バンコク・カオサン通り(2019年9月)、再開発前のカオサン通りを歩く


バンコクのカオサン通りに行ってきた。

近年タイでは屋台が禁止になったが、カオサン通りでは例外的に16時以降の屋台営業が許可されている。
※月曜を除く

しかしそのカオサン通りも2019年10月から再開発が計画されており、昔からのカオスなカオサンから、キレイなカオサンに生まれ変わろうとしている。
そしてキレイなカオサンへ?タイのカオサン通りを1.7億円かけて再開発、屋台と歩道の分離も実施。 - やじり鳥

その一大改修が始まる前に、最後に一度カオサンを見に行こうと、1泊3日の強行軍で行ってきたというワケ。


現在のカオサン通りでは、16時近辺になると少しずつ移動式屋台が集まってくる。

そして18時くらいに撮った写真がこちら。
まだ人通りが少ない。

f:id:tonogata:20191012233604j:plain:w800

夜が更けるつれ、少しずつ人が集まってくる。

深夜0時付近が、一番盛り上がっている時間帯だろうか。
(↑と同じ場所の0時の写真↓)

f:id:tonogata:20191012235100j:plain:w800

深夜0時ともなると、大音量で音楽を流す店の前で飲む人や踊る人がでてくる。
中心部は歩くのにも苦労するくらいの混雑ぶり。

f:id:tonogata:20191012235558j:plain:w800


現在、屋台は主に「歩道」で営業が許可されている。
※写真の左側が「歩道」部分

f:id:tonogata:20191013000002j:plain:w800

10月の改修工事では、このカオサン通りの歩道と車道の段差をなくす予定。
また歩道部分はキレイなタイルで舗装する。


改修工事前のカオサン通り(9月)を歩いてみる。
すると確かに、パッタイの屋台なんかは「歩道」の上で営業している。

f:id:tonogata:20191013000319j:plain:w800

とはいえ夜も更けてくると、車道で営業する屋台もでてくるんだけど。
そこら辺はルール的に許可されているのか、まぁアレなのかは、分かんない。


こちら↓のパッタイ屋も、歩道の上ですね。

f:id:tonogata:20191013000452j:plain:w800

店の名前は「JoJo Pad Thai」。
この店は、カオサン屋台問題のインタビューでみたことがある。
Vendors on Bangkok’s Khaosan Road express fears about street food ban

夕飯はこちらのパッタイをいただくことにしました。

チャンビア(スモール)が80バーツ
パッタイ(チキン)が50バーツ。
合計130バーツ(約500円)。

f:id:tonogata:20191013001359j:plain:w800

それからカオサン裏のランブトリ通りに向かった。

音楽の生演奏をしている店があった。
だいたい洋楽の有名なのを歌っている。

f:id:tonogata:20191013001628j:plain:w800

その向かい側の「Villa Cha Cha」カフェに入店。
生演奏の店自体は音量がデカすぎるので、道を挟んだ向かいの店くらいがちょうどいい(笑

f:id:tonogata:20191013002544j:plain:w800

注文したのは・・・
モヒートが150バーツ。
バニラアイスが30バーツ。
合計180バーツ(650円)

このカフェを含め、昔からよくランブトリ通りで休憩して、バンコクの暑い夏をやり過ごした。
アイスコーヒーと、アイスクリーム食ったりしてね。


それから寺裏にまわって、昔よく朝食を食いに行っていた「Four Sons Village」へ。

f:id:tonogata:20191013002853j:plain:w800

なんかキレイになってた。

ロングアイランドアイスティー、130バーツ(500円)。

f:id:tonogata:20191013001911j:plain:w800

学生時代は朝食とかない安宿に泊まってたんだが、そういう場合には「ちょっといいメシを」って感じでこのカフェにきてました。
寺裏の静かな環境で「コンチネンタル・ブレックファースト」(120バーツ)みたいなのを食うと、なんか優雅な気分に浸れたあの頃(笑


翌日、昼飯はカオサン通りのマクドナルドで食べた。

f:id:tonogata:20191013003822j:plain:w800

ダブルアンガスバーガー・セット(250バーツ)。

日本食ではないんだけど、日本で食ってたモノが恋しくなると、よくコチラのマックで食ってましたね。
海外で下手に再現度の低い日本食を食うより、マック安定。
旅の最後のマックは、美味いんだな、コレが。

f:id:tonogata:20191013004820j:plain:w800



さて。

自分の場合、カオサン通りは中継地点によく使っていたので、やっぱり思い出がいろいろ詰まっている。
他国やタイ国内の地方からバンコク・カオサンに戻ってくると、ホッとするというか。

そんなこんなを思い出しながら、キレイになる前のカオサンの夜を一人飲んで歩いたのでありました。

初めてカオサンにきた時から随分変わってきているけど、10月以降は更にキレイに生まれ変わるかもしれない。
予定通り10月内に改修工事が始まるかは不明だが、いずれにしろ再開発は進められるだろうな、と。

今回はカオサン近くのホテル(ACCOR系列)に宿泊したんだけど、ホテルのマネージャーと話す機会があったので聞いてみた。
本当に工事するのか?

答えは、「いずれは実施するだろう」ということだった。
雨が降ったら工事の着手を延期するし、いつから工事が始まるかは分からない。
でも政府は他のエリアと同様に、カオサンの屋台を整理してクリーンにするだろう。

何度も「カオサンをクリーンにする」と言っていたのが印象的だった。


最後に、今回もまたカオサン通りのウォークスルー動画を撮ってきた。
深夜0時くらいの動画。

www.youtube.com



ほい。

そんな感じ。

カオサン通りに進出したプール付きACCORホテル「イビス スタイルズ バンコク カオサン ヴィエンタイ」に泊まった - やじり鳥