105ドル + 12,000pt 105ドル + 15,000pt
5 140ドル + 13,500pt 140ドル + 17,000pt 140ドル + 21,000pt
6 190ドル + 19,000pt 190ドル + 25,000pt 190ドル + 30,000pt
7 250ドル + 25,000pt 250ドル + 30,000pt 250ドル + 40,000pt
8 440ドル + 27,500pt 440ドル + 42,500pt 440ドル + 57,500pt

必要な現金部分については固定で、シーズンによってポイント数が変わる。

「無料宿泊」や「キャッシュ+ポイント」がお得かどうかは、予約しようとしている日の現金料金と比較しないと分からない。

しかし「キャッシュ+ポイント」における現金部分を、「無料宿泊」のポイント数と比較することはできる。

例えばカテゴリ1のオフピークの場合、必要ポイント数は「5000pt」、キャッシュ+ポイントでは「55ドル+1500pt」。
この場合、3500pt=55ドルで代替 → 1ポイント=1.67円(1ドル=106円)。
「キャッシュ+ポイント」を利用する場合、1ポイント=1.67円で購入するようなノリになる。
かなり高い(「無料宿泊」の方がお得)。

一方でカテゴリ6のピークの場合、必要ポイント数は「6万pt」、キャッシュ+ポイントでは「190ドル+30000pt」。
3万pt=190ドル(2万円) → 1ポイント=0.67円。
ポイント購入の25%セール時の価格が1pt=1.1円程度なので、それに比べるとお得といえる。

各カテゴリ・シーズンにおける、現金代替部分のポイント価値は以下。
(安い方が好ましい)

カテゴリー オフピーク スタンダード ピーク
1 1.67円 1.46円 1.06円
2 1.15円 1.06円 0.86円
3 0.94円 0.94円 0.81円
4 0.93円 0.86円 0.74円
5 0.90円 0.83円 0.78円
6 0.96円 0.81円 0.67円
7 1.06円 0.88円 0.88円
8 1.10円 1.10円 1.10円

個人的には「無料宿泊」の方が好みだが、「必要ポイント数が足りない」「現金価格と比較した場合のポイント価値が高い」という条件が揃うなら、「キャッシュ+ポイント」も使おうかなと思います。

なお「現金宿泊」か「ポイントを使うか」で迷った場合は、あくまで「現金料金」と比較する必要はある。

「キャッシュ+ポイント」に関わるポイントは以下。

  • 無料宿泊特典と異なり、「5泊目無料」は適用されない
  • エリート資格に向けた宿泊数にはカウントされる
  • 現金部分に対するポイント付与はない

ポイントセーバー

マリオットBonvoyでは、無料宿泊における必要ポイント数の割引キャンペーン「ポイントセーバー」が用意されている。
選定されたホテルについて、必要ポイント数が最大33%割引

このポイントセーバーにも、「ピーク」「オフピーク」が導入される(2019年9月14日)。

カテゴリ オフピーク スタンダード ピーク
1 4,000pt 6,000pt 8,500pt
2 8,000pt 11,000pt 13,000pt
3 12,000pt 16,000pt 18,000pt
4 17,500pt 22,500pt 27,500pt
5 27,500pt 32,500pt 37,500pt
6 35,000pt 45,000pt 55,000pt
7 45,000pt 55,000pt 65,000pt
8 65,000pt 80,000pt 90,000pt

ポイントセーバーについては、定期的に更新されている。
ただしアメリカのホテルが中心で、設定ホテル数も多くはない。

マリオットに宿泊する予定がある場合、念のためチェックしてもいいかもしれない。


トラベルパッケージ

トラベルパッケージについては、「ピーク」「オフピーク」導入の影響を受けない。

The new award redemption chart will not impact travel packages. After you purchase your travel package, you can book the category you used your points to redeem for, regardless of whether the property is currently offering Off-Peak, Standard or Peak redemption rates.

シーズンに関わらず、規定の宿泊数を消化できる。
そういう意味では、ピークシーズンに使うのが効率的かもしれない。


SPGアメックス無料宿泊特典

SPGアメックスの無料宿泊特典(Eサーティフィケート)については、5万ポイントまで無料宿泊で利用できる。
「1泊分のみ」の利用で、複数泊には利用できない。余った分のポイントがもらえるわけでもない。

FTにあったマリオット関係者のコメントによれば、このEサーティフィケートについても、ピーク・オフピーク導入の影響を受ける。
FlyerTalk Forums - View Single Post - COMING SEPTEMBER 14TH: Off-Peak and Peak Point Redemption Rates

5万ポイントは、スタンダード・シーズンのカテゴリ6まで。

ただしピーク時のカテゴリ6は「6万ポイント」になるため、5万ポイントの無料宿泊特典は使えない。
その代わりオフピーク時のカテゴリ7は、5万ポイントの射程に収まる。

同様に、ポイント・セーバーでも利用できると思われる。


国内ホテルのポイント数

各ホテルのカテゴリは、2019年3月に変更があった(年1回くらいで更新がある)。
マリオット「ホテル・カテゴリー」の変更(2019/3)、無料宿泊の必要ポイント数はやや影響あり - やじり鳥

以下は、国内ホテルの現行カテゴリについて。

ホテル名 カテゴリ オフピーク スタンダード ピーク
フォーポイントバイシェラトン函館 4 20,000pt 25,000pt 30,000pt
コートヤード新大阪ステーション 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
富士マリオットホテル山中湖 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
伊豆マリオットホテル修善寺 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
軽井沢マリオットホテル 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
琵琶湖マリオットホテル 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
名古屋マリオットアソシアホテル 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
南紀白浜マリオットホテル 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
モクシー大阪本町 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
モクシー東京錦糸町 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
ルネッサンスリゾートナルト 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
シェラトングランドホテル広島 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
シェラトン北海道キロロリゾート 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
シェラトン都ホテル大阪 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
キロロトリビュートポートフォリオホテル北海道 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
ウェスティンホテル淡路 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
ウェスティン都ホテル京都 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
ウェスティンホテル仙台 5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
ザ・プリンスさくらタワー東京、オートグラフコレクション 6 40,000pt 50,000pt 60,000pt
沖縄リゾートホテルオキナワマリオットリゾート&スパ 6 40,000pt 50,000pt 60,000pt
大阪マリオット都ホテル 6 40,000pt 50,000pt 60,000pt
東京マリオットホテル 6 40,000pt 50,000pt 60,000pt
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ 6 40,000pt 50,000pt 60,000pt
シェラトン都ホテル東京 6 40,000pt 50,000pt 60,000pt
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 6 40,000pt 50,000pt 60,000pt
ウェスティンホテル大阪 6 40,000pt 50,000pt 60,000pt
ウェスティンホテル東京 6 40,000pt 50,000pt 60,000pt
ルネッサンス・オキナワ・リゾート 7 50,000pt 60,000pt 70,000pt
ザ・リッツ・カールトン沖縄 7 50,000pt 60,000pt 70,000pt
ザ・リッツ・カールトン大阪 7 50,000pt 60,000pt 70,000pt
セントレジスホテル大阪 7 50,000pt 60,000pt 70,000pt
ウェスティンルスツリゾート 7 50,000pt 60,000pt 70,000pt
翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都 8 70,000pt 85,000pt 100,000pt
ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町 8 70,000pt 85,000pt 100,000pt
ザ・リッツ・カールトン京都 8 70,000pt 85,000pt 100,000pt
ザ・リッツ・カールトン東京 8 70,000pt 85,000pt 100,000pt


ほい。

そんな感じ。