新幹線「スーパーモバトク」をキャンセルして払戻手数料を払った


JR東日本の新幹線にチケットレスで乗る場合、モバイルSuica特急券を使う。
チケットレスって、スマホのタッチでそのまま新幹線に乗るってヤツですね。

料金には、通常料金の「モバトク」と割引料金の「スーパーモバトク」がある。

モバトク」(モバイルSuica特急券)は普通に駅で買う切符より少しだけ安くて、変更もスマホで何度も可能。
モバトクだと「東京都区内無料」みたいな在来線の特典がつかないのが微妙だけど、スマホでさっと予約・変更・乗車ができるのは非常に便利ですね。

スーパーモバトク」(スーパーモバイルSuica特急券)はモバトクより安い割引料金だが、日時の変更は不可。
払戻手数料もモバトクよりは高くなるというか、「払戻手数料」=「モバトクから割引されてる金額分」という感じみたいですね。

- モバトク スーパモバトク
変更 ×
キャンセル 320円 「モバトク」からの割引率を乗じた手数料


今回、初めて「スーパーモバトク」をキャンセルした。
連休に台風が直撃しそうだったので、数日前には早々に諦めた感じですね。

予約していたのは、東京-山形。
券種は「スーパーモバトク」の指定席でした。

f:id:tonogata:20191012114515j:plain:w400


出発の数日前、スマホからキャンセル操作したところ、キャンセル料は570円でした。

f:id:tonogata:20191012114746j:plain:w400

購入額 9550円
払戻手数料 570円
払戻額 8980円


キャンセル料は「モバトクからの割引率を乗じた手数料」ということだったので、いくらになるか不安だったが、570円で済んだ。

逆にいうと、モバトクに比べて570円しか安くなってないスーパーモバトクだったということですね(笑
割引料金であるスーパーモバトクは、時期や路線によって割引率が結構異なるようだが、まさかたった570円の割引だったとは。

これなら、普通にモバトクで予約すれば良かったな。
キャンセル料が必要なのは変わらないけど、モバトクなら日時変更が何度でも無料だし。

新幹線はあまり乗らないので分かってなかったが、今後はそこら辺も留意しようと思いました。


さて。

この3連休は台風19号が直撃。
早めにキャンセルしといて良かったです。

新幹線のキャンセル料は上述の通り、570円。
(とりあえず往路分だけ確保していた)

楽天トラベルで予約していたホテルは、キャンセル料無料でキャンセルできた。
こっちは「前日50%、当日100%、それ以前は無料」という感じでしたね。


ほい。

そんな感じ。