燃油サーチャージが2019年10月から値下げ、ゾーンCへ


ANAが2019年10月購入分からの、燃油代(サーチャージ)の値下げを発表した。
4月以降は連続3回の値上げだったため、今回は久しぶりの値下げ。

今後、JALも同額で追随すると思われる。

※HP上での記載料金は「片道分」なので注意

値上げ後の燃油サーチャージは、欧州・北米の往復で2.1万円となる。
(値上げ前は2.8万円)

燃油代 2019年9月まで 2019年10月から
韓国
極東ロシア
1000円
往復2000円
500円
往復1000円
中国
台湾
香港
3500円
往復7000円
2500円
往復5000円
グアム
フィリピン
パラオ
ベトナム
4000円
往復8000円
3000円
往復6000円
タイ
シンガポール
マレーシア
6500円
往復13000円
4500円
往復9000円
インドネシア
インド
スリランカ
ハワイ
8500円
往復17000円
6000円
往復12000円
北米
欧州
中東
オセアニア
14000円
往復28000円
10500円
往復21000円


現在は、JAL燃油サーチャージの価格テーブル上で「ゾーンD」。
10月からは1段階安くなって「ゾーンC」となる。

なお、ANA/JALとも特典航空券を発券する場合には別途燃油サーチャージが必要。
運賃分はマイルで無料になるが、燃油サーチャージは現金で払う必要がある。

そのため、もし特典航空券を発券する予定がある場合、10月以降に発券した方が安くすむ。


2013年から現在までの、燃油サーチャージの価格推移は以下の通り。

f:id:tonogata:20190819225722j:plain:w800

詳細は、「燃油サーチャージ価格と推移」を参照。
※過去分のデータが大きくなったので、別途ページにまとめておくことにした


ほい。

そんな感じ。