ANA系LCC「Peach」が国内線・国際線の40路線で片道1000円~のセール


Peach/バニラエア統合セール

ANA系LCCのPeachと、同じくANA系LCCのバニラエアは統合し、継続ブランドはPeachとなった。
バニラエアの運航便は段階的にPeachに引き継がれているが、最後に残ったバニラエアの国際線も10月26日で運行終了となる。

今回はその記念セールですね(バニラエアの運行終了)。
全40路線が片道1000円~、国際線も含む、座席数限定。

公式サイトはコチラ。
空飛ぶ電車 Peachセール

バニラエアの運航はいよいよ10月26日に終了。
ついに、Peachとバニラエアはひとつになります。

f:id:tonogata:20191023000641j:plain:w600

f:id:tonogata:20191023001723j:plain:w600


セール期間は約1週間、搭乗期間は11~3月まで。
価格は片道1000円~数千円

販売期間 2019年10月23日22:00~10月28日23:59まで
搭乗期間 2019年11月5日~2020年3月28日まで


「片道1000円ぽっきり」となるのは、以下の路線・条件。
期間が短く、曜日指定や適用除外日もある(正月休み・連休は除外されている)。

販売期間 2019年10月23日22:00~10月28日23:59まで
搭乗期間 12月3日~1月16日 (火, 水, 木のみ)
適用除外日 12月24日~1月2日, 1月14日
  • 大阪(関西)-東京(成田)
  • 大阪(関西)-釧路
  • 大阪(関西)-札幌(新千歳)
  • 大阪(関西)-仙台
  • 大阪(関西)-新潟
  • 大阪(関西)-松山
  • 大阪(関西)-福岡
  • 大阪(関西)-長崎
  • 大阪(関西)-宮崎
  • 大阪(関西)-鹿児島
  • 大阪(関西)-奄美
  • 大阪(関西)-沖縄(那覇)
  • 大阪(関西)-石垣
  • 大阪(関西)-ソウル(仁川)
  • 大阪(関西)-釜山
  • 大阪(関西)-台北(桃園)
  • 大阪(関西)-高雄
  • 大阪(関西)-香港
  • 大阪(関西)-上海(浦東)
  • 東京(成田)-札幌(新千歳)
  • 東京(成田)-福岡
  • 東京(成田)-奄美
  • 東京(成田)-沖縄(那覇)
  • 東京(成田)-石垣
  • 東京(成田)-台北(桃園)
  • 東京(成田)-高雄
  • 東京(羽田)-ソウル(仁川)
  • 東京(羽田)-台北(桃園)
  • 東京(羽田)-上海(浦東)
  • 札幌(新千歳)-仙台
  • 札幌(新千歳)-福岡
  • 札幌(新千歳)-台北(桃園)
  • 福岡-沖縄(那覇)
  • 福岡-台北(桃園)
  • 沖縄(那覇)-ソウル(仁川)
  • 沖縄(那覇)-台北(桃園)
  • 沖縄(那覇)-高雄
  • 沖縄(那覇)-香港
  • 沖縄(那覇)-バンコク(スワンナプーム)
  • 仙台-台北(桃園)


ということで・・・

いよいよバニラエアが消滅ですね。


ふるさと納税のPeachポイント

Peachといえば、ふるさと納税で関空地元の泉佐野市が「Peachポイント」を返礼品にしていることが有名だった。

その泉佐野市は、総務省に反旗を翻して散っていった。
今年はもう「ふるさと納税」(控除)の対象外となっている。
ふるさと納税で4自治体が除外決定、泉佐野市史観で読む「ふるさと納税」の歴史 - やじり鳥

来年以降はどうすんのかな。
Peachポイントの返礼品。

バニラエアとPeachが統合したことで対象路線も増え、Peachポイントの使い勝手も良くなったように思うけど・・・。
「返礼品の趣旨にそぐわない」とかいって、Peachポイントは返礼品に戻ってこないのかな。
泉佐野市以外でも、現時点でPeachポイントを返礼品に設定している自治体はゼロだし。
まぁ、ダメなんだろうな。
ふるさと納税でもらう Peach Aviation


Peachカード(JCB)を作った

Peachはクレジットカードも出している。

最近、JCB20%還元のためにPeachカード(ベーシック/年会費無料)を作った。
JCB20%還元で使える年会費無料のクレジットカード・デビットカード・プリペイドカード - やじり鳥

ちなみにPeachカードの特典は、あんま際立ったものがない。
あとは機内販売の10%割引とか、会員向けセールとか。
Peach Card特典

年会費が無料って点が、ありがたいくらいですね(JCB20%還元的に)。
「ベーシック」カードの場合、ポイント還元は0.5%(Peachポイントに交換した場合)。


ほい。

そんな感じ。