遂に手に入れたType-CとLinghtningのケーブル内臓モバイルバッテリー


モバイルバッテリーは、基本的にケーブル一体型のモノを使っている。

いくらバッテリーが小さくても、ケーブルが別だとそれ自体がかさばってしまう。
短いケーブルをつけても、その凹凸が邪魔くさい。

そこでケーブル内臓のモバイルバッテリーの出番である。
バッテリー本体にケーブルを収納できて、場所をとらない。

チャームポイント(可愛らしいところ)は、ケーブルが破損すると、本体ごとダメになる点。
あと、商品の選択肢が少ないすね。

特に、iPhone用のLinghtningケーブルと、最近増えてきたUSB Type-Cケーブルを同時に備えるモバイルバッテリーは、選択肢が少ない。
そのタイプでスマホより小さいサイズのバッテリーだと、探してもなかなか見つからないんだな。

ところが今回、ようやくLinghtning+Type-Cのケーブル内蔵モバイルバッテリーを見つけたので、勇んで買ってみたというワケ。
ずっとAmazonばかりチェックして「ないなぁ」と思ってたが、楽天に転がってたでござる。
risukai 2ケーブル内蔵 合金モバイルバッテリー

f:id:tonogata:20191004005221j:plain:w600


ククク・・・。

みよ、このType-CとLinghtningの2刀流。
美しい。

f:id:tonogata:20191004005727j:plain:w600


実は結構長い期間探していたので、テンションあがっちゃいますね。
小型のType-C+Linghtningは、なかなかレアでござるよ。

そして、さらばマイクロUSB。
貴公らの時代は終わった。

これからは、Type-Cの時代よってな。

まぁ一体型のType-C+Linghtningとは別に、USBタイプA(別)を挿す口もある。
なのでマイクロUSBを救済できないこともないんだが。


なお、ケーブルは本体側面に収納されており、使う時だけ引き出す感じ。
持ち運び時は、収納さえたケーブルがブラつくこともない。

バッテリー容量は8000mAhと、必要十分。
個人的には5000くらいにして、その分サイズを削って欲しい。

f:id:tonogata:20191004010220j:plain:w600

最大2.1Aの充電が可能。
2系統同時に充電でも、合計2.1Aまでとなる。
(別口のUSBタイプAも使うと、3系統の同時充電が可能ではある)

お値段は3500円くらい。
ひと昔前のことを考えると、ケーブル内蔵型のバッテリーもだいぶ安くなってきましたね。

使ってみた感想は・・・。
まぁ、普通に使えてる。

安く手に入って良かったです。
最近はType-Cの機材が増えてきたので、当面はこれを使っていこうかと思います。

ほい。

そんな感じ。