「ノートン360」と「ノートンセキュリティ」の違いと、「ノートン360」へのアップグレード方法


ノートン360の新機能

2019年9月5日に、新製品「ノートン360」が発表された。
シマンテックストア 楽天市場店

2012年頃に同名の「ノートン360」という旧製品があったが、またその名称を使うようだ(ややこしい)。

新しい「ノートン360」と、従来の「ノートン・セキュリティ」の違いは、新機能が2つ追加された点。

  • 「ノートン セキュア VPN」機能の追加
  • 「Windows 向けセーフカム」機能の追加


「ノートン セキュア VPN」は、WiFi接続を仮想プライベートネットワーク (VPN) でプライバシーを保護する。
簡単に言うと、スマホやPCで接続するWiFi通信の「盗聴」を防ぐ。

昨今だとスマホで街中のフリーWiFiにつなぐこともあるが、セキュリティが甘いかも知れないフリーWiFiに繋ぐ際には、このVPN機能が役に立つ。
このVPN機能を介すことで通信が暗号化されて、プライバシーが保護されるというモノ。
ただし昨今はHTTPSの普及により、VPNの必要性が薄まってきたという話もある。

機能的には、以前からあった「ノートンWiFiプライバシー」と同じ。
「VPN」という名称が一般化してきたことから、「WiFiプライバシー」という製品名・機能名を「セキュアVPN」に変更したとのこと。

この「セキュア VPN」機能は、WindowsでもiPhoneでもAndroidでも使える。
購入したプランの対応デバイス数分だけ使えるので、PCとスマホで使いたいなら2デバイス以上対応のプランが必要(デラックスかプレミアム)。


「Windows 向けセーフカム」は、パソコン(Win)についているカメラ機能がハックされないように、保護する。
カメラをハックされると、知らない間にノートPCのカメラから、こちら側を撮影されたりする可能性がある。

ただまぁパソコンのカメラについては、レンズに黒いテープを貼って目隠ししておけば、そもそも問題は起きない。
そうすると、カメラ機能は使えないけど。(当方はテープを貼る派)

なお、このセーフカム機能については、Windowsでしか使えない。
(スマホでは使えない)

ノートン360へのアップグレード方法

すでに「ノートンセキュリティ」を使っている場合、「ノートン360」にアップグレードすることができる。
ただし、有償で「延長アップグレード」購入した場合のみ。

「ノートンセキュリティ」にノートン・アカウントでログインしている状態で「延長アップグレード」すると、自動で旧製品(ノートン・セキュリティ)の残期間が、「ノートン360」の残期間に引き継がれる形。

ノートン・アカウントを持ってない場合や、別途パッケージ版を購入した場合は、ノートンのサポートにチャットでプロダクトキーを伝え、期間引き継ぎを依頼する必要がある。

そのため、まずはノートン・アカウントを作り、製品(プロダクトキー)をアカウントに紐付けておくのが良い。

例えば利用中の「ノートンセキュリティ」残期間が1年の場合・・・。
「ノートン360」への「延長アップグレード 1年」を購入すると、その時点から「ノートン360」アプリを使えるようになり、かつ「ノートン360」の残期間は2年となる。
ノートンセキュリティ(残1年)+ノートン360(追加1年)→ノートン360(残2年)。

同様にパッケージ版の「ノートン360」を購入した場合も、サポートにチャットで依頼すれば期間が合計される。
この場合はサポートに、ノートンセキュリティとノートン360のプロダクトキーを伝える必要アリ。
(自分はやってないが、サポート・チャットで質問したら、そう言ってた)

なお現時点では、パッケージ版などを別途購入するより、延長アップグレードを購入した方が安いと思う。


以下、ノートンアカウントを作成済みの前提で、アップグレードの流れ。

まず、「ノートンセキュリティ」を開き、画面左下から「延長する」をクリックする。
※ノートン・アカウントでログイン済みであること

f:id:tonogata:20190908002933j:plain:w600

すると、「最新の製品にアップグレードする」タブで、「ノートン360」への延長アップグレードの選択肢が出てくる。

f:id:tonogata:20190908003309j:plain:w600

自分の場合は、「ノートン セキュリティ・プレミアム」を利用中のため、「ノートン360プレミアム」が提案された。
「1年延長」で2480円である。(プレミアムの正規更新にしては)安い。

「2年延長」は1.5万円といきなり高くなるので、「1年延長」は新製品への乗り換え価格みたいなもんかな。

ちなみに「ノートン360」にアップグレード(+1年)せず、「ノートン・セキュリティ」を+1年延長するプランも選択できる。
しかしアップグレードと値段が同じなので、基本はアップグレードで良いんじゃないかと思います。

f:id:tonogata:20190908003646j:plain:w600


購入が完了したら、マイ・ノートンからソフトをダウンロード。
インストールしてPCを再起動すると、「ノートン360」になっている。

注意点として、上記フローのように公式サイトでサブスクリプションを購入すると、「自動更新」がONになっている。
期限がきれた際に自動更新で延長されると高額になるので、まずは自動更新をオフにする必要あり。

「自動更新」は、下記からオフにすることができる。
https://www.nortonstore.jp/orderstatus/
※「注文番号」は購入時にきたメールに記載されている


画面でみるノートン360

ノートン360を起動すると、まず「マイノートン」メニューが開く。
このメニューに、「セキュアVPN」が入っている。

f:id:tonogata:20190907173959j:plain:w800


「セキュアVPN」をクリックすると、小さなウィンドウが開く。
まぁノートンWiFiプライバシーと同じなんで、新鮮さはないですね。

f:id:tonogata:20190907174446j:plain:w600


使用するVPN(ネットワーク)は、国単位で選べる。
自分がいるエリアのネットワークを選択することで、VPNによって発生する通信遅延を最低限に抑えることができる。

また本来の使い方ではないが、「アメリカのIPじゃないと見れないWEBサイト」とかを見る際には、「アメリカのネットワークを選択する」というような使い方もできる。

ただしHTTPプロキシ自体を弾いている場合には、使えない。
HuluやAmazon Primeの動画は国内でしか視聴できないが、海外旅行中にこの機能を使って「日本」のVPNを選択しても、HTTPプロキシ自体がNGなので、視聴不可。

いずれにせよ、このVPN機能はいつでもON/OFF可能で、好きな時に使える。

スマホで使う場合は、それぞれ専用アプリ「ノートン セキュア VPN」をダウンロードする。
(ノートン・アカウントでのログインが必要)
iPhone版Android版


マイノートン画面で「デバイス保護」を選択すると、PC保護の詳細メニュー。

f:id:tonogata:20190907175800j:plain:w800

「セキュアカム」機能は、この中に入っている。

f:id:tonogata:20190907175911j:plain:w800

アプリゲーション毎にカメラへのアクセス権限を付与できるほか、怪しいプログラムへのカメラ・アクセスは遮断してくれる形。


ほい。

とりあえず、当方、アップグレード完了しました。

ノートン・セキュリティの残期間が2.5年ある状態で、1年の延長アップグレードを購入。
ノートン360の残期間は、3.5年になった。なげぇ(笑)


そんな感じ。

Amazon大感謝祭「プライ厶デー」は7/16(火)まで、「ノートン ダークウェブ モニタリング」が70%割引など - やじり鳥